209016 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

2021.02.05
XML

アンカシャムローグ号の前走のパドック、さて馬体重がいくらで出てくるか!?


さて、今週の土曜日に出資馬の3歳馬2頭が共に出走してくるので土曜日の朝からなかなか大変だなー。2頭ともさっぱりだったら週末辛いなあ、と思っていたのですが昨日の更新で、アンカシャムローグ号ことアンシャムちゃんは急遽日曜日のレースに矛先が変わったようです:

2/07(日)小倉・3歳未勝利(芝1200m)小林凌大騎手

2月3日(日)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、53.5-38.7-25.5-13.3を強めに追い切りました。「この中間も飼い葉食いは安定しているのですが、追い切り後の計量で440kgを割っている。輸送を考えれば今回430kg台での出走となりそうです。稽古の動き自体はけっして悪く映らないものの、いまひとつ気配がグンとは上向いてきません。食べたものがあまり実になってきませんし、体の張りや毛ヅヤなんかを見ても、もう少し暖かくなってから良くなってきそうというのが正直な印象です。番組に関しては週末の馬場状態や相手関係を吟味した結果、当初予定していた牝馬限定から動かさせてもらいました。一般戦の方が決め手に勝るメンバーは揃った印象でも、前半あまり執拗に競りかけてくる馬はいないとの見解。それほどペースも速くならないでしょう。デビュー時に比べれば体幹や体力面はだいぶしっかりしてきましたし、スピードの違いで今回も直線を向くまでは先頭集団に位置していると思います。あとはどこまで粘れるかですが、そう簡単には止まらないはず。成長しているところを見せてほしいですね。(松下武士調教師)

©ノルマンディ-OC公式ページより


なるほどね、馬三郎の調教診断でも最終追切は©評価で「動き今一つ」だったようですから、調教師さんのコメントも先週とは打って変わって慎重さが増していますね。先週までの雰囲気はガラリ一変と言っても良いような感じでしたが、そんなに急には良くならないでしょう。

今回は調教の量は充分積まれてきたと思いますし、レース選択についても色々考えてくださっているのはわかります。後は結果を出すだけですが、良くなるのはもう少し後でもいいので今回は見た目に前進が感じられるレースをしていただければなと思います。

先週ノルマンディーの馬たちに完璧な騎乗を見せた小林凌大が騎乗してくれるのもプラスとみたいですね。同じゴッホ産駒のエスタンピ-ジャとはタイプが違いますし、アンシャムちゃんは前に行ってこその馬だと思います。出来れば内目の枠を引いてスタートでポンと飛び出してハナを奪ってマイペースで進めたいところ。そうすれば今回は頑張れそうな気がします。

明日土曜日は、まずは先陣を切って、アレッサンドロ号が府中の1600m戦に挑みます。何かよくわからない騎手が騎乗しておられますが(失礼やな)、ぜひ頑張って頂きたいなと思います。出来うるならアレッサンドロは掲示板、アンシャムちゃんは馬券内を目指しましょう。

両馬ともがんばれ☆彡






Last updated  2021.02.06 10:52:38
コメント(0) | コメントを書く
[出資馬(アンカシャムローグ)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.