123850 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

全93件 (93件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

出資馬(ディバインコードその2)

February 10, 2018
XML

@東京新聞杯のGate前のディバインコード君:デジカメの限界、ピンボケでごめんな

先週、夏のインド、シンガポールから帰ってきたせいか、体の調子がいまいち。咳とのどの痛みに鼻水が~。
いつもは某所(都内数か所の候補地にて?)弾ける金曜日の夜も昨日は地元の居酒屋でやきとりを食って熱燗のんで早々に帰宅した。


今夜は大学時代の友人たちと(深い)飲み会になるのでこれから医者に行って薬をもらって来よう。

先週の東京新聞杯で大健闘のディバインコード君は今週は厩舎でおとなしく過ごした様だね。
さて中2週で阪急杯へ向かうのか?注目の栗田調教師の近況は21時ごろに更新された(以下公式ページより):

追い出してからまだ突っ張った格好で走ってしまう分、決め手比べになってしまうと分が悪いですね。それでも好メンバーが揃った一戦で自分の力は十分示してくれましたし、そう悲観する内容ではなかったと思いますよ。走るフォームにしたって、これから成長とともにもう一段階変わって重心が沈んでくるはずです。レース後の状態も変わりなくきており、次走については当初から予定していた2/25(日)阪神・阪急杯(G3・芝1400m)を目標とさせてください。もし、除外されるようならば3/11(日)中山・東風ステークス(芝1600m)も視野に入れていきますが、阪急杯に万全の態勢で向かえるよう調整していきます。

やはり追い出した時の姿勢のことを言及されていますが、「これから成長と共に変わってくるはず」と前向きに捉えられていますね。阪急杯は1400mというディバインコード君にとって最も力を発揮できる距離なので、是非出てもらいたい。レッドファルクスモズアスコットなど強豪がひしめき合う状況と想定しますが、今の彼の充実度ならチャンスは充分。今回は声を出して「大いに期待しています!」と言いたいですね。

先週の東京新聞杯のディバインコード君のレース振りについてもうひとつ面白いコメントが有ったので引用しよう:

東京新聞杯回顧 5着:ディバインコード
先団の内からしぶとく粘りこんだ。展開に助けられた部分はあるはNHKマイルカップ以外は全く崩れておらず実に堅実な馬。このレベルなら立ち回りひとつで勝ち負けに持ち込むことも可能な渋い実力馬だ。©競馬TIMES


渋い実力馬。今の彼を表現するには適切な言葉でしょうね。気に入りました。ま、出られるかは18日の登録を待つしかありませんが色々な意味で期待しています。

さて今週は変則3日間開催。今日は東京競馬は無し。ノルマンディー関係では、ブランメジェールが小倉まで遠征して、500万下の1000m戦に挑む。いい加減に勝って欲しい。この馬にも相当馬券ではやられているが苦笑・・。

今日こそは決めてくれるでしょう☆彡






Last updated  February 10, 2018 08:47:39 AM
コメント(0) | コメントを書く


February 8, 2018

マッチョマン、ディバインコード君@ある同じ馬主さんより

本日の公式サイトによるとディバインコード君の次走は2/25(日)阪神 阪急杯(G3・芝1400m)を目指すとの由。

行きますか!?確かにこれまで1週間前のシルクロードSから阪急杯のローテーションは栗田師も明言されていましたし、中2週となりますがローテ的には問題ないと言えます。ただ東京新聞杯が結構激しいレースでしたから疲れが残っていないかそれだけですね。まあその辺は栗田師が見て頂けると思いますので陣営の判断を尊重しましょう。

もっとも残念ながら本レースは有力馬が集結しそうで除外の可能性が高いと思いますのでその場合は翌週の中山のオーシャンS(GIII)を視野に入れることになるでしょう。

ところでいつも全力で走っていると信じて疑わなかったディバインコード君は実はしたたかな奴だったという噂が~
というかさる筋から、ディバインコード君に騎乗したことのある騎手がこんなことを述べていたそうな:

ディバインコードは良い馬ですよ。
でも人を舐めているというか本気で走らないところがあり抵抗する


荒波そうなんですか。まあ実際跨った騎手が仰っているからそういう所はあるのでしょうね。このまま人間を舐めたまま(?)終わっては持っている素質の割には能力を出し切れなかった馬ということになりますが、ディバイン君が勝つ味を覚えて覚醒したら無敵の王者になる可能性もあるということでしょうねえいなずま
前向きに捉えたいと思います。

6日には明け6歳のルールソヴァールが佐賀記念で重賞初制覇を成し遂げました。別の馬かと思うくらい強い競馬でした。最近の安定感も秀悦です。これぞ覚醒ですね。まだまだ2年くらいは走っているかもしれません馬

ディバインコード君もまだ焦らず、末永く活躍して欲しいと切に思います。どきどきハート






Last updated  February 8, 2018 12:21:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 4, 2018

@東京新聞杯、直線の激走!

本日の東京競馬、第11Rの東京新聞杯(GIII、1600m)に出走したディバインコード君は激走、5着いなずまに入りました。

今日は日差しも照り付け良い天気となりました。気温も10℃を超えたんじゃあないでしょうか。競馬観戦には良かったんですが、馬場も良馬場となり当初想定した馬場が悪くなって各馬の切れ味の持ち味が消されるような状況ではなくなりましたね。

さらにお天気も手伝ってか、大変な人出となりました。

@パドック最前列から振り返ればこの状況・・・

パドックではほぼ満杯の人出となり前のレースから場所取りを行っていたので辛うじて最前列は確保できましたが、さすがにメンバーが揃った重賞ということで競馬場全体が非常に盛り上がっていましたね。

パドックではディバインコード君はいつものように落ち着いていました。でも重賞ですからね。サトノアレスダイワキャグニーも大変良く見えましたね。

@パドックのサトノアレスとディバインコード

ディバインコード君は状態は万全、枠も良いところ引いて理想的なレースが出来たと思います。直線、私はデジカメのファインダー越しに見ていましたので状況が良く分からない、ただ同行した息子が「ディバインコード、行け~!」と絶叫していたので「良いレースしてるんだ。」とシャッターを持つ手が震えました。

@やっぱ、シャッターが震えとるか。

最後リスグラシューらに交わされましたが、それでも掲示板死守の5着。えらいです。
最後に北村宏騎手のコメントを公式ページから引用します:

「抜群のセンスでスタートが速く、行けばこちらが先手を奪えるくらいにダッシュも利く。ただ、今日は行きたい馬(トウショウピスト)も分かっていたし、その後ろで我慢させてなるべく直線までエネルギーを溜めたいとレース前からイメージしていた。ほぼ理想通りに直線まで進められたと思いますが、もう少し外目に持ち出せれば尚のこと良かった。稽古で跨がった際にも感じていたことですが、追い出してから少し突っ張るような格好で抵抗するところがあり、加えて決勝線手前では内の馬(サトノアレス)に何度かぶつけられる不利を受けながら、最後までよく粘って頑張ってると思いますよ。より1400が最適なのは確かだけど、このメンバー相手に今日の内容を考えれば、距離に関してもマイルが駄目ということはない。まだ4歳でこれからもっと力を付けてくるでしょうね」

どんな状況でも全力を出し切る。それがディバインコードですね。今日は本当に良いものを見せてもらいました。
感謝します。ありがとう☆彡






Last updated  February 4, 2018 10:30:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 3, 2018

ディバインコード君©東京スポーツ新聞

今朝5時半に羽田について7時前に家に帰ってきた。風呂に入って午前中は睡眠の追加。午後は普通の生活だ。やはりアジアは時差が少ないので助かる。外の寒さが問題だけど明日は予定通り府中に見参と行きましょう上向き矢印

