252077 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まだまだ続くし~付点の足音~

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

蓮池のほとりは

2011.07.17
XML
カテゴリ:蓮池のほとりは

2011        7/17(日)

 

こんにちは minminです。
梅雨明け後 容赦なく暑い日が続きます。

 

朝夕通る蓮池のある公園はイチョウの木が
植わっていた側が明るくなり 木がなくなった分
ちょっとしたスペースもできました。

 

先日から夕方になるとツルハシのような道具で
そこを掘る男性を見かけていました。
日当たりもいいし野菜でも植えるのかしらん なんて
余計な事を考えたりしていましたが
先日通りがかると何か植えている様子。

 

大汗で苗を植えている男性に思い切って
声をかけてみました。
聞けば皇帝ダリアを植えている との事。
区で配布された苗をあちこちに植える
プロジェクトの一環だそうで
いくらずうずうしいオバサンでも
「あら~野菜じゃなかったのね~」
なんて恥ずかしくて言えませんでしたけれど。

 

ぐんぐんと茎が伸び ちょっと俯き加減に淡い花を咲かせる
皇帝ダリアが見られるなら この暑さも我慢できるでしょうか。
晩秋が 待ち遠しすぎる。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2011.07.17 14:43:13
コメント(8) | コメントを書く
2011.04.06
カテゴリ:蓮池のほとりは

2011    4/6(水)

 

 

こんにちは minminです。
昨日今日と気温が上がりました。
通勤の朝 蓮池がある公園を通り抜けますが
遅かったさくらも漸く咲き始めました。

 

池横の移植されたイチョウの大樹は と言うと
保護布でグルグル巻きにされて冬を越したのですが
よくよく見ると布で巻ききれなかった部分から
小さな葉が出ていました。
木の上の部分では冬芽が綻び緑色が濃くなっています。

 

ひこばえは先日猫さんに教えてもらったとおり
すでにイチョウの葉の形をしており
ゆるやかに吹く風にそよぐほどになっています。

 

移植されてからというもの 
この木は以前より注目されるようになり
いつも誰かが側に佇み木を見上げたり
移植の経緯を説明してあるハラマキを
読んでいたりします。

 

もしかしたら地元の人達の温かい視線からも
エネルギーをもらっていたのかもしれませんが
無事に一冬を過ごすことができて
本当によかったと思います。 




        
ライン アイビー





    もうすでに


    葉の形なす


    ひこばえは



   明日のイチョウに



    なる気 満々  
 
    
     み


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2011.04.06 15:35:13
コメント(6) | コメントを書く
2011.02.19
カテゴリ:蓮池のほとりは

2011     2/19(土)

 

こんにちは minminです。

 

あのイチョウの樹のその後です。
最初の「腹巻」の後 地元の人達と市との協議が続いたらしく
結局 公園内の通路をはさんだ場所へ移植されました。

 

一緒に腹巻をされた一本は全撤去 
もう一本は人が腰掛けられるような切り株の状態で
残されました。
移植されたイチョウはおよその樹齢が八十年はあったそうで
幹の半分は切られ枝は全て払われかなり不恰好。
保護布を巻かれた胴体は5メートルくらいの高さがあり
地面の部分の盛り土と櫓のような支柱で支えられています。

 

周囲の木々や低木も同時に整理され
イチョウの周りは春の兆しの光で明るくなり
風通しもよくなったように見えます。
しっかりと根付くまで温かく見守って欲しい と
書いてある新しい「腹巻」を立ち止まって読む人達には
どこか安心した様子も感じられます。

 

準備から伐採 移植 整備・・・と重機や車 専門の業者で
賑わっていましたが またいつもの公園に戻りました。
朝夕の犬の散歩も蓮池に釣り糸を垂れる老人も
立ち話の人もボール遊びの少年達も・・・。
それぞれの時間に相応しい人がいる公園です。





 
ライン アイビー





    事の後


   オブジェと化した


    イチョウ樹の



    保護布を巻かれ


    春を待つ日々


    
     み


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2011.02.19 21:37:15
コメント(6) | コメントを書く
2011.01.10
カテゴリ:蓮池のほとりは

2011     1/10(月・祝)

 

こんにちは minminです。
成人の日の今日も関東はカラカラに晴れています。

 

その公孫樹の木。
かつて民家があった東側は幾度も枝が払われたのでしょう
かなり歪に池がある西側に伸びています。
大人の両の手で二抱えはゆうにありそうな幹です。
蓮池の公園にある木々の中で 毎年最後まで葉を落とさず 
他の落葉樹がすっかり身軽になる頃 漸く葉が色づくのです。

