122278 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

全93件 (93件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 10 >

出資馬(ディバインコードその2)

October 19, 2018
XML
ディバインコード号については、最近の近況報告が思わしくなく、気になっていましたが、このブログで取り上げるとなんか更に悪い方向に行くような気がして、あえて触れずに何事もなかったかのようになってくれればいいなと思っていました。

そういう願いもむなしく本日出た近況更新。最悪の状況となってしまいました:

一昨日、昨日と右前を庇うようにその対側となる左前に自重を預けていたので心配していましたが、今朝になってようやく右前蹄冠部から排膿を促せたため、ディバインコード自身も少し楽になった様子で、現在はどちらにも過重なく一定負重を保てています。ただ、先週からの経過はあまり芳しくなく、一番恐れていた蹄葉炎発症を診断されました。獣医師によれば起因となった蟻洞の範囲から推測して、約3ヶ月前から徐々に進行していたのではないかとの見解を示されています。些細なことでも馬は前兆のサインを送っていたかもしれないのに、こちら側がそれに気付いてやることができず、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。蹄の葉状層に障害が起こっており、角葉と肉葉が剥離した両前蹄壁の外側部分を削ってエクイロックで固め、蹄底にはゴム素材で硬度のあるスーパーパットを装着する処置を本日午後に施させてもらいました。葉状層の炎症が重症化すると命の危機に及ぶため、このまま小康状態を維持できて動かせるようならば、来週中には入院馬房へ移動させたいと考えています。何とか早く競走復帰させられるよう、この後も厩舎一丸となって取り組む所存です。(公式ページより:栗田博憲調教師の報告)

ここ2,3週の報告が良くなくて心配していましたが、最悪の状況です。蹄葉炎と聞いただけで私たちの世代はあのテンポイントを想像してしまいます。500㎏を超える馬体の脚元に発症したのです。治療のために馬体重は限界まで減らさなければならないのでは?もはや競走復帰などという状況ではないでしょう。

「この期に及んであまりに気休めな報告はやめてもらいたい!」と怒りたいのですが、かく言う私もまだ一縷の望みを持っていたいという輩でございます。

今後の推移をただただ見守るしかありません。
ガンバレなどという陳腐な言葉もかけられない。
何とかこの馬に幸運が訪れますように・・祈るだけです。






Last updated  October 19, 2018 10:58:48 PM
コメント(2) | コメントを書く


October 6, 2018

新馬戦のサンディレクション(Gチャンネル映像)、来週は元気な姿を見せてくれ!

9月の25日からベトナム、マレーシアへの出張。28日には帰ってきたが翌日には会社のゴルフコンペに出て10月1日からインドネシアとオーストラリアに行って昨日帰ってきた。さすがに疲れ果てて今日は何もしない、出来ない。クーラを効かせた部屋でゴロっと横になって競馬でも見ようと決めていた。そんな日にまさかこんなことが起ころうとは・・・。

東京3Rの未勝利戦に出てきたフォーコーナーズ。ご存知我が出資馬ディバインコード君の半弟にあたります、新馬戦は余裕残しの仕上げで5着。岡田牧雄氏のメルマガでも「一度叩いて今回、ガラリ一変が期待できる。」とのコメントがあり、頭もあるなと大いに期待してレースを見守りましたが、4コーナー、そうまさにフォーコーナーでさあこれからというときに脚に故障を発症し競争中止。先ほどJRAから予後不良との正式発表がありました。なんとまあ。


無念・・・©JRA-VAN

この馬はクラブ馬ではなく、母親のツーデイズノーチスを所有されている(正しくは岡田スタッドとの半持ちらしいのですが)諸江幸祐氏の所有馬。ディバインコードが降級後オープン目前の1600万下で足踏みしているとはいえ既に1億円以上稼いでおり、諸江さんもこの馬には大きい期待をかけておられたことでしょう。ツーデイズノーチスにはもう一つ上にステゴ産駒のザスリーサーティもいてこちらも諸江さんの所有馬だったのですが、脚元が悪くてわずか2戦で中央登録を抹消されてしまいました。

諸江さんにとっては運がないとしか言いようがないのですが、競馬はこういう事故とは常に隣り合わせであると再度感じましたねえ。私の出資馬にもいつ降りかかってくるかもしれません。縁起でもないことをと思われるかもしれませんが目を背けてはいけないのです。

