121060 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

February 9, 2020
XML

強かった、デアリングタクトⒸJRA-VAN

ノルマンディーに待望のクラシック候補が現れた。
昨日の京都のエルフィンスタークス(L)を圧勝したデアリングタクトだ。

新馬戦を勝利して今回が2戦目。期待をして見守りましたが桁違いの強さでした。
このレース、シーザリオの仔やシンハライトの近親馬も出走してきてデアリングタクトは僅差の3番人気でしたが、その評価をあざ笑うかのような快勝劇。
道中は無理をせず後方から進み4コーナー手前で大外から進出。直線向いた時には早くも前を射程圏にとらえてあっという間に抜き去りました。

強し☆彡いなずま


よくよく見ますとこの馬も超良血です。


デアリングタクトの血統Ⓒnetkeiba

父エピファネイアはシーザリオにシンボリクリスエス。母系にもサンデーの血が流れており所謂、サンデーサイレンスの4x3。その爆発力がいかんなく発揮されましたねえ。それでいて募集価格が1760万円とはさすがノルマンディー。
募集からあっという間に完売となった記憶がありましたが今回見事に人気に応えた形となりました。

出資者の皆さまもさぞかし留飲を下げられたでしょうね。何せ同じレースで人気した2頭はキャロットファーム所有で募集価格はともにおよそ60百万円。その馬達をコテンパンに打ち負かしたのですからねウィンク

桜花賞をはっきりと意識できる馬です。この切れ味はまさにマイルでこその馬でしょう。
問題はこの馬の体質。今回2走目までに時間を要しました。サンデーサイレンスの4x3ですから体質的にどうなのか。
丈夫で間隔を詰めてもレースに使っていけるのか若干気になるところです。

2勝をあげたわけだし桜花賞に出られそうならこのまま無理せずにぶっつけでもいいかなと思いますね。

来週のニーニャ号も続いて欲しいね(結局それかい!!)






Last updated  February 9, 2020 12:51:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.