000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

チワックス・レオ&myふぁみりーのmoromoro日記

PR

Calendar

Archives

Mar , 2017
Feb , 2017
Jan , 2017
Dec , 2016
Nov , 2016

全744件 (744件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 75 >

Jun 22, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

四つ葉四つ葉前回の記事でご報告したように2012年2月11日
私たちの
家族のレーチンが天国に行っちゃいました四つ葉四つ葉

ぺんぎんこのブログはレオが来てから始めたもので・・・
レオとMyファミリーのモロモロな出来事を
約6年間綴ってきましたが緑ハート緑ハート
レオがいない今ここで続けることが辛くて下向き矢印下向き矢印
新しい場所でrestartすることにしました。
もちろんレオを忘れる為ではありません。

 ピンクハートこれからもこちらへ遊びに来てねピンクハート
下矢印下矢印新しいブログはこちらです下矢印下矢印

HELLO☆レーチン!

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Jul 14, 2012 02:43:56 PM
May 3, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

もう、クラブ5月クラブですね・・・。

青葉が眩しい風薫る5月・・・でも

 

今日はもの凄い強風に大雨雨ダッシュ・・珍しいGWです。

 今年は随分と寒くてさくら桜が遅かったような気がしました・・・

 

でも季節は少しずつ、確実に巡っていて

 

我が家でも、無事らー様が高校生になり・・

毎日毎日慌しい生活がスタートして

なーんも変わりないモロモロな日々が過ぎて行きます

 そこにレオが居ない事以外は・・・・・・・・。

 

 

今年のお正月依頼、ずっとPCを避けてました

ずっと・・・・

 

あーっ報告しないとナ・・・・って思いながらも

PCの前を通るとなんとなく気分が落ちてきて・・・

自然に体がPCに向かうのを避けていました。

 

でも、コノブログはレーチンが来てから始まったブログで

タイトルもご覧の通りなわけで

 

報告しないといけないような使命感がどこかにあって

避けては通れない、通りたくない気持ちがあります。

 

なので、最後かも知れないけど最後じゃないかもしれないけど

とにかく、報告をしたいと思ってます。

 

レオが天国に行ってしまったことを・・・。

 

かなりの詳細・長文なので読んでいただける方は

レオとさよならしました・・・の件名

から読んであげてください・・・・。

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 04:50:24 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

日曜日の朝

そうちゃんとパパが試合なので
夕方、近くのお寺にて法要と火葬をしてもらうことにしました。
レオがみんなの居る休みの日になくなったって事は皆で送り出して
貰いたかったからの様な気がしました。


午前中、らーと折り鶴を沢山おりました。
レーチンの好きなたまごちゃんのおもちゃと
美味しそうなおやつ、ご飯、牛乳、さいごまで食べていたミカンを添えました。
ママの臭いいっぱいのタオルと毛布を敷いて
一番暖かい、カッコいいブルゾンを着せてあげました
みんなと映っている写真とその裏にはお手紙を書きました。
大好きなぬいぐるみも一緒に寝せてあげました。
安らかに・・・.JPG

これで、寂しくないかな?
天国で沢山遊んでね、向こうで彼女作って幸せになってね。
家を出る前は、家中のレーチンの好きな場所を抱っこして回り見せてあげました。

そして、賑やかに飾ったレーチンの大好きなダンボールに乗って
安らかに、家族に見送られながら天国に行きました。...

 

 

こんな簡単な文章でまとめられるほど簡単でもないけれど
文章にかくとこんなに簡単にまとまっちゃうのが辛いけど
こんな感じのあっという間の8日間であったことは間違いありません。

 

 

今でもアチコチで毎日毎日レオの気配を感じては涙の繰返しです
こんな短い文章を書くにも、辛くて何回も途中でやめたりしているうちに
もう1ヶ月も過ぎてしまいました。(1ヶ月過ぎに書き溜めた文です)

ふと何気なく見下ろしたじゅうたんが妙に綺麗で......辛くなります。
あんなに毎日コロコロしていて大変だったのに、毛だらけのじゅうたんが懐かしく
妙に綺麗なじゅうたんを眺めているだけで涙が流れます。

 


ある晩には

、TVを見ながら絨毯に寝転んだら、ふとレオの臭いがしました...
チョッピリ香ばしいような、わんこ特有のにおいだけど...・
普段なら、お掃除スプレーで掃除しなきゃって思うような臭いだけど...
無償に懐かしい臭いで、レオを感じるにおいで、何度も何度も嗅いでしまって
そこから離れられませんでした。