This is 競馬。やはり無事で走ってくれるに勝るものはありません。ディバインコード君は例の挫石の症状で復帰が遅れそうですが、良いですよ。決して無理せず12月頃の復帰を目指してもらいたいですね。

フォーコーナーズのご冥福をお祈りいたします。






Last updated  October 6, 2018 05:39:17 PM
コメント(2) | コメントを書く
September 29, 2018

大野騎手とサンディレクション@友人より頂きましたぽっ

昨日、我が出資馬、ディバインコードサンディレクションの2頭の近況が更新されました。
ディバインコード
は帰厩に向けて順調そのものと想定していたのですが気になる事象が出ていましたね:

ダートコースでキャンターを2500m(17~18秒ペース、週2回は4Fから14秒ペースの速めを消化)のメニューで調整していましたが、水曜日の稽古の後で右前爪の内側を気にする素振りを見せたため、獣医に詳しく診てもらったところ挫石の症状と診断されました。馬場入りを休むほどではないものの、まだ下元を少しコツコツして気にしていますので、栗田調教師や厩舎に出入りしている獣医とも相談のうえ、今後の対処やメニューを決めていきます。速めを乗り重ねていくごとに、馬には活気が戻ってきており、状態自体は上がってきている印象を受けます」(公式ページより)

挫石ですか、気になりますね。

挫石(挫跖) 読み:ざせき
走行中に後肢の蹄の先端を前肢の蹄底にぶつけた時、あるいは石などの硬いものを踏んだ時などに、蹄底におきる炎症(内出血)をいう。肢勢の悪い馬、蹄底の浅い馬、時として踏み込みの良い馬に発症しやすい。一般に前蹄に多く発症し、蹄に熱をもち、重度の跛行を呈することもある。(JRA HPより引用)


熱は持っていないようですのでごく軽いものでしょう。これからレースに備えてペースを上げていかなければならないときに残念ですね。昨年の10月から今年の夏までほぼ月1のペースで使われてきましたからもう少し休みなさいというサインかもしれませんね。公式発表のレースより遅れても良いと思います。

早速私の友人が11月中旬以降の1600万下のレースを調べてくれ連絡を頂きました。
11月25日 京都:渡月橋ステークス 1400
12月02日 中山:市川ステークス 1600
12月16日 阪神:元町ステークス 1600
12月28日 阪神:ファイナルステークス 1600:ハンデ
いつも貴重な情報をありがとうございます。
やはり遠征より中山が良いと思いますので、12/2あたりをターゲットにできればいいですね☆彡

さて一方のサンディレクション。高木登調教師のコメントは想定の範囲内でした:

普段の調教ではそんなところはなかったのですが、レースに行って気が入り過ぎてしまったのかスタートしてから外に張り気味。もう少しリラックスして走ってくれれば終いの粘りが増したかもしれませんが、初戦とすれば上々の内容だったのではないでしょうか。実戦を使ったことで少しピリピリしているとはいえ、許容範囲内のもの。次走は距離を詰めることも考えたのですが、乗り役に聞くと『千六でも大丈夫』とのことでしたので、10/13(土)東京・2歳未勝利(芝1600m)へ引き続き大野君で向かいたいと思います」(公式ページより:高木登調教師のコメント)

やはりマイルで来ましたね。変に新潟の小回りを狙いに行かなくて堂々府中、しかもマイルで勝負。良いと思います。大野騎手も手の内に入れられたと思いますので馬が変に気負わず落ち着けばチャンス充分かと思います。今週後半より坂路調教が再開されているようなのでしっかりと内容も見ていきましょう。

明日はスプリンターズS。ワンスインナムーンは絶好調のようですのでこれも期待したい。
あとナイトジュレップ。15年産ノルマンディー期待の40口馬がスーパー未勝利戦に臨みます。
岡田牧雄総帥も「よもや最後のスーパー未勝利を使うことになるとは思いませんでした。(メルマガより)」と自虐気味のコメントではありますが、国枝調教師のコメントではいまだかつてないほどの動きとか・・・・。

勝ち抜けを期待しましょういなずま






Last updated  September 30, 2018 11:05:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 25, 2018

@友人より頂いたサンディレクションの写真、はっきり言ってディバイン君よりイケメン!!

