172796 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2020.05.18
XML

2歳馬、アンカシャムローグ号、いよいよ小野町へⒸノルマンディーファーム


昨日のG1、ヴィクトリアマイルにおけるアーモンドアイ号の強さには我々の会社仲間で作る「めるこG研クラブ」のメンバーも唖然、茫然と言った感じで朝からメールで盛り上がった。

さて次走はどうするのか?やはりこの馬は府中の1600-2000mがベストなような気がするし、6月下旬の宝塚は酷暑か大雨かで環境が悪くなりそうだ。ましてや宝塚だとしたらサートゥルナーリアも居る。ルメールが困るね、そういや昨日の勝利ジョッキーインタビューでやたらと昨年の安田記念のリベンジを言っていたのはそういうことか・・。
シルク、キャロットとクラブは違えど同じ社台Gなんだから大人の解決策でアーモンドアイ号は安田記念となるのだろう!

「ちっ、つまんねぇ奴だなぁ・・」(byチコちゃん)

さて未来のアーモンドアイサートゥルナーリアを目指す(いやいや、そんな無茶言わんでも)現2歳馬の近況が先週報告され、おまけに出資馬の2頭とも調教動画が公式ページにアップされた。素晴らしい☆彡

アンカシャムローグ号 (ノルマンディーファーム)



15日に更新された公式ページによれば、現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整され、この中間は12日(火)に15-15を消化。馬体がしっかりしてきて以前よりも安定したフットワークで登坂、坂路では力強い動きを披露しているとの由。動画からはまだ全然目一杯ではないが余裕で併走する力強い走りが見られています。Goodだ星
そしていよいよ先週末北海道を離れ福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動、入厩を目指して調整が進められることになったようです。なんとか7、8月の早期デビューを期待したいですね☆彡

アレッサンドロ号(ノルマンディーファーム)



公式ページによれば、現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整。この中間もスピード調教を継続、馬体減りはなく、負荷を弱めてはいないとの由。まだまだ華奢でひょろっとした感じは否めないようですが、「中身は意外としっかりしているようで、これからのトレーニングで筋肉量が増してくれば、ビジュアルがガラリと変わってくる。」とスタッフも好印象です。
動画では坂路を駆け上がっていく様子は、正直アンカシャムローグ号より迫力があるねびっくり

両馬とも大いに期待できそうで益々楽しみになりましたいなずま

怪我だけには気を付けて。スタッフの皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます目






Last updated  2020.05.18 22:22:26
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.