120179 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

March 10, 2020
XML

カグラヒメⒸノルマンディーOC

先週シンガポールに帰ってきた。今週は在宅勤務。会社の従業員をA、Bの2班に分けて隔週で出勤するという良く分からないシステムが始まっている。まあ最悪感染して死に至ってもどちらかの班は生き残るということなんだろうが・・。
ということで今週は自宅でパソコンで仕事、時々TV&ゴロンと寝転がり。なんて一日だぺろり

従ってノルマンディーの公式ページものぞく機会も多くなるのだが、本日
カグラヒメの情報を臨時更新しました、とのメッセージを見た。

「臨時更新」
これはかなりの確率で大変良からぬことが多い。
案の定、公式ページによりますとカグラヒメ嬢は8日(日)夜に疝痛を発症。昨日トレセン診療所で緊急の開腹手術を行い、小腸の腸管が腸間膜を軸にして反時計回りに2周(720度)回転した状態であり壊死した約1.5mの腸管を切除、吻合(フンゴウ)の処置を行ったとの由。

自分の事で申し訳ないが、2年半位前に重度の虫垂炎を患って緊急入院した時のことを思い出した。盲腸の周辺の炎症が、大腸と小腸の接合部の上部まで広がっており、緊急手術、全身麻酔を行い、一旦その接合部を切り離して炎症部を切除して再度大腸と小腸の接合手術を行うことが検討された。もし行う場合は合併症など様々なリスクがあり危険度も伴うのでカミさんも入れて充分説明させていただくとのことだった。
幸い2週間の入院、点滴によって炎症は小さくなったので通常の下腹部にメスを入れる程度の手術で済んだ。

人間ですらそうなのだから、馬ならもっと大変でしょう。
幸い、手術は成功したようで元気と食欲はだいぶ戻ってきており当面は診療所の入院馬房で経過観察していく予定との由。

復帰まで時間を要することが想定されますが、とにかく今は生き抜くこと。
まだ若いんだしまだまだ回復すれば競争復帰も可能かと思います。

姫、ガンバロー☆彡






Last updated  March 10, 2020 08:33:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.