000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まだまだ続くし~付点の足音~

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ふ~ つかれたぁ・・・

2008.07.23
XML

2008      7/23(水)  ジョウロ  73日め

 

 

こんにちは、minminです。
猛暑おみまいもうしあげます。

 

暑い日が続きますね。
皆さんお変わりありませんか。

 

 

昨日今日と郵便局 区役所 銀行 病院 薬局・・・を回り
高齢者対応日でした。

 

聞けば昨日は「大暑」とか。
暑いはずです。
やはりこんな時は鰻でしょうか。。。。





ライン

 









     猛暑にて



     嵩はかどらぬ



     近き道





     み


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2008.07.23 17:42:31
コメント(14) | コメントを書く
2007.11.02

2007     11/2(金)

 

 みやこ 左

 

こんばんは、minminです。
ちょっと寒くなった週末です。
明日からの連休はお天気になるのでしょうか。くもり右矢印晴れ

 

 

ある方を追いかけることになりました。ダッシュダッシュ
ハンディは5分ほど。時計
間に合うか・・・と不安もありましたが200メートルほど走ると
かなり前方に対象を発見。ひらめきひらめき
予想よりゆっくりした足取りだったのでもう少し走れば追いつける
と判りました。!!

 

蓮池の周囲を走っているうちにかなり息が上がってきました。雫雫
でもまだ声をかけられる距離ではありませんので もう少し
走らねば・・・そう思いながらもつれそうな足をフル回転しました。雫雫雫

 

 

あとは早足で追いつけるから・・・そう思ってギアを変えようとした時
「ほら あのおばちゃんも走ってるよ。○くんもがんばろー」と
後から声が聞こえました。スピーカスピーカ

 

直前に親子連れを追い越しました。ひよこひよこ
若いお母さんと足が止まっている幼い坊や・・・。
でも だからって。。。
私を目標にするなんて。。。ショックショック

 

日頃の運動不足がたたりヘロヘロでしたが でもやっぱり
ここで止まる訳には行かない気がして もう少し走ることに
しましたけど。泣き笑い泣き笑い 

  

何とか声をかけ 忘れ物をお渡しすることができました。きらきら
重たい足を引きずりながらの帰り道 さっきの親子とすれ違いました。
お昼前だけど 坊やもがんばれ~。上向き矢印上向き矢印
おばちゃんは午前中のエネルギー 使い果たしたよ~~~。下向き矢印下向き矢印







Last updated  2007.11.03 15:41:37
コメント(12) | コメントを書く
2007.10.03

2007    10/3(水)

 

みやこ 左

 

こんばんは、minminです。
今年の暑さにも負けずに枝を伸ばした垣根の始末が
気になっていたのですが 涼しい午後でしたので
ふと思い立ってハサミを握りました。

 

いささかストレスもたまっていたのでサクサクジョキジョキも
気持ちよく 新しく大きな植木バサミで仕事も捗りました。
坂道の上の部分は私の身長と大してかわらない高さなのですが
下に行くにつれて足場も悪くなり ハサミを持ち上げながら
力を入れて切る作業は結構ハード。

 

 

半分くらの仕事が済んだ頃 お隣のおくさんが
外出から帰宅しました。
挨拶のあと 両手に荷物を持ち階段を上がっていく
背中にむけて強引に話しかけました。

 

「最近 たばこの吸殻が沢山捨ててありますよね~。
昨日なんか敷地の中にも落ちてたんですよ。
お宅は大丈夫ですか。 去年の今頃も火事があったし。
怖いですよね~。
ちょっとケイサツに相談してみようか・・・と思ってるんですよ」

 

時間にして30秒もかかりませんでしたが ずっと私が
言いたかった言葉をやっと口にすることができました。
夜の間に捨てられている吸殻は多い時は毎朝
10本くらいあります。
通りがかりに吸殻を捨てた・・・というよりはその場にいて
煙草を吸い吸殻を捨てた・・・感じの吸殻です。

 

この通りの家族構成を考えれば 吸殻を捨てる人の見当は
大体つきはするのですが 現場を見たわけではないので
ウカツなことは言えないし。
私にはよそのお宅の未成年の喫煙をどうこう詮索するつもりは
まったくありませんが 火の用心と公共マナー・・・これは最優先
だと思うのです。

 

挨拶をしても笑顔一つ出る方ではないのですが 
賢いおくさんなので 今日の私の発言はきっとプレッシャーと
感じられたことでしょう。

 

 

剪定を済ませゴミを片付けたら もう高齢者がデイから
帰宅する時間になっていました。
日頃のモノグサがたたり 使いすぎた腕はガクガクと震えています。
字なんて絶対書けないくらい肘が笑っています。

 


よかったPCで。

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2007.10.03 23:16:00
コメント(18) | コメントを書く
2007.09.07

 

 

 

乗換駅で私を探したら困ると思い 別の電車に乗っている

ことをshinにメールした。

やっと乗れた電車では 次に乗り換える線は多摩川の増水で

不通になっている と繰り返しアナウンスしていたが 

乗換駅についてみると電車が止まっていた。

 

 

カミサマに感謝しながら入口が開いたままの電車に

飛び乗ると 何のことは無い いつ発車するかは分からない

状態で停車中の車両だった。

 

