1700854 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みんなのお馬

全205件 (205件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

ノルマンディーOC

Aug 15, 2019
XML
2019年8月15日(木)第9回 門別競馬 6日目  
第11競走
JBC協会賞 農林水産大臣賞典
第31回ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3) 
一般牝馬オープン サラ系3歳以上 別定
2000m(外)
発走時刻:20:00

着 馬名        性齢 負担 騎手     タイム 着差
1 アンデスクイーン  牝5 55 戸崎圭太   2:06.2
2 プリンシアコメータ 牝6 57 岩田康誠   2:06.3   1/2
3 ラインカリーナ   牝3 55 武藤雅    2:06.3 ハナ
4 クイーンマンボ   牝5 57 M.デムーロ 2:06.9 3
5 ビスカリア     牝7 56 森泰斗    2:07.9 5

もう少し勝負できると思っていましたが…。
福島以来久し振りのレース。
パドックを見ると…。
アレ?
何となく感じたお母さんになろうとしているという印象。
レースも精彩無く。

ここまで頑張ってきてくれたからいい形で引退させてあげたい。






Last updated  Apr 5, 2020 04:28:17 PM
コメント(0) | コメントを書く


Aug 14, 2019
2019年8月15日(木)第9回 門別競馬 6日目  
第11競走
JBC協会賞 農林水産大臣賞典
第31回ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3) 
一般牝馬オープン サラ系3歳以上 別定
2000m(外)
発走時刻:20:00

枠 馬番 馬名        性齢 負担 騎手
1  1 ソーディスイズラヴ 牝5 55 吉原寛人
2  2 ラインカリーナ   牝3 55 武藤雅
3  3 クイーンマンボ   牝5 57 M.デムーロ
4  4 アルティマウェポン 牝6 55 井上俊彦
5  5 ゴッドパイレーツ  牝5 55 落合玄太
6  6 プリンシアコメータ 牝6 57 岩田康誠
6  7 ザワールド     牝4 55 井上幹太
7  8 クオリティスタート 牝5 55 桑村真明
7  9 ビスカリア     牝7 56 森泰斗
8 10 ジュンアイノキミ  牝5 55 石川倭
8 11 アンデスクイーン  牝5 55 戸崎圭太






Last updated  Apr 5, 2020 04:19:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 6, 2019


4頭の2歳馬のうち3頭が本州に移動済み。
残った一頭がブランニューウェイ(父ジャスタウェイ)

流石に3月に見せて頂いた時よりも毛艶もよく、
張りも良くなっていましたがまだまだ順調に進められていない様子。



どうも祖父ハーツクライの系統はトニービンの影響がかなり強く、
パンとするまでに時間が掛かってしまう。
トニービンが血統表でひとつずれても体質への影響は強い様だ…。

夏は牧場で越す様子。
まだまだ時間が掛かるが血統はうそをつかない。
じっくりやって欲しい。






Last updated  Dec 29, 2019 06:54:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 20, 2019


得意の新潟直線レースに向けての調教で骨折してしまい、
引退が決まりました。

2歳の9月に新馬勝ちしてくれたのですが、その後がイマイチ。
直線のレースで素質をちらっと見せるものの、
何故か関西へ移籍。
坂路でバシバシ鍛えてスピードに磨きをかけるでもなく…。
自ブロック制度も有り夏の新潟は出走困難。
ローカル開催でやっぱり直線だね!
と、おもったら再度関東へ転入。
ひと叩きしてこれからって時に…。
まぁ、そういう所も含めての厩舎力だな。

オークションに出たものの落札ナシ。
その後が心配でしたが風の噂では産まれた牧場にお母さんとして戻ったとか。
血統表に彼女の名前を見るのが今から楽しみです。

お疲れさまでした。
沢山走ってくれてありがとう。






Last updated  Dec 21, 2019 07:51:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 12, 2019



【ノルマンディー】 ヴィクトリオーソ
          カスミ
          ザサンアップライト
          スペロデア
          チェアリングソング
          ニコブリランテ
          バンクオブクラウズ
          ブランニューウェイ
          リングオブオナー

※写真 チェアリングソング






Last updated  Dec 1, 2019 04:35:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 24, 2019

2019年4月20日 1回福島5日
11レース
第16回 福島牝馬ステークスGⅢ
サラ系4歳以上 オープン(国際)牝(指定)別定
コース:1,800メートル(芝)
発走時刻:15時25分
天候 晴 芝 良

 着 馬名        性齢 負担 騎手   タイム 着差
 1 デンコウアンジュ  牝6 54 柴田善臣 1:48.1
 2 フローレスマジック 牝5 54 石橋脩  1:48.5 2 1/2
 3 ダノングレース   牝4 54 蛯名正義 1:48.7 1 1/4
 4 ペルソナリテ    牝6 54 丹内祐次 1:48.7 ハナ
 5 ミッシングリンク  牝5 54 丸山元気 1:48.7 アタマ
 ・
 ・
10 ビスカリア     牝7 54 西村淳也 1:50.2 ハナ