ソファーに横になりながら腕を下にたらしていた時に何故か
指先がピクっとしました。
まるでレオに鼻で指を押されたかのようなあの懐かしい感触が...しました
レオが触ったみたいな気がしたよって子供たちに話したら笑ってました。

ある日会社から帰った日には 

階段を昇りながら、ほんの1ヶ月前のように『ただいまーー!!レーチン』
っと帰って来ました。
何処かの部屋からダッシュでレオが駆け込んでくるような気配がしました
居ないけど・・


毎日、何気ないふとした行動の中に改めて「レオが居ないんだとな」と思い知らされる
ことが毎日毎日少しづつあって...都度涙します。


でもその動作を2回目にする時は不思議と涙は出なくてなります。
全ての動作にレオはいないんだって感じが終わった時に...
やっと涙が止まるのかな・・って感じます・上手くいえないけど。



無事にらーの入試が終わって、ホットした瞬間にも...
ここにレオが居たらな~言うことないな~って思って涙が溢れました。

らーと2人で携帯に溜まっている写真や動画を見ては涙する夜も
しばしばです・・・。
結構らーもやばいくらいに毎晩泣いているそうです
もう写真の中のレオにしか会えないのが辛いです。。。


これからもずっとずっと生活の中にレオを感じて過ごしていくことは
間違いないです。
家族それぞれ、その瞬間は違うけど、それぞれのフトした瞬間に
レオを思ってレオを感じているようです。
家族だから...

レオが大好きだから

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 04:17:02 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

土曜日...・発症から8日目 最後の日になりました。

朝8時半、らーを塾へ送って行きました。レーチンはおとなしくソファに寝ていました。
夕べもママのベッドで隣に寝ました。朝方からはチョット寝てくれたので昨晩はママも少し
寝れました。
そうさんはパパと試合に行きました。
朝9時過ぎレーチンは日向ぼっこをかねて、いつものお気に入りのそうちゃんの部屋の
日のあたる外の見える場所に連れて行き寝かせてあげました。
レオの目線からは遠くの畑と青いお空が眺められます...・
お外見えるかな.JPG

おとなしく寝てくれていて息も
粗くなさそうでママは安心して部屋中のお掃除とトイレ掃除を済ませることが出来ました。
午後はリヴィングのソファーで寝かせてあげ、隣でママはうたた寝していました。
陽だまりの中、レーチンをなでなでしながら、とても静かで穏やかな時間が流れていました。
いつもなら、ここで大の字になってスヤスヤ寝ているはずのレーチンなのになと思いながら...。

午後、パパが早く帰ってきてくれたので、レーチンのなでなでをチェンジしてくれました。
午後からは少しレオの息がハッハッハッと荒くなってきていました...夜中もこのような感じの
荒い息は続いていたのでさほどきにもせず

午後3時ごろ、唯一食べてくれるミカンを4房ぐらいと子犬用牛乳をストローでお口にたらしました。
口がチョット開けっ放しの状態になってきては居て心配していましたが、奥歯の隙間辺りにミカンを持っていくとペロペロと舌を出して飲み込んでくれました。
ストローで垂らす牛乳もお猪口に半分ぐらいの量飲んでくれました。

その後ママは眠くて眠くて...・床にウトウトしていました。
「ハフッハフッハフッ」って声にならない声で何回かレーチンが鳴いたけど
「レオー!何~?? ママはここにいるよ~」って寝ながらの返事しかしてあげられませんでした。
その10分後でした
パパの突然の「レオ?」と呼ぶ声がてして飛び起きました...・

レオ!レオ?レオーーーーーーーーー大きな声で何回ぐらい叫んじゃったかな...
レオ!レオ!レオ......レオ!レオ!レオ...・・
叫んでも、泣いても、頬擦りしてもレーチンはそのままでした。
可愛い顔で、艶々な毛並みで...・ちっちゃなあんよでちっちゃな体で...・・
レーチンは本当に眠っているように逝ってしまいました。
一緒に最後の写真をとりました。
ママに抱っこされて、久々に腰を抱えて縦抱きしました。
いつもと変わらない可愛いレオの写真でした。

だけど、すごく苦しかったのかな...・って考えるたびに、胸が苦しくなちゃって
息が出来なくて苦しかったのかな?って...・
パパはそんなに苦しそうでもなかったヨって言ってくれたけど
おとなしく、我慢強いレーチンの苦しみは誰にもわからないよね
ごめんね、ごめんね、ごめんね...・

