172888 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2020.10.26
XML

デアリングタクト号と松山弘平騎手ⒸJRAホームページより


今日のノルマンディーの公式ページにおいて年末恒例の懇親会の中止が発表された:

ⒸノルマンディーOC公式ページより

この状況では残念だが仕方がない。しかしノルマンディーOCの皆さんには懇親会に代わる企画をぜひ考えていただきたいね。例えば会員限定でZoomによるRemoteイベントをやるとか。こんな案はどうだろう。

(仮題)2020年ノルマンディーOC会員様への感謝と恩返しの会☆彡
とでも名付けて。メニュー(案)は以下の通り:

●2019年産募集馬検討会(さあ牧雄氏の一押しは何か!?)
●2017年産募集馬結果反省会(結果が出ましたからこういうのもね!社長の土下座が見れる!?)
●ノルマンディーご用達の騎手座談会(菜七子騎手にChatで質問しようの会!)


まあ技術的に超大規模なRemote会議は難しいのかもしれませんけどね。何でもいいんですが是非懇親会に代わる年末の楽しみを作っていただければと思いますぺろり

さて今年の話題の中心となる、デアリングタクト号にはまだ年末までに大仕事が待ち受けている。ずばり、次走はエリザベス女王杯かジャパンカップ(JC)か!?

先週末の杉山調教師のコメントは「この後はさらに上のステージでレースをしてみたい気持ちはもちろんあります。いくつか選択肢がある中で、状態面も見極めながらベストな選択ができればと思います。」と明言されていません。

普通ならエリ女でしょうね。なんといっても相手関係が楽です。牝馬無敗の3冠馬とは言ってもさすがにJCとなると歴戦の強者相手に厳しい戦い、と思いきや最近の各馬の動向を見るとそうとも言えなくなってきた。

●アーモンドアイ号:天皇賞(秋)の後は2400mを嫌って香港に登録。
●サリオス号:前走の疲れ残り天皇賞回避。次走はマイルチャンピョンシップに照準?
●コントレイル号:次走JCが既定路線も菊花賞がタフなレース。陣営も慎重に。


と軒並み有力馬のJC回避が予定されているのだ。コントレイルはまだ分からないが仮にJC回避となると、超一流馬はサートゥルナーリア、クロノジェネシスあたりでこれではデアリングタクトが出てきてくれないとJRAは困ってしまうねえ。

先週末にデアリングタクト号は宇治田原ステーブルに出されました。当然外厩先でも乗り込まれますがそう強いところはやれない。1、2週間後に戻したとしても、11月中旬のエリ女には時間が無さすぎるな。やはりJCの方が調整はしやすいのではないかな!?または年内は有馬一本とするか。どうでしょう!?

デアリングタクト号はもはや日本競馬界の宝です。とにかくまずは無事に☆彡






Last updated  2020.10.28 10:45:29
コメント(0) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.