現時点で前売り11番人気。単勝倍率は50倍を超え過去最高というか最低人気だ。確かに先週のシルクロードS(出てればかなりの人気になっていたでしょう)を除外され矛先をここにせざるを得なかったということも嫌われている一因と思いますが、そんなことは馬は関係ない。1週空いたことで状態がさらに良くなっていますし、他馬の目標はもっと先にある。良い枠を引いたし、馬場も味方しそうだ。今回一泡ふかすシーンを期待したい。

同じ馬主さんからこんな素晴らしい東京スポーツ紙の記事をご紹介いただいた。一部引用してみよう。:

【東京新聞杯】1番人気10連敗中…ならグイグイ上昇ディバインコードの出番だ!
3着に終わった昨年12月9日のリゲルS後は短期放牧を挟んでの仕上げ。「先週の時点でほぼ仕上がっていたとはいえ、1週間の猶予ができて、より整えやすくなった」次にメンバー構成だ。「ウチのが3着に負かした馬が人気になるようなら」と“モノサシ”に挙げられたのはグレーターロンドン。ディセンバーSでは、同じく栗田博厩舎のマイネルハニーの0秒3差3着に屈した馬が1番人気候補なら…というわけだ。
 さらには空模様が、指揮官の手応えをより大きなものにしている。ディバインコードの母ツーデイズノーチスは不良馬場の09年アネモネSを制した道悪巧者となれば、期待が膨らむのも当然だろう。「頭の高い走法からも、道悪は上手なんじゃないか。他が苦にするようなら…」決め手をそがれる有力馬を尻目に、ディバインコードが重賞初制覇を成し遂げる可能性は、決して低くはないだろう。


さすが東スポ!しかし「重賞初制覇」とは大きく出ましたね。でも嬉しいです。どうしても弱気になりがちな今週でしたが、この記事のおかげで視界がぱっと開けたような気がします号泣

またよく週末に見る「競馬LAB」の水上学氏のコラムではお宝馬に指定されている:
$お宝馬
④ディバインコード
先行できて上がりが使えるという意味では、この馬も挙げられる。マイルなら堅実なのに、人気の盲点となっている。この馬のマツリダゴッホ産駒らしからぬ切れは、爆発力ある末脚を持ちながら未完の大器に終わった母ツーデイズノーチス譲りであると考える。


このひとの予想あんまり確率が良くないと思いますが(笑)、まあ無視されるよりは全然いい。確かに今回人気が無さすぎる。

そして30年近く愛読している日刊ゲンダイの土曜日に連載中の塩崎利雄の「止まり木ブルース」
ここにもなんとディバインコード君が登場したのだびっくり

・・・「自分はここへきてメキメキ力をつけてきた戸崎圭太の⑨ハクサンルドルフを挙げます……もう1頭大穴で④ディバインコード……先行してしぶといところのある馬……少し時計のかかる馬場になりそうなのも好材料で……」
10番人気以下になりそうな穴馬を追加する大西。・・・


昔と違って競馬全体のレベルが上がって重賞となると中々出ることすら難しい状況になってきている。今回もディバインコード君よりお値段的に、デビュー前の期待値にしてもはるかに上のランクの馬達ばかりだ。

そんな中で勝つことは無理でも、掲示板、あわよくば馬券内に絡んできて周囲をあっいなずまと言わせてほしいですね。明日はこれしかない「ディバインコード君の複勝馬券」で勝負したいと思います星






Last updated  February 3, 2018 09:00:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 2, 2018
rblog-20180202083405-00.jpg
@31日の最終追い切り、最後グンと加速!

日曜日のGIII東京新聞杯に出走するディバインコード君。
今週は新コンビとなる北村宏騎手を背に一杯に追われました。調子はいいようですね。
今週の出走予定馬については一日早く近況が更新される。以下公式サイトより:

1月28日(日)にWコースで4ハロン59.0-42.6-14.1を単走で馬ナリに追われ、31日(水)にもWコースで5ハロンから1.2秒追走して併わせ、67.2-52.2-38.3-12.5を一杯に追い切りました。

