123903 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

February 18, 2019
XML

ゴールドシップ、元気一杯だ@ビッグレッドファーム種牡馬展示会2019

先週末には出資馬2頭の近況が更新されたが、どちらも牧場で方や育成中(ニーニャ)、方や休養中(サンディレクション)なので大した記述もない。そうは言ってもやはり気になるのは2歳馬の方だ。

現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。この中間も基礎体力の強化を図りつつ、ジックリと進められています。1月初旬まで休んでいた時期はあったものの、その割に体力面はしっかりしているようで、今では進んでいたグループと同様のメニューを消化。調教後も飼い葉食いは旺盛ですし、相変わらず馬体をフックラと見せており、体調面も良好そうです。(ニーニャ号の近況更新:公式ページより)

ノルマンディーファームで調教中のニーニャ号ⒸFeel NOC!より

2歳馬の近況更新は今月から増えたとはいえ月2回。にしてはこの馬については「飼い葉食いが旺盛」だの「馬体がふっくら、しっかり」とか毎回そんな言葉しか印象に残らない。まあ何事もなく順調で、良く食べるのは良いんですが、実際走りはどうなんでしょうかねえ。
走らないと結局「ただの大食い娘。」の烙印を押されてしまうぞ大笑い

まだ調教も本格的に始まっていないのでそんな評価もできないのでしょうが、そんな中今日、LINE仲間の馬友からある記事の紹介があった。新冠町のビッグレッドファームの展示会にて初年度産駒が今年デビューを迎えるゴールドシップ産駒について4頭の公開調教が実施されたとの由。
今年デビューのゴールドシップ産駒が驚きの好時計

一部紹介(引用)させていただくとこんな感じだ:
・・・その後、ゴールドシップ産駒の動きを見てもらおうと、4頭の公開調教が行われた。その中で、スペースシップ(牡2歳、美浦・国枝厩舎)が4ハロン51秒9、マイネルコロンブス(牡2歳、栗東・清水久厩舎)はマイネルミラノと併せて4ハロン51秒8をマークした。明和の坂路は普通、2歳馬なら53秒台で動く部類になるが、51秒台が計時された時には、見学していた関係者も仕上がりの早さと動きの良さに驚いていた。(後略)

いいじゃん!びっくりゴールドシップ産駒。動きまくってる☆彡
まあ我が出資馬が走ったわけではないので、なんだ、それがどうした!という感じでしょうがそれでもなんか期待させるじゃないですかダブルハート

ところがラフィアンを良く知る別の馬友によりますと「ビッグレッドファームの公開調教は時計を出すことに目標があるようでトレーニングセールのそれとあまり変わらず、メイチで走った馬はその後はあまりパッとせず・・。」との由。まあそんな側面もあるのでしょうが、とにかく益々本格的な調教でどう動けるのか楽しみになってまいりました。

ゴールドシップの2019年度種付け料は250万円。18年度の種付け頭数は93頭と大人気ですね。ロードカナロアとはいかないまでも個性あふれる馬達が出てくれるのではないかと楽しみになります。
YouTubeに展示会でのゴールドシップの様子がUPされていましたので共有をしておきます。

まさに元気一杯。さて私も彼に見習って頑張りましょう☆彡






Last updated  February 19, 2019 07:32:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
[出資馬(ニーニャ)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.