215112 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2018.01.13
XML

オーロCでのディバインコード君©netkeiba 阪神優勝!さん

昨日公式ページにて公開されたディバインコード君の近況によれば1/7に帰厩し早速追い切られた様だ。

1.11 助 手 美南 W・良 69.5 - 53.4 - 38.7 - 13.3 [6] 馬ナリ余力
タニマサベーカ(三未勝)馬ナリの内を1.2秒追走0.8秒先着


栗田調教師のコメントも相変わらず前向きなんだが一節気になるコメントが有った:

「右前管骨の内側に骨瘤が出ていますが、ごく小さなもので心配なさそうですね。帰厩後も気合乗りがよく、一本目の追い切りから上々な動きを披露。最後も馬なりのままグンと伸びてくれました。1/28(日)京都・シルクロードステークス(G3・芝1200mハンデ)を目標に進めていますが、この感じなら重賞を使うに恥ずかしくないデキで臨めそうですよ。また鞍上に関しても、ディバインコードに騎乗経験のある浜中騎手を確保できましたので、どうにか一発かましてやりたいなと思っています」

管骨骨膜炎(JRA競馬用語辞典より)
主として前肢に発生し、ムコウズネ、ムコウゾエ、ソエとも呼ばれる。骨が完全に化骨していない若馬に急激な強い調教を行なったり、硬い走路で調教を行なうと、管骨(第3中手骨)の前面に炎症を起こす。初期であれば運動を軽くし、患部を冷却することにより治癒するが、重症になると腫れ、骨瘤状となり激しい疼痛、跛行を伴う。さらに重度となると骨瘤部に亀裂骨折(皿状骨折)を発症する。


いわゆるソエですね。小さいもので問題なさそうということで一安心です。
スプリットファームでも乗り込みがされていたのでいきなりの追切でもこれだけ動けるのでしょう。
月末の重賞挑戦が益々楽しみになって来ました。

ところで今回の鞍上は橘ステークスで勝利に導いてくれた浜中騎手が再騎乗となるのだけど当初は「北村友一」と発表されていた。どういう事情で変わったのか注目していたけど浜中騎手が空いたので北村騎手には申し訳ないけど代わって頂いたということの様だ。

ベストの結果を出すための非情ともいえる決断。私は支持します。
浜中騎手ではディバインコード君も喜んで走ってくれるように思えますねウィンク

是非、一発かましてあげてください!!






Last updated  2018.01.13 12:17:23
コメント(0) | コメントを書く
[出資馬(ディバインコードその2)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.