ごめんねじゃないよ、ありがとうって言おうよってパパが言っても
ママの口からはゴメンネしか出てきません。

頑張ったねっていいながらももっと一緒に居たかったよって思っちゃうし
最後の最後の時にママがなでてあげられなくて...・
苦しくて辛くてママを呼んでたのかな?って思うと一層辛くて
なんで起きててあげなかったんだろって辛くて

何を思っても、どう苦しんでもレーチンはもう戻ってきてくれません。
レオは息をしていないけれど、その他はまったく普通なので病院へ行きました。
先生にちゃんと判断してもらわないと納得できませんでした。
こんなに可愛い顔をしているのに...・。

でも子供たちが夕がた帰って来たことには、レオがだんだん硬くなってきちゃって
もう、どうにもならなくて・・。
泣き叫ぶ子供たちをぼーっとみていました。
らーはずーっと亡骸をお腹に乗せて寝ていました。
その間、足の肉球から出ていたボーボーだけど綺麗な毛をカットしました。
ブラシで毛並みを整えました...・
耳の垢と、お口の消毒もしてあげました。
こんなにおとなしく、言うことをきいてさせてくれたのは初めてだねレーちん
おヒゲはパパの希望で残して置きました。かわいいからって。
チャームポイントの耳の黒い挿し毛も綺麗に整えました。

そして、大好きな大好きな、ソファーの上にみんなが見えるようにねせて
あげました。
代わる代わる、子供たちが撫でてあげていました。
私はレ-チンのここが好き、俺はここが好き、ママはここ...・


最後の晩...
すっかり硬く、冷たくなった亡骸とともに一緒のベッドで眠りました。
寒くないようにママの毛布も掛けてあげました。
何度も頭やマズルのあたりを撫でながら、一緒に寝ました。

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 04:12:04 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

金曜日...発症から7日目
朝方5時パパとチェンジをして、らーのお弁当をつくり、らーを無事送り出した後には
ホットして...・レオもなぜか朝になってからスヤスヤ寝ていました。
ありがとう辛かったのに、良く頑張ってくれたね...。レオにはただただ感謝でした。

試験が終わり、夕方には又子供たちを塾に送って行った後、病院へ行っておしっこを出してもらって来ました。院長先生からパパがオシッコを出す方法を教えてもらい、パパは「明日からは俺が出してやるからな!」と張り切っていました。
そして夜中苦しそうにしている事を告げたらお守りに座薬を!と1個出してもらいました。
前足が利かないしレベル1なんですと告げたら、前足をつねりました。レオは痛かったらしく
振り返ってキャンって泣きました。
ゴメンネ、でも感じてくれて嬉しいよと院長先生は話していました。
その帰り、念願のクーチャンに会いに行きました。大好きなオバーちゃんにも会いました。
レーチャンは目がとても嬉しそうに輝いていました。
くーちゃんは恐る恐る近づいたけど、驚いている様子でオバーちゃんの後ろに隠れて様子を
伺っていました。
レーチンどんなにか、しっぽフリフリして飛び掛って行きたかったことか~
なんで体がこんなに動かないんだろう、どうして痛いんだろうって思っていたのだろうに
辛くて辛くてどうしようもなかったです。


子供たちが塾から帰ってきた夜の11時、子供たちにいよいよ告知をしました。
先日の病院での診断結果、これから何時なんどき、レオがどうなるか・・の覚悟、最後になるかもしれない時間を大切にして欲しい事
驚いた子供たちの衝撃はもの凄いものでした。
特に憔悴しきったらーの様子を見ると、本当に試験前に何事も起こらずに良かった。
昨日の朝無事に送り出してあることが出来て、レオの頑張り感謝感謝です。
2人とも交互にレオに頬擦りしながら離れることなく寄り添って声をかけていました。
ずっとずっと泣いていました。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 03:49:17 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

木曜日発症6日目、らーの試験前日

絶対にレオの結果を隠すため、おじいちゃんおばあちゃんにも話しませんでした。
でも、おじいちゃんはレオが入院せずに帰って来た時点でうすうす感じていたようです。
私は1日おじちゃんにレオを頼み、会社へ行っても携帯で様子を聞いていました。
お水屋さんが来て少しほえたこと、
頭をさすれとクンクン泣くこと、さするのを少しでも辞めると又クンクンさすれと泣くこと
だんだん贅沢になってきたんだよな~と笑っていました。
そして夕方帰ってから、いつもの掛かりつけの先生のところへいって昨日の向こうの病院
の様子を話してきました。
そして、お腹を押してたまっているおしっこを出してもらいました。

