210468 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2021.01.02
XML

謹賀新年2021☆彡


2021年の年が明けた。シンガポールは年末も年始もお店は通常通り。普通の祝日という感じだ。31日の深夜のカウントダウン時にはお店はやっていない(コロナ規制によって10時半で閉店)のにマンションの下の方から、外国人たちのバカ騒ぎが聞こえてきた。まあいいか。みんな騒ぎたいのだろう。

そして馬たちは1月1日をもって1歳年を取るわけでノルマンディーの馬たちも1歳上に移動した。そんな馬たちを眺めながらちょっと今年2021年の期待をコメントしていきましょう。

3歳馬たちにはまずは出資馬のアンカシャムローグアレッサンドロ。この両馬には是非とも1勝を挙げて未勝利を突破してもらいたい。そのほかの馬たちでは私の中では断トツにワザモノへの期待が大きい。前走(1勝クラス特別)も終い伸びてしっかりと2着を確保。春のクラシックは間に合うかどうかはこれからでしょうが古馬になって必ず重賞クラスで勝負できる馬になると思います。その他では新馬戦を鮮やかに勝ったスノークォーツですね。ゴールドシップ産駒として活躍を期待しています。

4歳馬はとにかくニーニャ号の中央競馬へのご帰還をお祈り申し上げたい。今回の名古屋競馬での中1週の連続と最後の連闘はきつかったでしょうが必ず糧になってくれると思います。そういや先輩が所有馬のルッキングフライ号の櫻井調教師に聞いたところ、笠松競馬場は砂も浅く脚元への負担はかなりのもの、笠松では中1週は使えないでしょうとの由。タイムも早かったしね。少し休んで桜が咲くころまでにJRAへのご帰還を目指しましょう。

この年代はもちろんデアリングタクトですね。公式ページによれば年明け初戦は3月の金鯱賞。そこから大阪杯かヴィクトリアマイルを経て安田記念、そして宝塚でクロノジェネシスとの対戦?秋は凱旋門賞☆彡夢は広がりますね。後はグルアーブかな?前走(4着)も惜しかったしこの馬も見続けていきたいと思います。

5歳馬は何と言ってもサンディレクション、ことサンちゃん。今やミノルロドリゴの大黒柱だ☆彡公式ページによれば17日(日)中京か小倉の2勝クラスに挑むようです。この馬に望むことはただ1つ。どうか無事にまたこの1年走って欲しいという事です。去年は秋に1勝クラスを劇的に勝って、前走も好走してさあ、さあ、さあっと2勝クラスも早々に卒業して準オープンから夢のオープン馬へと期待をしてしまいがちですが、それもこれも無事で走ってくれてればこその話ですからね。

後、この世代はアレス、オルダージュ、ミニオンペールホーリーラインと期待馬たちがめじろ押し☆彡。
そんな中でもやはりマリアズハートでしょうね。今年大化けいなずましそうな予感がします。

6歳馬以上には出資馬はいないけどやはりまだ頑張っているディバインコードの同期の馬たち、アナザートゥルース、ブラックジェイドにはまだまだ期待ができそう。プラチナムバレットはねえ、なんとか1勝を見たい。障害に活路を見出してほしい。そしてサンちゃんのお姉さんのアリンナはついに引退。本当にお疲れさまでした。良い仔を生んでいただきたいなと思います。

とにかく今年も全馬無事で頑張ってください!!!区とリア






Last updated  2021.01.04 07:34:34
コメント(2) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.