000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2020.11.21
XML

今日もノルマンディー勝った☆彡バンクオブクラウズ号


ノルマンディーの勢いが止まらない。今日21(土)も東京・伊勢佐木特別(ダ2100m・混)に出走したバンクオブクラウズ号が優勝。サンディレクション号でおなじみの酒井学騎手を鞍上に安定した逃げで完勝。いやーこの馬こんなに強かったっけ、恐れ入りましたびっくり。父ロージズインメイ、母サマーロコガールという岡田スタッドゆかりの血統でこういう言葉は悪いですが地味で渋い馬が勝つとなんかうれしくなります。これからも期待できますね。

さて我がミノルロドリゴの出資馬たちもこれにあやかりたいところだが、先週無事にデビューを果たしたアレッサンドロ号は予定の外厩(ケイツウステーブル)に出て一息つくことになった。もう一方の2歳馬アンカシャムローグ号も小野町で復調を図っている。2歳馬たちには年明けから未勝利脱出に向けて勝負にとなるね。今は力を充填していただきたいと思います。

年末が近づく中、充填などとは言っていられないのが3歳馬のニーニャ号。名古屋へ転窮して2戦。ともに4着と結果が出ずにもどかしい状況。そうこうしているうちに期限の年末。断定はできませんが年内に2勝して中央に戻れなければファンドは解散、馬はオークション行きという可能性が高い。中央に戻れば1、2勝クラスではそこそこやれると思うのでなんとか残り1か月ですが結果が欲しいところです。ラストチャンスだ:

この中間の調教の動きから、まだコーナリングに課題が残るため、次走は本線と考えていた18回名古屋開催(11/24~)をパスして、まずは13回笠松開催(11/30~)を目標にすることにしました。他場なので頭数が揃えば除外される可能性も高いですが、地元の19回名古屋開催(12/07~)も控えていますからね。付け焼刃で使っても結果は出ないと判断し、ひとまず課題克服を優先に進めたいと思います。(公式ページより:川西毅調教師)

ダート適性がないのはわかっていましたが、意外に小回りのコーナリングに戸惑っている。これは予想外でした。それでも前走では直線猛然と追い込んで4着には来たので直線入り口では前をかわせるところまで自分自身の位置を上げたいところだ。次走は30日からの笠松を予定だけど除外になる可能性もある。もし除外になれば今年残りあと2開催となる名古屋競馬にて2勝を挙げるしかない。本当に追い込まれてしまったニーニャ号だ。

ニーニャ号、悔いを残さないように、私もあなたをしっかり見守っていきます☆彡






Last updated  2020.11.21 22:53:17
コメント(0) | コメントを書く
[出資馬(ニーニャ)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.