その晩、明朝まで、らーが試験に出発するまでの間もしものことがないようにお祈りしながら
あと12時間、あと10時間、あと8時間...・・と祈りながら時間との戦いでした。
どうか明日の朝までらーに気付かれることなく、心配することなく試験に迎えますように...
もしも朝までにもしもの事があったときには下に連れて行ってチョットの間おじいちゃんに隠していてもらい子供たちには病院に連れて行ったことにしようと、パパと相談してありました。

夜中じゅう、ママと一緒に添い寝しました。初めてママのベッドで隣に寝たレーチン嬉しかったかな?頭をなでてないとクンクンなくのでずっと撫でていました。
鼻と鼻を突き合わせて寝ているので、何度も私の鼻をペロペロ舐めていました。
逆にママがレオに励まされているかの様で涙が溢れてきました。
夜中じゅうずっと、小さな声で『明日の朝元気に、らーちゃんを試験に送り出してあげようね!』
『明日らーちゃんの試験が終わったら、夕方大好きなクーちゃんに会いに行こうね』
と、一晩中励まし続けました。レオは夜中中苦しそうに息を粗くしながらもよく頑張ってくれました...・ママはずっとレーチンの頭をなで続けました...。

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 03:48:47 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

水曜日 発症から5日目・・
今までもパパと2人でそれぞれが犬の椎間板ヘルニアの専門医のHPを探し回っていましたが、
私が見つけた練馬の病院と、パパの見つけた神奈川の厚木付近お病院の二つに絞り上げ
神奈川の病院ならばMRIも独自で供えられている病院で院長先生も椎間板ヘルニアの名医らしいとのことで、朝一で電話連絡を取ってみることにしました。

電話で今までの経緯をお話した後、院長のいる11日の土曜日に診察の為に伺うことを予約しました...しかし、遠方ではあるが、診察は早いに越したことはない
と応対してくれた女医先生がおっしゃっていたことが頭に引っ掛かり...いてもたってもいられずパパに仕事の予定を無理やり空けて欲しい、今日の午後にでも行って診てもらいたいと我がままをいいました。そしてパパの仕事が2時で終われるように配慮してもらい
今まで診てもらっていた掛かりつけの先生へ連絡して紹介状をFAXしておいてもらい、11日に予約をしていた東京のキャミックで行うMRIをキャンセルしてもらって急遽午後2時半へ厚木まで出発しました。
考えてみるとコレがレオとお出かけする最後のドライブでした。
スカイツリー.JPG
途中水を飲みながら、おとなしく往復5時間近く頑張って耐えてくれました。

車内のレオ.JPG

東名の厚木インターから5分にある愛甲石田動物病院には5時に到着、受付を済ませる間待合室でずっとだっこしてました。毛布に包まれたレオは他のお客さん(飼い主さん)にキョロキョロしていると、その方はレオをみて、かわいいねって微笑んでくれました。
レオはどこに行っても可愛いねって言われたよね...・。

この病院にて、しばらくの間 検査→入院→手術→入院となるだろうと覚悟の上に訪れたのだったけど今日でしばらくレオとも離れ離れになるのかと考えただけでも涙が止まらず
もし何かあってもすぐには駆けつけてあげられないし
何故か置いていくのが忍びなく、離れたくないと抱いたままズット泣いていました。
受付を済ませてすぐに朝電話で話した女医さんに説明を受けました。
そして、まずCTを採る為に少し検査をするとの事でレオを預け3,40分待っていました。
その後詳細な説明を受けました。
CTを採るに当たって、事前に少し検査をしたとの話
まず血液検査は、数日の強めのステロイド注射のため肝機能の値が多少
高いけどは問題ありませんでした。
次に麻痺感覚のテスト
後ろ足2本はレベル0で感覚が全くなし、前足2本も通常でしたらレベル3,4の値のところ
レベル1しか感覚がありませんでした。
続いてチックと呼ばれるようなヒクッヒクッという症状が稀に出ている事
また、目の瞬膜という皮が1/3上がってきている事...
レオの声がもうかすれて出なくなっている・事

この様な症状、状態から院長先生と携帯で連絡を取り合い相談しながら出してくださった見解は
もしかしたら椎間板ヘルニアになった時に同時に発症する 進行性脊髄軟化症の疑いも見込まれるとの判断でした。
進行性脊髄軟化症とはヘルニア発症と同時に起きる病気で脊髄の神経が下半身からどんどん壊死してきてしまい、最後には呼吸する筋肉まで...
壊死して呼吸が途絶えてしまうそうです。そんなはずはないと思ってた数%の病気であると...。

