254900 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まだまだ続くし~付点の足音~

全1件 (1件中 1-1件目)

1

令~ 音と言葉そして色と形

2019.07.23
XML
2019 7/23(火)

こんにちは、minminです。

世の中的には夏休みのようですが、
関東はなかなか梅雨が明けません。
昨年の酷暑には早々に音を上げたくせに
勝手なものです。

薄曇りの先日。
安野光雅展へ行ってみました。
絵本の原画、本の装丁、演劇のポスター等の
展示がメインでした。

安野さんの絵本に初めて出会ったのは
福音館の月刊絵本だったと思います。
「こどものとも」は表紙も中も同じ素材の
A4ぐらいのサイズだったでしょうか。
幼い子供にも持ちやすい形と重さ。
毎月違うお話が待ち遠しかったのを
今でも覚えています。

その中でも「ふしぎなえ」はとても変な絵本でした。
家の梁に逆さまに人が座っていたり、
厚い本をくりぬいたプールで楽しそうに泳いでいたり。。。
ページをめくる度にありそうにない
不思議な情景が描かれ言葉は一つもなく。
そして、何度見ても飽きない。
上手く表現できませんが、そんな絵本でした。


会場の絵本原画の緻密な描写と水彩画の淡い色彩は
見る人を作品の奥へ奥へと連れていくのに
疲れさせはしません。
一方、演劇公演のポスター画は作家の違う一面が
楽しめました。
絵本ではどちらかと言うと横向きの表情が多い人物の顔も
ポスターでは斜め正面的な、目力強めの表現がどれも印象的
でした。

演劇ポスターや切り絵の昔咄は
今回初めて見た作品ばかりでした。
長い年月、独特の世界を創り続ける創作者である以上
ご苦労も多々あったのでしょうが、
いつも何かを面白がっているような
お茶目な部分も感じられました。

豊かな才能と深く穏やかな表現力に、
満ちたりた心地の日曜日でした。






Last updated  2019.07.26 09:36:03
コメント(0) | コメントを書く

全1件 (1件中 1-1件目)

1

PR

Profile


民眠

Calendar

Freepage List

Category

Recent Posts

Favorite Blog

雨除けの木 New! エコrinさん

Archives

2019.09

Comments

 民眠@ もぐら4311さん >換気扇と調理台の引き出し、私がいつも…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.