186785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2020.11.29
XML

ジャパンカップのスタート、全馬いいスタートでした©Gチャンネルの映像より


今日、29(日)に行われたジャパンカップ(G1・芝2400m)はG1・8勝馬だったアーモンドアイ号が古馬の貫録を見せて完勝。見事に引退の花道をG1・9勝目として飾りました。2着にはコントレイル号、ノルマンディーの我らがデアリングタクト号は3着でした。いやいやでも素晴らしいレースだったと思います

勝ったアーモンドアイは3強の中でも先輩の貫録、力が違うところを見せましたね。私は時計には表れていませんでしたが天皇賞(秋)の最後の1Fの伸び脚にちょっと疑問に思ってそれから2Fも伸びるジャパンカップはどうだろう?去年の有馬記念のように馬群に沈むかもしれないなんて(失礼にも!!)感じていましたが、全然そんなことはなかったですね。

コントレイルもさすがに牡馬の無敗の3冠馬。調子は必ずしも100%ではなかったと思うのですが、それでも2着に来ました。馬券の対象からは外してしまって、ごめんなさいですね。

デアリングタクトも頑張りましたよ。

直線内を突くデアリングタクト(赤)©Gチャンネルの映像より

道中途中まではぴったりとアーモンドアイをマークしていていい感じだなあ、と思ってみていましたが、超ハイペースで逃げるキセキを捕らまえようと後続のペースが上がる3,4コーナーでちょっと置かれてしまいました。さすがにこのハイペースに最初からついて行って、厳しい流れになりましたね。この直線を前にしての、後手が全てかな、残念でした。

直線に入って、真ん中からコントレイルのすぐ内を抜けてこようとしましたが、すかさず福永祐一騎手に内に押し込まれて、馬場の悪い内を突かざるを得ない形に。後でパトロールフィルムを見るとデアリングタクト自身が、内にもたれています。松山騎手も体を右斜め前に投げ出して矯正しようとしていることがわかりました。それでも最後立て直して歴戦の古馬2頭に先着したわけですから褒め称えることができます。


懸命にデアリングタクトをまっすぐ走らせようとする松山騎手©JRA

今日はさすがに上位2頭が強かった。でも最後にデアリングタクトが3着に入って3強の決着となりこのレースは間違いなく後世に語り継がれるレースになったと思います。
杉山調教師さんも以下のようなコメントを公式ページに挙げられています:

・理想的なポジションから道中スムーズに追走できていた。
・自分の競馬をして勝つべくして勝ったアーモンドアイは本当に強い。
・古馬の一線級だけあって前半からペースが速く追い出すタイミングも必然的にいつもより少し早くなりました。
・ひとつだけ心残りは、直線を向いて外にいたコントレイルと併走して真っ直ぐ上がってこれなかったこと。
・敗れはしたものの、強い相手にヒケを取らない競馬をしてよく頑張ってくれました。
・成長してまた強いデアリングタクトを皆様にお見せできればと思っています。


デアリングタクト号、本当にお疲れさまでした。ノルマンディーOCの会員としてあなたの出資者ではありませんでしたが、中央競馬のG1の最高の舞台で、このような興奮いなずま、ドキドキどきどきハート、ときめきダブルハートを味わせて頂けるとは思いもよりませんでした。心より御礼申し上げたい。

まだまだこれから、これからの益々の活躍を祈念しています。ゆっくり休んでください。






Last updated  2020.11.29 23:06:11
コメント(0) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.