先週はサンディレクションのデビュー戦。まあ新馬戦3着というのはどこにでもある話でニュースネタにもなっておりませんが、なかなか良いレースをしてくれたと思います。次走は府中のマイルか。春のNHKマイルを彷彿とさせるレースを!?(吹きすぎ!)、とにかく大いに期待したいと思います。

さてもう1頭の出資馬のディバインコード君、ようやく夏の連戦の疲れが取れて馬にやる気が出てきたようです:

現在はダートコースでキャンターを2500m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から週2回、4Fから14秒ペースの速めを消化しています。速めを重ねていけば馬がちゃんと理解していて、自らハミをグイグイ取って動きます。だいぶ硬さもほぐれてきましたし、ここ二週で状態面がガラッと上向いてきた印象を受けます。20日(木)に栗田調教師が視察に訪れ、『10月上旬には帰厩させる予定』と話していましたが、飼い葉は与えた分だけ食べているものの、今朝の計量ではまだ504kgと少々物足りない数字でしたので、もう少し体をフックラさせて送り出したい考えです。(先週末の公式ページの近況報告から)

夏は北海道、新潟で計4戦。特に美浦に戻ってきて酷暑の中、新潟まで連れていかれた4戦目はいまから思えば可哀そうでした。ようやく夏の疲れが取れたようでこれからまた秋に向けて準備を進めて行って欲しいです。

公式ページによると次走は
10/28(日)東京 紅葉ステークス(芝1600m・混ハンデ)
11/11(日)東京 奥多摩ステークス(芝1400m・混)

となっていますが、10月上旬に戻して末のレース(しかもハンデ戦)は無いと思いますが、老獪で時に何をするのかわからない調教師さんなので、メンバーとハンデによってはまさかの手に出るのかも。注意深く動向を見守っていきたいと思います。

今週は週中からベトナムとマレーシア、翌週はインドネシアに1週間ほど出張。ブログの更新もままなりませんが出資馬のレースもないし丁度良い。スプリンターズSのワンスインナムーンにはぜひ頑張って欲しいですね☆彡


©netkeiba

お姉さんの底力を弟に見せてやってくれ星






Last updated  September 25, 2018 12:08:29 AM
コメント(2) | コメントを書く
September 11, 2018

@戸棚に飾ったディバインコード

先週は赴任以来、久しぶりの日本。火曜日に帰ってきましたがいきなり台風21号の洗礼を浴びて、翌日は北海道の地震。いやいや災害大国日本を改めて実感しました。今回台風や地震の災害に遭われた方々に対しましては心よりお見舞いを申し上げます。昨日シンガポールに戻ってきましたが、でもやはり、日本が良いですねえぺろり

さて、先週東京の自宅に戻った時にサプライズが!
帰る直前に同じ馬主さんから、「ディバインコード君のゼッケンが当たったので送ります。」との嬉しいお知らせを頂いていてそれが自宅に届いておりました☆彡。

来ていた息子に見せると「これ、凄いじゃん。緑のゼッケンは確か重賞だよ。」と言われて調べると、確かに阪急杯(GII)が12番でしたね。素晴らしい☆彡

早速シンガポールの自室のリビングにある戸棚に飾りました。傍らに道新スポーツ杯の勝利時の写真も添えて。
これで毎朝ディバインコード君と対面して、気合を入れることができますね。

本当にありがとうございました!






Last updated  September 11, 2018 09:52:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 26, 2018

@本日の新潟10R 朱鷺Sを制したワンスインナムーン

本日、新潟10Rの朱鷺S(3歳以上OP、芝1400m)に出走した1番人気ワンスインナムーン(大野拓弥騎手)は華麗に逃げ切り、昨年の同レース以来の久々の勝利を飾ったスマイル。勝ちタイムは1分19秒7(稍重)。2着にショウナンライズ、さらに3着にコウエイタケルが入った。

スタート良く飛び出しスピードの違いで道中は10馬身近い差を保ち、最後のもうひと踏ん張り、全く危なげのないレースでした。少し休養を挟んで馬の状態も完ぺきに戻っていましたね。

昨年スプリンターズSに3着に入ってそのあと海外遠征(香港)。その時の無理がたたったのか今年に入って冴えないレースが続いていましたがようやく復活の狼煙を上げることが出来ました。斎藤調教師も満足のコメントを述べられています。