牝馬限定のダート交流重賞を勝たせて貰いましたが、
春になってコレといった番組が無い。
ダートのオープン特別か、芝の牝馬限定重賞か。

後者を選び福島牝馬ステークスに出走。
デビューの頃、芝でソコソコ好走していたので
悪くないだろうなと思っていましたが…。

返し馬の段階で、硬い。
調子の良し悪しではなく、
あ、芝に対応するのは大変だぞと察するくらい硬い 苦笑

案の定。
まぁ、仕方ない。






Last updated  Nov 24, 2019 12:14:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 19, 2019
2019年4月20日 1回福島5日
11レース
第16回 福島牝馬ステークスGⅢ
サラ系4歳以上 オープン(国際)牝(指定)別定
コース:1,800メートル(芝)
発走時刻:15時25分

枠 馬番 馬名        性齢 負担 騎手名
1  1 ビスカリア     牝7 55 西村 淳也
2  2 カレンシリエージョ 牝4 54 秋山 真一郎
3  3 ランドネ      牝4 54 戸崎 圭太
4  4 カワキタエンカ   牝5 54 鮫島 克駿
5  5 デンコウアンジュ  牝6 54 柴田 善臣
6  6 フローレスマジック 牝5 54 石橋 脩
7  7 ペルソナリテ    牝6 54 丹内 祐次
7  8 ウインファビラス  牝6 54 松岡 正海
8  9 ミッシングリンク  牝5 54 丸山 元気
8 10 ダノングレース   牝4 54 蛯名 正義






Last updated  Oct 27, 2019 10:30:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 13, 2019


この世代、ノルマンディーでの出資馬は2頭。
ブランニューウェイとアンブローニュ。
2頭とも見学を申し込むが、
予想外にもアンブローニュが23日に本州へ移動。
「え?キャロットの馬よりはええw」
すれ違いとなってしまい見学できず。
嬉しい誤算。

ブランニューウェイは吹雪の中での見学。
こちらはまだまだ脚元は痛いし、冬毛もボーボー。



脚元が痛いのも長引いている印象。
馬体を見ても積極的にほったらかされているんだろうな…苦笑

とりあえず聞いてみました。
「5月にまた北海道来るんですけど」
「ハイ!また逢いに来てあげてください」

お、おぅ(心の声)






Last updated  Oct 25, 2019 11:38:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 12, 2019


牧場でスタッフを発見するなり第一声が「来ちゃったけど大丈夫ですか?」
案内をしてくれるスタッフさんは嫌な顔一つせず「大丈夫ですよ」と。


札幌泊。
牧場見学の朝。
何故か予定より一時間程早く目が覚める。
折角起きたからもう行くか…。

支度をしチェックアウト。
車に乗り込み、高速を使い日高方面へ。

天候は雪。
千歳あたりで吹雪いてくる。
高速道路は通行可能だが、10m前の車が見えない。
全車ハザードランプ点灯しながらノロノロ運転。
「おぉぉ、こぇぇぇぇ」
いわゆる"ホワイトアウト"というやつだ。

海が近くなると大分視界が開けるが、
それでも真っ白。
雪が舞い上がり、車の後部も雪が積もり、
テールランプすら見えない。
白や銀の車は最悪…。

ここまで酷い雪道は初めてだ。
この日の最終目的地は帯広。
ああ、間違いなく事故る…苦笑

やっとの思いで静内へ。
前に車が居ると先導役に付いてて同じラインを走れば大丈夫だが、
ひとたび先頭に立ってしまうと…。
車幅なんてわからない。
どこが道の端なのか、畑の入り口なのか…。

静内の市街地を抜けると、事故も起きていた。
その間、私には同じ車が先導役をしてくれている。
それでもドアミラーの黒い淵が唯一存在を確認できる白以外の色。
あの車、ひょっとして同じ見学者さん?
ずっと同じ道を行くなんてありがたいが、奇特な方だ 苦笑
自分の事棚に上げて。

牧場に到着。
先導役の車から降りて来たのは牧場のスタッフでした。
恐らく見学者が来るから牧場まで来てくれたのだろう。

それが冒頭の会話につながる。
朝早く出ているので「キャンセル」の電話も繋がらないだろうし、
ダマで行かない訳にも行かない、妙な使命感 笑



馬の見学もこんな感じ。
写真で見るとそんなに降って射ないようにも見えますが。。。

何頭か検討馬も含め見せて頂くが、
出資馬の時が一番ひどい。

↑の写真の景色を見て頂くと判ると思うが一面銀世界。
しかし、前日の土曜日にはほぼ雪は解けて無くなっていたらしい。
つまり、一晩でここまで積もり冬に戻ってしまったようだ。



見学が終わり、オカダスタッドに移動する。
晴れ間が広がる。
運転に少し余裕が出たので一枚。
ここを吹雪いて暗い状態で走るのだ 笑



小一時間、車を走らせオカダスタッドの事務所前。
そしてまた真っ暗になってきた…。

帯広からの帰りは夜になる。
暗く吹雪いたアイスバーンの高速道路。
おれ、死ぬな…。






Last updated  Oct 25, 2019 11:21:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 27, 2019


【ノルマンディー】 アースライザー
          エンジェルティアラ
          スペロデア
          チェアリングソング
          ブランニューウェイ
          ランジョウ

※写真 アースライザー






Last updated  Sep 30, 2019 09:29:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全205件 (205件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.