053881 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

気が付けば50歳をとうに過ぎていた。
人生まだまだこれから。これからはしがらみ無く。そして初めて一口馬主になった。馬をネタに今日も好きな呑み屋で管を巻く☆彡
November 17, 2018
XML
テーマ:競馬:一口馬主

ディバインコード君@2月東京新聞杯、彼の今年のベストレースだったのでは、、、

昨日の早朝から急遽バンコクに飛んだ。
午後からの打ち合わせにぎりぎり間に合って夜は慰労会に招かれた。
バンコク。スクンビット通りの居酒屋ビル「日本町」へ。


タイの現地の人たちにも日本食は大変な人気だ。そしてシンガポールに比べてリーズナブルだし味もまずまずいける。
バンコクに行ったときには迷わず日本飯を食うべし、だね。

締めのサバずし、最高☆彡

さて今朝のSQ便にてシンガポールに帰国。飛行機に乗る前に本日のノルマンディー馬券を購入。今日はブリリアントリリー、ホマレ、プラチナムバレットの単勝をそれぞれ勝った。最近結構調子がいいのでモレイラ騎手騎乗のホマレには諭吉さん1枚を投入したびっくり。自宅に帰って確認したが全部外れてしまった号泣
まあ仕方がない。それにしてもプラチナムバレットは落馬の後遺症なんだろうか、相当重症だ。一度北海道かなんかに出した方が良いのではないか。でもこれだけの馬、いつか復活の狼煙を上げてくれるものと思っています。

ディバインコード君の近況については特に変わりないようだ。近況報告もレースを控える馬達と違い、あまり書くこともないのか。更新される時間も結構早い:

今週も木曜日に硫酸銅水溶液で蹄の内部を洗浄する処置を行っています。日によってはまだ体温が若干上がったり、右前を気にして負重が安定しないものの、状態はいい意味で変わりありません。まだしばらくは根気よく治療を続ける必要がありそうですが、眼の力や素振りを見るとディバイン自身は走りたくて仕方がないといった様子。このまま順調に回復してほしいと、ただただ願うばかりです」(公式ページより:栗田博憲調教師の報告)

>状態はいい意味で変わりありません。
今年一杯はこの言葉だけが聞ければ良いですよ。

実は月曜日にさるお方にメールを出して、ディバインコード君の状況は本当のところどうなのか?担当されているJRAの獣医さんのお考えが聞けないかとお願いをしてみた。
その方からの返事は水曜日に届きましたが、やはり守秘義務が徹底されており、担当獣医に聞くことすらNGとの由。考えたら当たり前ですね。巨額のマネーが動いている世界ですから中の情報が漏れたりすると大問題。少々軽率でした。その方には直ぐにお詫びを申し上げました。

ただその方も元獣医さんであり、私見ながらということで以下の通りのコメントを頂きました。
・JRAの病棟に入院までしているということはあまり良い状況ではない。
・復帰できるとしても年単位になると思われる。
・栗田調教師は自らも獣医であり信頼のおける方。彼が一番状況を把握しており、JRAの獣医師と相談して正しい判断をされると思います。


そうですか。もう信用してお任せするしかないことは分かっております。
何事もなく過ぎていきますよう、祈っています☆彡






Last updated  November 19, 2018 07:10:30 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.