132381 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

May 24, 2020
XML

おめでとう、デアリングタクト号!!ⒸJRA-VAN


今日のオークス、牝馬優駿。デアリングタクト号が圧倒的な1番人気に応えて見事に優勝。
ノルマンディーOC及び出資者の皆様、誠におめでとうございますスマイル

私はこの馬の出資者でもないので、レースも割と冷静に見れたしゴールした後も狂喜乱舞というわけでもない。
でもこの爽快感。新馬戦からこの馬良いね☆、と注目しノルマンディー始まって以来のクラシック戴冠の可能性を感じてずっと見続けてきたが、こうもあっさりとオークスまでぶっこ抜くとは・・恐れ入りましたびっくり

でもさすがに今日は今までで一番厳しいレースだったように思います。
内枠4番で外側から被せられ一切外に出してもらえずに1,2コーナーでは他馬とごちゃつく場面も見られました。

 
1,2コーナーでごちゃついて思わず首を横に向ける場面もⒸJRAパトロールビデオより

松山騎手はまず最初は折り合いに専念して隙あらば徐々に外へ出していこうという心づもりだったと思うのですが、途中でペースが遅くなり馬群が固まってしまい、外に出す機会がありませんでしたね。3コーナーから外に出しては大外に膨れるのでロスが大きすぎる。ここで松山騎手は腹を括って直線入り口では馬群に突っ込むような感じに・・・。

そして直線残り400mを切った時点、ここが勝負の分かれ目だったように思います。
一旦外に出しかけた松山騎手でしたが、前を行くフイオリキアリが内に切れ込んだために空いた2頭分のスペース。ここを素早く目掛けていった松山騎手の好判断。ほぼ同じタイミングで浜中俊騎手のマジックキャッスルが内から入ろうとしましたが、デアリングタクト号の一瞬の脚が勝っていました。

 
松山騎手の好判断、ここで勝負あった☆彡ⒸJRAパトロールビデオより

ここからはまさに、デアリングタクト号劇場。前を行く両ウィンの2頭をきっちり差し切り最後は余裕の構えでゴール。


見事に63年ぶりの無敗での2冠戴冠☆彡

文句のつけようのない勝ち方です。勝ち時計は2分24秒4と前残りのペース。
そんな中、後ろから来た馬はこのデアリングタクトと5着のマジックキャッスルだけだった。
一番悔しいのは2着のウインマリリンの横典騎手でしょう。ゴール30m手前まではよしよしうまくいったわ、と勝利を確信していたはずです。「勝った馬が強かった。(by横典)」とは正直な感想でしょう。

とにかく1度ならずも2度までも夢を届けてくれたデアリングタクト号にはありがとうと言いたいですね。
秋にはもう一つ3冠という大仕事が残っていますが、これから暫くは北海道の岡田スタッドかノルマンディーファームで英気を養っていただきたいと思います。

デアリングタクト号、お疲れ様、ゆっくり休んでください☆彡







Last updated  May 25, 2020 02:59:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.