 

年末のある朝。
隣の木数本と共に腹巻をしていることに気がつきました。
それは近々伐採するとの知らせでした。
境があやふやな隣接地に根を広げすぎたのが原因のように
書いてありましたが。

 

昨年倒れた鎌倉のご神木には及びませんが 
あれだけの大木になるための時を考えれば
何とかならないものなのか・・・。
年明けは気になって公園まで急ぎ足になりました。
いつもと変わらずゆったりと朝日を浴び 
冬晴れの空に向かって
更に伸びようとしているかのような姿に安心しましたが
もうきっと時間の問題なのでしょう。

 

せめてベンチやテーブルになりませんか・・・
なんて腹巻に張り紙をしてみたい気もするのですけれど。




ライン アイビー





   大木の


   残されしとき


   知らぬまま




   冬芽の枝は


   尚伸びんとす

  
    
     み




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2011.01.10 17:25:28
コメント(12) | コメントを書く
2009.08.12
カテゴリ:蓮池のほとりは

2009      8/12(水)

 

こんにちは minminです。

 

坊やは2歳くらい?
滑り台と三輪車がお気に入りで 
いっつも赤白帽を被ってます。
クルンとカールした眩しいほどの金髪が
帽子の下からのぞいています。

 

マミィは超スタイルがいい外国人女性で
(坊やが金髪だし当然よね)
時に腕組み 時に坊やと滑り台 時にベンチで読書・・・。
どんな時もかっこよす。

 

 

そしてダディ(彼も外国人! 当然よね)。
どうやら買い物係らしく 二人を見かける
小さな児童公園の先にある蓮池のほとりで
必ずすれ違います。
身長190センチはあるように見えますが 
最近はTシャツ短パンにビーサンスタイルが多いかな。

 

近くのスーパーのレジ袋を下げ 
大またで颯爽と歩くのよねぇ。
そして。
だいたい いつも。
フランスパンをかじっています。
ブランドのパンではなく フツーのスーパーのパンなのに
ダディが歩きながら食べると映画のワンシーンみたいで。

 

赤白帽もスキニーのデニムもフランスパンも似合いすぎるくらい
似合ってて。。。

これって なんなんでしょうねぇ。

 

 

 

 

 

 

 





 

 







Last updated  2009.08.12 21:28:40
コメント(4) | コメントを書く
2008.08.04
カテゴリ:蓮池のほとりは

2008      8/4(月) ジョウロ  85日め

 

 

こんにちは、minminです。

 

早春から始まった工事もいつの間にか終わった
蓮池です。

 

殆ど水が無い状態が続いたのに残っていた蓮も
あったようで今年も涼しげな花を咲かせてくれました。

 

 

  

 

       

蓮池

 










     蓮池に

    
     憩いたき者


     集いたり





     おさなご老女


     蜻蛉も飛べり





     み

























Last updated  2008.08.04 16:45:22
コメント(10) | コメントを書く
2008.05.31
カテゴリ:蓮池のほとりは

2008        5/31(土)  ジョウロ   20日め

 

 

こんにちは、minminです。

 

 

「ねぇ あなた。今年は様子がおかしいと思わない?」

「様子?」

「そう。池の様子。水はいつもに比べるとかなり少ないし。

雨が降れば少しは増えるけれどアタシなんか足が

つきそうよ。

コイさん一家もフナ家もいつの間にかいなくなったし。

大きな音はするし。蓮の芽吹きはまだだし。

それに何。あの背の高い草!時々棒を持って

動き回るのよ。絶対におかしいわ 今年の池は」

 

 

「あぁ そうだね。

きっとこれが工事というものだろう。

おまえがと言ったもの。あれはなんかじゃない。

亀のじいさんに聞いたことがあったけれど あれは

ヒトだ。羽がないから飛べないだろう?

