174441 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2020.10.06
XML

前走のパドックのアンカシャムローグ号、雪辱戦は18日だ@JRA-VAN


先週、ノルマンディーの2019年産の募集馬の告知が公式ページ上にてなされた。
まだ提示された情報は募集馬名と父、母父の情報がメイン。口数や金額についての情報は決定次第、順次公開とある。パッと見て気が付くのは父名が結構バリエーションがある。そんな中でいよいよイスラボニータの産駒が募集される。確か3頭ほどいたかな。フジキセキの後継者として万能型の期待を集めているのでしょう。

私はすでに4頭の出資馬を所有、しかも4頭とも1/40所有なんだよな。月に維持費が4頭合わせると60,000円くらいになりますからね。しかも今年デビューする馬が2頭もいて結果がどうなるかがわからない。バリバリのオープン馬を所有していれば別なんだが。ディバインコード君は今考えると奇跡でしたね。

ま、とりあえずしばらく様子見だと思います。
でも興味がありますので随時、気の付いたところはコメントしていきたい。

さて頑張ってもらわないといけない我が出資馬は今週サンディレクション号、18日にはアンシャムちゃんが挑む。アンシャムちゃんは1日以降坂路でビシバシ乗り込まれている。


坂路調教データⒸJRA‐VAN

中々意欲的ですね。嫌味ではないですけど、同じ松下厩舎だったニーニャ号の時には1,2か月外厩、帰厩して追切を2本程度時計を出して直ぐレースっていうパターンだった。私の馬友によりますとニーニャ号は「ニーニャ号は松下厩舎ではなく宇治田原厩舎だ。」と揶揄していましたよ苦笑しょんぼり

そして昨日公式ページにアンシャムちゃんの次走予定がアナウンスされました。
10/18(日)京都 2歳未勝利(芝1200m・混)北村友一

いやいや、松下厩舎で初めてまっとうな騎手が!!と感激してしまいました号泣
これは先ほどの念入りの調教と合わせると、なんか扱いが急に変わったというか・・、
例えば身近の例でいえばこういった感じでしょうか:

●横柄な客先での会議が、いつもはパイプ椅子に汚い会議机の薄暗い部屋だったのが急にフカフカの絨毯にソファの部屋に通されたような、或いは

●よく行くカラオケスナックのママさんから、いつもは飲み物をねだられるだけなのが急に、「ねえ、うえちゃん、今日は1本サービスしておきます。」ってボトルを入れられたような気分かな!?ぽっ


何があったかは分かりませんが、とにかく変わりましたね。やはり期待の40口募集馬達がぞんざいに扱われるなどもってのほか。厩舎側も最善を尽くしてほしいし、今回はそういった声に応えたものだと思います。

明日は1週前追切ですね。北村騎手が感触を確かめに乗りに来てくれればベストなんだが。いずれにしても期待できそうです。とにかく、次走は仕切り直し。デビュー戦のつもりで

ガンバレ☆彡






Last updated  2020.10.06 23:06:47
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.