「最終調整は北村宏司騎手を背に、長目からビッシリと負荷をかけて追い切りました。反応も上々で鋭い伸び脚を見せてくれましたし、状態に関しては申し分のないデキで臨めそう。今回はG1馬が3頭出走してくる強敵揃いのメンバーを相手に、自分の競馬をしてどこまで通用するか。距離に関してはマイルが範囲内ギリギリかもしれませんが、以前よりも馬に落ち着きが出てきましたので、この条件でも頑張ってほしいですね」(栗田博憲調教師)以上引用終わり。

栗田師も今回は流石に大きいことは言えないようです。
いつもの自信の度合いで変わる栗田節、

恥ずかしい競馬はしない<好勝負になる<勝ち負けを期待

というフレーズが一切出てきません。
それもやむなきこと。このメンバーですから。
私も今回はnetkeibaの掲示板もスルーして静かにレースを見守りたい心境でした。

しかし映像を見ると最後併走馬を置き去りにした圧巻の最終追い切りだったようです!
後悔だけはしないように、口取りの応募も忘れずに完了☆
密かな期待だけは持って応援したい。
私も31日は辛いインディアンバーベキューをしこたま食べて充電は完了☆!?ウィンク
rblog-20180202082735-01.jpg


気の利いた言葉は思い浮かばないけどシンプルに言おう!
頑張れ!ディバインコード!!星









Last updated  February 2, 2018 08:35:32 AM
コメント(2) | コメントを書く
January 30, 2018
rblog-20180130211735-00.jpg
@東京新聞杯の馬柱

来週4日のディバインコード君の東京新聞杯出走がこのまま行けば確定しそうだ。月曜日の朝から出張のわたしは、週刊競馬雑誌も買えずにやきもきしていたが同じ馬主さんから写真を送っていただいた。まあそこそこ印が付いているので一安心だねウィンク

ちょっと心配なのは雪で今のところ金曜日にまた積雪が予想されている。
先週ほどではないとの由で、先週大雪にも関わらず、見事に開催にこぎ着けたJRAのご努力がまた見られるでしょうね。
とにかく出来るだけいい状態で走らせて上げたい星

今週当方は極寒の羽田を飛び立ち、インド、シンガポールへの出張だ。
行きの乗り換えでシンガポールに降りたったときの熱気(30度以上!)にはさすがに参りましたしょんぼり

rblog-20180130210024-00.jpg
インドの町は車、車の波だ。インドはおよそ二年振りで今宵は辛い料理とキングフィッシャービールで乾杯だな。健康になって呑めることに感謝だ。

ディバイン君は明日追い切られるはずだ。私も今週は黙々と仕事をこなそう。
日曜日に無事に府中に応援に行けることだけを楽しみにしてね大笑い






Last updated  January 30, 2018 09:20:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 28, 2018

@NHKマイルカップでのパドック(いつも誰かが気になってる?)

今週、ノルマンディーの出走馬には大いに期待したんだけど未勝利に終わった。
土曜日のプラチナムバレットはやはり久々のせいか重かったですね。
日曜日は一番期待したブラックジェイドがスタートが悪く騎手が気合をつけたら行き過ぎてしまって最後粘るも3着。ブラゾンドゥリスは果敢に先行、ペースが速かったせいもありますが最後見せ場は作れませんでした。重賞の壁は厚いですね。残念!!

今週のシルクロードSを除外され来週4日(日)の東京新聞杯(GIII、1600m)に回ったディバインコード君はフルゲートに満たないため出走可能となりました。


©netkeiba

うーーん、これはちょっとねえ、厳しいメンバーとなりました。サトノアーサーは10日の洛陽ステークスに回りましたが、グレーターロンドン、サトノアレス、リスグラシュー、ダイワギャクニーと現在格上と思われるメンバーが揃いました。なんと現時点で想定オッズは40倍を超えていますしょんぼり

先に述べた上位4頭はかなり強力ですから、どこまでやれるかでしょう。差がなく掲示板に乗れば言うことなしですね。ここで良いところを見せてくれれば成長の証を示すことが出来、また今後への期待も大いに膨らみます。幸い調教は白富士Sを勝ったマイネルハニーを相手に抜群の動きでしたから今回も彼なりにベストのレースをしてくれることは間違いない。
今週も後半は東京は雪予報。寒さも和らいでほしいですね。

