365939 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの1口・地方馬主ブログ

2022.05.22
XML

またまた出ました菊沢一樹騎手の渾身のガッツポーズちょき


今日もノルマンディー、新潟・韋駄天ステークス(芝1000m直・ハンデ)に菊沢一樹騎手鞍上で出走したマリアズハート号が期待に応えて快勝☆彡。今日、この馬以外のノルマンディーの馬たちのレース&馬券は全くダメでしたが、彼女のおかげで今日単独におけるプラス収支を確保☆彡。
マリアズハート号には当然夏のアイビスサマーダッシュで重賞初制覇を期待したいです。

オークスは桜花賞馬のスターズオンアースが見事に勝利。ルメール騎手に乗り替わってどうかと思いましたがさすがにそつがない。馬も私の想像以上に強い馬でしたね。期待したアートハウスは先行抜け出しの王道のレースをしたが最後は力負け。ま、しょうがないでしょう。忘れな草賞を勝ったと言っても所詮はダークホース的な存在。それにしては人気になりすぎていました。

そして巷ではノルマンディーOCの第3次募集馬の受付が始まっている。先行募集の締め切りが24日の13時まで。全9頭の顔ぶれで、おそらくこれが20年産の最後の募集にはなるのでしょうが、今回は3次募集で見られる米国セールの購入馬が見当たらない。昨日勝ったルヴェルジェや今日のマリアズハートは米国セールにおける購入馬で3次募集だった。さすがのコロナ禍で米国行きは取りやめとなったかな。

国内産でこの時期まで募集が待たれるというのは特に岡田スタッドの生産馬の場合、遅生まれだったり、最初はクラブ馬として募集させるか疑問視されていた馬たちが多くなるでしょう。どうしても小粒な感が否めない。でも今回は注目すべき馬が1頭います👀:

チェアユーアップの20
牡馬 栗 2020/4/3生



父:マツリダゴッホ × 母:チェアユーアップ(母の父:エアジハード)
生産:新ひだか・岡田スタッド  美浦・大竹正博厩舎入厩予定
総口数 400口 募集総額 1,720万円 1口出資額 43,000円


この馬の3歳上の全兄があのチェアリングソング号で先日OP入りを果たした。この馬のカタログにもちゃっかりそのことが触れられている。3次募集ではなく1次募集で入れられても良いような岡田スタッドゆかりの血統で、期待の生産馬ですが、何故3次募集まで待つことになったのか。

邪推という訳ではないですがおそらく海外のセリにも行けない状況では目玉不足が想定されたのでこの馬の売り出しをわざと待ったのではないですかね。そのおかげではないでしょうが全兄のチェアリングソングがこの春に晴れてオープン入り。この馬の募集に箔をつけたと言えましょう☆彡

何せ全兄の募集価格1160万円に対しておよそ50%アップの募集価格となりました。種牡馬がマツリダゴッホで岡田スタッド生産馬であれば特に外だし費用は一切必要なく、1720万円はほぼほぼ岡田スタッド&ノルマンディーOCの利益となります。濡れ手に粟(あわ)炎というか、坊主丸儲けというか、〇っ〇〇〇商法いなずま(馬友さんがこう叫んでいた目笑)というか。。。

ま、いずれにせよ全兄と同様、芝短距離で活躍できそうなイメージがありますね。期待しましょう☆彡






Last updated  2022.05.22 21:55:04
コメント(0) | コメントを書く
[ノルマンディーオーナーズクラブ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.