泳ぎも下手そうだしきっと潜れもしないよ。

あれじゃエサもろくに獲れてないぞ」

 

 

「ワタシたちのエサも少ないから最近は毎日お腹が

空いて困るわ。今年のヒナはちゃんと育つかしら。

あのきれいな蓮が咲きだすと大きな葉っぱの上で

ひと休みしたり ピンクのまあるい花の陰で子供達と

かくれんぼしたりできるんですけどねぇ」

 

 

「そうだなぁ。晴れの日も雨の時も静かな池の方が

いいなぁ。魚も一緒に泳いでさ」

 

 

 

 

・・・・今朝の蓮池は連日の雨で水位が上がってはいましたが

まだ工事が終わった様子はなく カルガモも何だか不安そうに

狭くなった池の中をチョコチョコと泳いでいました。

 

 

蓮の芽吹き 私も早く見たいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2008.05.31 19:29:43
コメント(10) | コメントを書く
2008.04.05
カテゴリ:蓮池のほとりは

2008     4/5(土)(昨夜はどうしたことか更新できず一日遅れです)

 

こんにちは、minminです。

 

 

昨日までの冷たい風は止み 朝の公園は静かでした。

大きく張り出した桜の枝の下のベンチには私のために用意

されたかのように暖かな朝陽が注ぎ すっかり新芽を出し終えた

木々の枝からは野鳥のさえずりだけが聞こえます。

 

 

一つ置いた隣のベンチにはベビーカーの孫と

まだ若い雰囲気のじぃさま。

おぼつかない足取りの坊やと手をつなぎ広場の中央へ

向って歩いているのは本当に若いママ。

蓮池を挟んで向こう側にはワンコとお散歩中の人が数組。 

 

 

ふと緩風が頬を撫で 散りはじめた桜の花びらが

まとまって風下へ飛んでいきました。

ここが川であれば あれが花筏と呼ばれるもの

なのでしょうか。

 

 

時間にしたらたかだか5分ほどでしたが

一日分の英気を養ったような気分になりベンチを立ちました。

 

 

              

ライン アイビー

 










   
    朝陽ふる



    もしもの川の



    花いかだ





     み









 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 







Last updated  2008.04.06 14:32:30
コメント(4) | コメントを書く
2008.03.28
カテゴリ:蓮池のほとりは

2008      3/28(金)

 

 

おはようございます、minminです。

 

関東地方は桜も満開だとか。

あら いつの間に・・・という感じですが。

例の蓮池の桜もそれは見事でした。

池にむかって大きく伸びた枝々から散る花びらが

水面に浮かぶ様子は・・・来年までお預けのようです。

何故か工事はお休み中のままです。

 

 

 

週末はお花見 でしょうか。

 

 

 

         さくら











    工事など



    そしらぬ風の



       古桜




     み










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2008.03.28 07:51:17
コメント(19) | コメントを書く
2008.03.20
カテゴリ:蓮池のほとりは

2008       3/20(水・祝)

 

おはようございます、minminです。
お墓参りに行かない口実ができた 雨の
春分の日です。

 

 

先週のこと。
いつも通る蓮池の周囲にはフェンスが巡らしてありました。
池の底を浚渫する工事が始まるようで 大きなタンク車が
水を汲み上げていました。
一時的にどこかへ移すのでしょうか ゴム長をはいた男性が
二人がかりで鯉やらフナやらをタモですくってました。
網からはみ出るくらいに成長した鯉もおり 
すでにボート状の容器は満杯のように見えました。

 

 

 

かなり広い池なのですがタンク車は2/3ほどの水を吸い上げ
数種類の水鳥達は僅かに残った浅瀬のような所で窮屈そうに
過ごしていました。
季節柄もう飛び立つ時でもありますし 水鳥に関しては
「好きにしてね」という感じなのでしょう。

 

そういえば秋の初めの頃には人だかりの日がありました。
聞いてみれば池の端に靴が一足揃えてあったとか。
警察や消防の人達が長い竿で池を探っていたようですが
これといって何も見つからずいつの間にかこの話も忘れられ。
今回水を抜いてやはり空騒ぎだったことが分かったようです。

 

 

 

池の環境保全が目的としても もしかしたら今年の芽吹きの
様子は変わるのかもしれないな~と思いながら歩いていると
変わり果てた大きな蛙殿を発見しました。
ちょうど昨年見た鳥獣戯画の中の蛙殿のように手に何かを
持っていた訳ではありませんでしたが 半分寝ぼけていたのかも
しれません。急に水が無くなり慌てて飛び出た池の外。

 

 

池の生き物達には驚きの春の始まりだったようです。
明日 また通ります。
水鳥はもう飛び立っているかしら。




ライン アイビー










    池浚う



  借りたきものは



   かえるの眼




     み




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 







Last updated  2008.03.20 15:09:46
コメント(12) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Profile


民眠

Calendar

Freepage List

Category

Recent Posts

Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

Comments

 民眠@ もぐら4311さん >換気扇と調理台の引き出し、私がいつも…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.