1200m仕様になっていて、自分からハミを取っていました。ここまで対戦してきた相手が違いますからね。1400mだけが心配でしたが、底力で勝ってくれました。時計も速いですね。この後は、状態が良ければ、賞金が足りればスプリンターズSを考えています。(©ラジオNIKKEI)

是非スプリンターズSに出走出来て昨年の雪辱が出来ればいいですね。

「まだまだあんたには負けないわよ。」
ディバインコード君の前にこれからも立ちはだかって欲しいですなウィンク






Last updated  August 26, 2018 11:03:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 12, 2018

新潟日報賞での本馬場入場@Gチャンネルの映像から

昨日の新潟日報賞に出走したディバインコード君は。きついローテーションの影響でしょうか、8着に惨敗。
よもやの結果に呆然となりました号泣

「やはり出すべきではなかった。」
同じ馬主さんたちも異口同音にこのコメントを述べられています。
レースっぷりに全く本来の持ち味である粘りが見られませんでした。
そう、昨年無理して中1週で臨んだNHKマイルカップのレースを見るようでしたね。

今回はスタートも良くなく、かかって先行集団にとりつこうとしてジョッキーに抑えられ、とちぐはぐな騎乗も影響したと思いますがそれでも本来の調子なら直線で抜けてくるか馬券内には絡んで来たでしょう。

調教師さんに「この馬のレースは出来る。」と進言した北村宏司騎手はレース後このように述べられています。

レースの形としてはうまくいったと思いますが、終い伸び切れませんでした。57.5kgのトップハンデを背負っていた分もあったでしょうし、以前乗せていただいた時と比べると状態面も少し落ちていたのかもしれません。それでも着順ほど負けてはいませんでしたから、決して悲観する内容ではなかったと思いますよ。(公式ページより)

>それでも着順ほど負けてはいませんでしたから、決して悲観する内容ではなかったと

それはちょっと陳腐な言い訳にしか聞こえねえな怒ってる
貴重なこの馬のレースの機会を1回無駄に使ってしまったというのが正直な現状だと思いますよ。
やはりこの馬はきっちり間隔をあけて使った方が良いレースが出来る。
そしてかつてトウカイテイオーを管理されていた松元調教師さんが、「サラブレッドが、良い調子がキープして臨めるのは3戦が限度。」と言われていたようにこの1戦は余計な続戦だったようです。

とにかく、ディバインコード君はこの秋以降に再度オープンクラスへチャレンジとなります。
確かに悲観する必要はなくこの夏しっかり充電して頂いてまた元気な姿を見せてくれたらと思います。

お疲れ様、良い夏休みを☆彡

そして今日のノルマンディーの馬達の健闘にも期待しましょう!






Last updated  August 12, 2018 10:01:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 9, 2018

@春雷Sの本馬場入場前、また北村宏司騎手とのコンビが復活だ☆彡

明日、というかもう今日ですな、はシンガポールの独立記念日で祝日だそうです。私は休みが単純に嬉しいだけですが、TVでは首相のメッセージとWe are Singaporeの歌が流れる。この歌が最近の朝のニュース番組の合間に流れるんですが、朝聞くと中々いい歌なんでちょっとリンク致します。


昨晩は一応シンガポールらしいフードコートで乾杯して、繁華街のカラオケ屋で歌ってきてちょっと前に帰宅です。


どうでもいい話は置いといて、今週末の新潟日報賞へ、ディバインコード君、やはり出走の運びとなりました。結論を遅らせるということはできるだけ出す方向を模索するということなので出走させるのだろうなと思っていました。

今回の出走については同じ馬主の皆さんからも色々意見が出て、それでもまあメンバー的に恵まれたから行っても良いか!という流れになりかけたのが、月曜日のハンデ発表でなななんと、57.5キロと1頭抜けたハンデ頭。さすがにこれでは使わないだろうという意見が大勢を占めたのですが、結局水曜日の朝の追切に跨った北村騎手の意見も聞いて栗田師のGOサインが出たようです。

出るからには頑張って欲しいし、チャンスはあると思います。
北村騎手には思い切った競馬、内枠なら逃げるつもりで前に出して行っても良いのではないでしょうか?
前走のように相手のペースに合わせて結局前を捕らえきれなかったという不完全燃焼だけは避けてほしいな。