そしてこの病気の場合には
手術をする前にとるMRIやCTを採る為の全身麻酔を行う場合のリスクが非常に高いとの
説明を受けました。
ややもすると、全身麻酔した場合そのまま意識が戻ってこなくなる場合も考えうるとの判断でした。それでも手術を、検査をしてくれと申されれば行いますが、あとは飼い主様の判断ですと言われ
椎間板ヘルニアについての話しやその他30分近く詳しい説明をしてくださりました。
もちろんそのようなリスクを負ってまで手術をするはずもなく
レオは又私たちと一緒に我が家に帰って来ました。
ただ辛い話ですが、もし仮に軟化症であったとするならば、発症から最長2週間で命がなくなってしまう場合が殆どであるとのお話をされ。
多分この時点でこの女医さんは軟化症であることをホボ確信されていたのでしょうが、もし2週間たつ途中で進行が止まる場合が稀にありますので、その時は又手術の為の検査をしましょう...・と
最後まで私たちに望みを持たせてくれたような気がしました。
掛かりつけの病院からもらった詳しい経緯のFAXの御礼と
又レオのおしっこを毎日通って出してもらったほうが良いとアドバイスをもらいました。
そして、最初の処置についてですが、ここの厚木の病院でも同じ処置をしたでしょうとの
話もしてくださいました。

ただ今日は水曜日...・
発症から土曜日で丁度1週間になるなと、このままこの病院を訪れずにキャミックにてMRIを取る為に全身麻酔を行っていたならば、どうなっていたのだろうか?もしかしたら麻酔をした時点で・・と考えたら複雑でした。
あともう一つ、らーの受験日が金曜日...あと数日に迫っています。
どうしてもこの動揺を子供たちに与えてはならないと...何がなんでも隠し通してそしてレオが
1日でも長生きするようひたすらパパと2人で神様にお祈りするしかありませんでした。
ここへ来るまでは軟化症ではないと思っていただけに、この結果には呆然としてしまいました
途中で寄ったSAでも歩いている足に力が入らず...・ただただボーーッとしていました。
厚木の帰りレオをつれたまま、10時に子供たちを塾にお迎えに行きました。
レオを見た子供たちは何の疑いもなく、手術は今は強い注射の副作用でリスクが高い為
2週間たったら行うんだよと話して、その話しを疑うことなく
レオにお帰り~と...話しかけていました...。

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 04:09:45 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

病院4日目(火曜日)強い注射3回目

椎間板ヘルニアについて色々ネットで情報を得ました。
手術したら良くなるらしい、リハビリをして歩いている子が多い...
発症から48時間に手術をしなければ助からないという神話も崩れ最近では
時間がたっても大丈夫だとの情報も調べたり、先生にも聞いて確認をとったりしましたが
手術を考えると、とても怖いのと、東京へ検査に行かないといけないし、今週は娘の受験が控えているので、一体どうしたらいいのだとうと迷いに迷い、注射で良くなる子もいますよとの先生の言葉に、もしかしてと望みをもったりしていましたが様子を見ていても、毎日良くなるとどことか、悪化しているように思えて辛くて...・。
今日が約束の3日目だし、手術するかの判断をしなければならない。
ただ、手術するにもお世話になっている、この町医者よりヘルニアの手術の症例の多い、ヘルニアの名医に診せてあげたい出来る限りの事を...。
それには東京か神奈川...県外へ行かないといけない。
まずはMRIなのか、あっ らーの受験が終わるのを待っていては間に合わないのか。。。
どうしたら~どうしたら~どうしたら~と迷う中
夕方家に帰ってくると、
レオは少し横になっているので安心していたら、おばあちゃんが昨日まではお尻で方向転換していたのに今日は一向に動かず、ズット寝ている、元気もない様子で...って
慌てて、病院へ注射に連れ出すも、助手席でクターっとしている様子がまるで、前足に力が入らずに立てなくなって横になっているように思え運転中ずっと泣きながら前足を握っていました。
もうすでに、後ろ足は全くもって、感覚が感じられないようでしが、まさか?前足まで????と
無償に不安になりました。1%か2%にレオが入るわけない...と。そんな病気になるわけないと。
今日は院長先生でした。
ついた途端、前足が利かないみたいなんです!と訴えました
しかしまだ感覚があるから大丈夫と...、抱っこして前足だけをテーブルに載せると慌てて這い上がるような仕草をした、なので大丈夫という判断でした。
脊髄の病気(進行性脊髄軟化症)はあってもわずか3,5%だから大丈夫でしょうと...
発症4日目でもこの判断でした。私も手術は免れないが後遺症は残っても治るんだと信じました。
そして強い3回目の注射を打ってもらい。先生に胸のうちを説明してきました。
手術はしてあげたい...でも
大変申し訳なく失礼で心苦しいが...、手術となるとやはり症例の多い病院でやってあげたい。
紹介をしてもらえるだろうか...
もし、よそで手術をしても今までどおり、リハビリやその他の事でもここで又お世話になれるだろうかなど話してみた・・。
先生は『うちは所詮町医者だし、他がよければ紹介状も書くし、術後のリハビリも受け入れます』
『もし、この病院の関連のある東京大学付属病院や日大病院であれば尚良いが、それには予約で2週間先になってしまう場合もある』との話しでしたので
まずは手術を前提で東京にある検査センターキャミックへMRIの予約を土曜日に行うように入れてもらい、その後考えることに決めて帰って来ました。
そして明日血液検査とレントゲンを採りましょうと...
明日で病院に行って5日目、そこで始めて注射以外の検査が行われる予定でした。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 03:46:45 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

