253827 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まだまだ続くし~付点の足音~

句と首 ~その10~

緑陰


句と首  ~その10~



~その1へ~  
~その2へ~   

~その3へ~


~その4へ~



~その5へ~




~その6へ~


~その7へ~


~その8へ~


~その9へ~



*2011年 1月*


1月4日




 晴天に


    倦む味もある


    四日かな
  
    
     み







1月8日





  目の粗き角砂糖


   みるみる珈琲色に


     染まる



     小さき泡を


     はきながら

    
     み










 隣の皿の


   山盛りの葡萄パン



    私もあれが


    食べたかった
 
    
     み









  ブラインドを閉め


      目を瞑る男



      その手太く


    白くふやけている


  
    
     み







    1月10日





  大木の


     残されしとき


     知らぬまま



     冬芽の枝は


     尚伸びんとす
  
    
     み





     1月23日




  身の丈と


     変わらぬ程の


     葱抱え


     跳ねる幼の


     帽子も跳ねる



  
    
     み









         *2011年 2月*



2月11日







    ランタンの


    灯あふるる


    街角に


    佇む人の


    父に似てをり  
    
     み









    
    
     咳払いの


     父に似てきし


     弟は



     別れの時に



     姪をhugする



     み






2月19日





    
    事の後


   オブジェと化した


    イチョウ樹の



    保護布を巻かれ


    春を待つ日々


    

     み







*2011年 3月*



3月2日





    コンビニの


    客を迎ふる

  
    立雛の


    古きいわれを


    語る人あり
    

     み








  3月20日






      枝無くも


   イチョウはイチョウ


      として生きる
 



     今日の朝日を


     ひとりじめして


     み













*2011年 4月*



   4月2日





    春ごとに


    雪柳の花


    見るにつけ



    白き垣根を


   巡りたくおもふ


     み





  
  
   4月6日


 




    もうすでに


    葉の形なす


    ひこばえは


 
    明日のイチョウに


    なる気 満々
    

     み







     6月20日








    梅雨晴れと


    言えぬでもなき


    昼下がり


 
    路地へ曲がれば


    緑静かなり
    

     み










































Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.