宜しくお願いします☆彡ウィンク






Last updated  August 9, 2018 07:20:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 5, 2018

@道新スポーツ杯、勝利時写真より

先週は月曜日からジャカルタ出張。水曜日に帰ってきて金曜日にはバンコクへ行って土曜日に帰着。さすがに少し疲れましたね。今日は何もせずただ部屋でのんびりと過ごした。そろそろ夏休みが欲しいところだが今年はお盆もこちらでお仕事となりそうで、参ったねえという感じです。8月の終わり頃に休みを少し取りたいものだ。

6月から既に3走したディバインコード君も夏休みに入りたいところでしょうが、公式ページによれば11日の新潟日報賞に向かうことが濃厚といった感じです。

涼しい函館で調整していたので、さすがに美浦の厳しい暑さに少々戸惑っている様子。キリッとした目つきでバテている感じはしないものの、この中間は日によって飼い葉を残すこともあるなど、精神的にややナーバスになっているのが見受けられます。週末に時計消化を行う予定ですが、来週8/11(祝)新潟・新潟日報賞(芝1400m・混ハンデ)に向かうかどうかは、馬の状態や追い切りの動きなど直前まで慎重に判断させてください。(栗田博憲調教師談:公式ページより)


本日夕方のJRA発表の特別登録馬にはディバインコードの名前が見られました。
やはり今週末のレースに向かうようです:

©JRA公式ページより

確かに新潟の1400mはこの馬にとって得意中の得意。しかもメンバー的には恵まれた印象。9/1の長岡Sでは距離がマイルになるのでもっとメンバーが揃う可能性が大。ここでオープン復帰を果たせればという陣営の狙いもわかります。8月1日から連日の坂路入りで函館でほぼ仕上がっているので後は直前にWコースでさっと時計を出せばいいという判断なのでしょう。

©JRA-VANより

栗田調教師は無理をしない調教師さんなので、大丈夫という判断をされたのなら素直に応援をしたいなと思います。おそらく水曜日あたりに追切ってそこで最終判断がされるものと思いますが、美浦の暑さもそこそこのレベルで、調子落ちが無いよう順調に行って欲しいと願うばかりです。

さすがにこの後は一息はいるものと思います。
この夏の大目標であるオープン復帰をぜひ次走で成し遂げて欲しいです。

さあ、ディバインコード君。次頑張って夏休みをゲットしよう☆彡






Last updated  August 5, 2018 11:32:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 1, 2018

道新スポーツ杯・迫力のゴール前、勝ててよかった。

先週からいよいよ札幌、新潟、小倉へと舞台を移し夏競馬も本番になってきた。
先週はノルマンディーは勝ち鞍なし。やはりと言っては何だが勝てる馬、勝てそうな馬が限られてきていますね。先週のナイトジュレップは期待の40口募集の馬なんだから良いところ見せたかったはずなんですがちょっと足らない感じですね。いったん地方へ出てまた中央復帰を目指すことになりそうですが、長く走っていれば良いことも見えてくるものです。あきらめないで粘りましょう。

さてノルマンディーの公式ページで勝ち馬写真募集のお知らせがあったのでディバインコード君の道新スポーツ杯の写真を注文した。冒頭の写真がそれなんですが以下に一部を紹介します:




さすがにプロの写真だけあってよく撮れています。ディバインコード君は本日久しぶりに美浦坂路で4F 68.4秒の時計を出し11日のレースに向けて順調のようです。まあレースが続いていますので後は直前にさっと追う程度でしょう。

まだまだ日本は酷暑が続いているようですが、ここシンガポールも暑いですよ。
曇天の日はまだしも晴れ上がってくると直射日光の勢いは日本とは違うなあと思いますね。
そんなときのスタミナ補給はこれ、豚肉のあばらスープです:


こちらでは、バクテー、肉骨茶と言います。
たっぷり入った香辛料とニンニクのスープを飲めば疲れはどこかに行ってしまいます。
あ、忘れていました。これも欠かせません。


ということでディバインコード君も暑さ対策をしっかりして11日のレースを迎えてくださいね。






Last updated  August 2, 2018 08:42:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全93件 (93件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.