病院3日目(月曜)強い注射2回目...・

月曜の朝は後ろ髪引かれながら仕事に行きました、おじいちゃんおばあちゃんに事情を話し
様子を見てもらっていました。
子供部屋の窓際にレーチンの大好きな場所へ暖かくして寝せて来ました。
仕事中おじいちゃんから電話があり、お尻で方向転換をするけど窓の外を見ていると大丈夫だと連絡が入りました。出来る限りおじいちゃんも子供部屋に居てくれました。
夕方、慌てて帰ると少し横になるような仕草を見せました。
チョット元気になっているような感じもしましたが...
でも今までのように、シッポもすることもなく、もちろん仰向けに喜ぶこともなく...
お座りしたままの状態でした...・。
ただ高くしたクッションにしな垂れかかるようにおとなしく体を預けていました。
強い注射2回目を打ちました、
昨日の晩にドッグフードを半分食べたこと、でも元気があまりなくお座りしたまま寝ていること
おしっこウンチも全くでないこと...・先生に状態を説明しましたが、おしっこもウンチもそのまま
で、様子を見ましょうとのことでした。
もし、手術するにもMRIを取る必要があり、そのMRIは県内には1ヶ所もなく、東京へ行かないとならないといわれていました。
正直東京か、って思いました。そして金曜日に控えている娘の受験の事も心配で...・
こちらも何せ始めての経験なので心配だらけでした。頭の中はぐるぐるでした。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 03:44:29 PM
カテゴリ:カテゴリ未分類

病院2日目(日曜日)
状態を話すと、酷くなっているので、これから3日間強めのお注射を打ちますと、
このまま良くなる子も居ます、それであれば問題ないのですが。。。
もしかして手術になる場合もあります。それは3日後に判断しましょう。
そして、まれに、本当に1,2%の割合で同時に発症する脊髄がやられて壊死ししていく
病気にかかる子が居ますが、それは本当に1.2%ですから!と励まされ
私は泣きながら戻ってきました、この時は歩けなくなってしまったレオを見るのが辛くて
泣いてばかりいて、まさか、先生も私もその数%掛かる病気などではないと思っていました。

しかしその晩には...お座りをした状態のまま、横になろうとしません。何度横にして寝かそうとしてもダメで、お座りした状態で鼻先を上に上げて、苦しそうに上を向いて息をしている感じでした。
夜中に目を覚ましても、ずーっとお座り状態のままでいます。
寒いのになんでそんな格好を...と又悲しくて
何で?何で横になった方が楽なのに何でなの? 何となく胸騒ぎがしました...
でも家族は皆、この方がレオが楽だから取っている体制なんだよというのでその意見に従い
私も黙って様子を伺っていました。
日曜の晩、ワンチャン用のオムツを買って充てました。おしっこはそこに自然と流れ出ています。

可哀相で、辛くて、何が起こっているのか、何故歩けないのか、何故こんなに痛いのか
どんなにレオは辛いのかと思うと、涙が止まらず、でもどうしてあげたら良いのか
わからずにアタフタ不安な夜でした。

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 3, 2012 03:43:37 PM

全744件 (744件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 75 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.