198488 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2020.10.18
XML

ゴール瞬間のデアリングタクト号、おめでとう!!


秋華賞のレースから約1時間が経った。これから買い物に行ってシャワーを浴びて晩飯を作るんだけどその前にちょっと秋華賞をまとめてみるか(笑)。

史上初の無敗の牝馬三冠に輝いたデアリングタクト号。お見事でしたね。
歴史が作られた瞬間、であることは間違いないんだけど、なんか事も無げに達成したという印象だ。

レース前にはやれ京都の内回りはトリッキーだの、ぶっつけ本番がどうだの色々心配事を並べたが、すべて杞憂でした。運が良かったのは外枠の13番枠だったこと。内に包まれずに自然に外を楽に追走、良い感じで4コーナーを回れました。直線に入って内をついた馬はことごとく伸びていなかったので今日は外枠でラッキーだった。なるほど、アンシャムちゃんも今日は内枠で苦労したんだと妙に納得だぽっ

だから走破タイムも2分台(2分0秒6)。過去20年間の秋華賞で2分台の決着は2017年のディアドラ(2分0秒2)のみ。それより0.4秒遅いのだから相当に厳しい条件だったと言えるでしょう。だからこの秋華賞、レースの印象的には圧倒的な力を見せつけたようには見えなかった。でも桜花賞、オークス、そして秋華賞と条件が違う中で勝ち続けているので、同世代の牝馬の中では力は数段上と言えそうだ。

そして実際、今日の馬体重が+14㎏増。陣営は決してそう言わないだろうが、この秋華賞は一杯の仕上げではなかったはずだ。それでなくても勝てるという自信と馬に対する信頼がないとこんなことはできませんけどね。普通なら必ずトライアルを使ってこの1戦を万全な仕上げにというローテションを組んだはずだ。
この馬の目標はもっと先にある・・・。

それは牝馬古馬との戦い(エリザベス女王杯)ではなく、ずばり年度代表馬をかけたJCへの参戦が視野に入っているはず。もちろんエリ女から有馬記念へという道もあり、まあそれが普通かな!?ただしJCには3歳牝馬は53㎏で出られる有利さがある。牧雄氏はファンの声を大切にされる御方。本人の性格上からもJCにぶつけてきそうな気がする。

そして杉山調教師さんも若い方ながら馬のためにと中々大胆な発想をされる方だ。おそらく秋華賞ぶっつけもこの秋全体のローテーションを考えたこの方の進言。桜花賞を制した時には次走は日本ダービーも視野に入れると仰天のコメントもされていた。もちろん私利私欲のためではなくオークスよりダービーの方が1週余裕があるから。今回、JCの方がエリ女より2週余裕がある。デアリングタクトにとってどちらが最善なのか、もしJC挑戦となったら、生涯最高の仕上げで臨んでくるだろう。

デアリングタクト号の今後には目が離せないね。

とにかくデアリングタクト号、そしてこの馬に携わるすべての関係者の皆様。
本日は誠におめでとうございました。






Last updated  2020.10.18 19:30:33
コメント(0) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.