代替輸送の私鉄の混み具合は予想できた。

きっとさっきの混雑を上回るものだろう。

さらにその電車に乗るまでは雨の中を移動しなければいけない。

しかし 運転再開すればこの電車が一番に出るのだ。

空調も効いているし 先の読めない電車だから乗客は

さっきの電車からしたらウソのように少なく ゆっくりと

座ることができた。

 

 

 

 

一駅 また一駅。

いつ動くかわからない・・・とアナウンスしていた電車も

30分後には徐行しながら運転をし 

目的の駅のひとつ前まで行ってくれた。

 

 

それからバスを探し やっとのことで目的地に着いたのは

10時ちょっと前。

私が予定していた朝のスケジュールなどすっかり狂ってしまったが

それでも今日の用に間に合ったのだから

よしとしなければいけないのだろう。

 

 

代替私鉄に乗り換えたshinが職場に着いたのは11時。

メールが届いた時はほっと安堵した。

あの体で足元の悪い中 並んでぬれて揉まれて・・・。

さぞや大変だったに違いない。

今度から台風の日は休むことを考えた方が良さそうだ。

 

そして 強い流れには抗わない。

一旦身を任せてみるのも一つの方法なのかもしれない。

 

 

台風9号が教えてくれたこと。

 

 

                                   

都忘れ.

 

 

 

 

~~おまけ~~

 

今朝は定額900円という駅横の駐車場に車を入れて

出かけました。

夕方の青空を眺めながら車に乗り込むと 駐車場の看板が

目に入りました。

***24時間 1000円***

あれっ。いつ変わったのかしら。この前までは900円だったのに。

それに今朝はこの看板に気がつきもしなかったし。

 

台風の日の初の体験は駐車料金の値上がりでフィニッシュと

なりました。

まぁ100円ですから いいんですけどねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2007.09.07 20:41:15
コメント(22) | コメントを書く

 

 

 

次の駅ではかなりの人が降りるのだが

出口付近にいた私は一旦外へ押し出されてしまった。

降りるべき人が降りきった時。

きっと私は怯んだのだろう。

かつて経験したことのない混雑。降りこむ雨。

ひけ目に感じている自分の荷物。

もろもろのマイナスファクターが私を捉えたのかも

しれない。

 

 

その瞬間を私の後ろにいた人達は見逃さなかった。

次々と私を追い越して電車に乗り込んでいく。

あっけに取られた私が正気に戻った時は

すでにドアが閉まりかけていた。

 

 

一旦乗った電車から放り出された自分が信じられなかった。

電車の中から見た私は とても間抜けな表情をしていたに

違いない。

私の後ろにはそれでも乗れなかった人が並んでいた。

ふと横を見ると屈強なお兄さんも呆然と私を見ていた。

ちょっと目立つシャツを着ていたから 彼が一緒に車両から

押し出されたのは目の端で覚えている。

 

 

「ねぇ~~~っ」。

相手が女性だったらそう声をかけたかもしれない。

しかしこんなオバサンから台風の朝に共感を求められても

青年はきっと恥ずかしいだけだろう。

「次の電車には絶対に乗ろうねっ」と無言のエールを彼に

送り 雨が降りこむホームで次の電車を待った。

 

 

 

 

 







Last updated  2007.09.07 20:04:26
コメント(2) | コメントを書く

2007     9/7(金)

 

 

こんばんは、minminです。

 

 

 

台風9号の朝。

7時前のホーム。

電車は動いている。良かった。

が アナウンスによると3本に1本の割合での運転らしい。

一番混まない最後尾の場所にshinと並んだのだけど

乗れるだろうか。

 

果たして不安的中。

もう何分遅れだか分からないくらい遅れた電車には

乗客がドアに張り付いた状態でギュウギュウに乗っていた。

shinは慣れたもので何のためらいもなくすし詰めの車内に

乗り込んでいく。

私も右手に持ったキャリーバックが気になったがドアから

3~4歩の所まで入ることができた。

 

 

前にいる男性の肩のあたりに私の顔がある。

重たいキャリーバックは左隣の男性と私の間に

はさまったようになっていた。

あたっている角が痛いだろうな~。

こんな朝になんて邪魔な荷物・・・と私だったら文句の一つも言うの

だろうけど ありがたいことに顔の向きを変えることすら

できない状態で睨まれずにすんだ。

 

 

何度も開閉を繰り返したドアが閉まると 満員電車はソロソロと

動き出した。

途端に強いGを全身に感じる。

辛うじてつり革を握っていた左手を更に握り締めるが

かえってつらい。

 

 

何度か背中に大きな圧力を感じたあと 体の力を抜いてみた。

混雑した状況は全く変わりはしないのだが 抗わない分だけ

楽な気がした。

そうか 長女がいつか言っていたけれど 

満員電車での身の任せ方ってこうなのだ・・・

そんなことに納得している間に次の駅へ着いた。

 

 

 

 

 

 







Last updated  2007.09.07 19:47:07
コメント(2) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

Profile


民眠

Calendar

Freepage List

Category

Recent Posts

Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

Comments

 民眠@ もぐら4311さん >換気扇と調理台の引き出し、私がいつも…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.