密かに期待をしています☆彡






Last updated  January 28, 2018 10:40:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 26, 2018

@今週1/24のマイネルハニーとの併せ馬、順調だったが・・

今週のシルクロードステークスに登録していたディバインコード君は収得賞金の関係であえなく除外の憂き目にあいました。

しょんぼり残念ですね。初めての1200mでしたが、京都のコースもあっているしメンバー的にもレッドファルクスのような大物もいないので期待していましたが、ここぞとばかりに大挙登録があり、このレースにしては珍しくフルゲートになってしまいました。

その中に入れず、残念無念の除外となったディバインコード君は翌週の東京新聞杯(GIII、1600m)を目指すようです。
以下公式ページより栗田調教師のコメントを引用します:

除外も考慮してやや控えめの内容ではあったものの、二週続けてOP馬マイネルハニーと長目からの追い切りを消化。躍動感溢れるとてもいい動きを見せていましたし、なんとか出走枠に入れたらと願っていたのですが…出馬状況に動きはなく、除外となってしまって大変残念に思っています。例年、頭数割れしているこのレースから2/25(日)阪神・阪急杯(G3・芝1400m)へと考えていただけに、ローテーションを考え直さなくてはなりませんね。ただ、帰厩して追うごとに状態が上向いていることは間違いなく、もう1本ビシッとやればさらに良化が見込めそう。来週2/4(日)東京・東京新聞杯(G3・芝1600m)に北村宏司騎手で向かうつもりです。

昨年の秋に収得賞金の上乗せを図っておきたかったですね。でもこればっかりは仕方がありません。幸い馬は順調に調整されていますので、翌週の東京新聞杯で頑張ってもらいたいと思います。結構メンバーが揃いそうですが、そんなことも言ってられません。府中なので遠征の心配もなし、馬場も良い状態で前残りも期待できます。新しいコンビの北村(宏)騎手との相性が気になりますが、馬はいつも頑張ってくれるので大丈夫でしょう。

今週「かます」ことは出来なかったが、来週あっと言わせてください星






Last updated  January 26, 2018 01:07:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 21, 2018

ミラビリア快勝!!

本日の中山第1レースに出走したミラビリアが見事に勝利。ようやくノルマンディーの中央場所での初勝利を飾りました。
ミラビリア
牝馬 栗 2015/3/31生
父:マツリダゴッホ × 母:タニノエクセレント(母の父:ブライアンズタイム)
生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:美浦・中舘英二厩舎
総口数:400口  募集総額: 880万円

単勝6.8倍とそこそこの人気、応援を込めて単勝を買っていましたが実際のところは半信半疑でした。ところが文句のない快勝。大変失礼しましたぽっ
田辺騎手もテンが早くなると感じたのか番手に控えて4コーナー手前から進出、最後は余裕がありましたね。
「射程に捉えてからの伸び脚は力強かったですね。伸びしろもありそうというか、奥がありそうというか、まだまだ多分に成長の余地を残していると思いますので、今後が楽しみです。現状はダートの方がいいのでしょうか」(田辺裕信騎手)

なるほど牧雄総帥がメルマガで「今の未勝利のメンバーなら能力だけで間に合うはず。チャンスは十分あるはずです。」と述べられていたような結果でした。募集価格も超格安ですし、父マツリダゴッホも良いウィンク。距離が伸びても良さそうだしノルマンディーらしい馬として今後の成長を大いに期待したいですね。

そして来週のシルクロードステークスだ。と気合を乗せようと思ったら、とんでもないことに:

1月28日(日)、京都競馬場で行われるシルクロードステークス(4歳以上GIII、芝1200m)の登録馬は以下の通り。
ニシケンモノノフ
セイウンコウセイ
ファインニードル
ラインミーティア
ダイアナヘイロー
カラクレナイ
ナックビーナス
ミッキーラブソング
キングハート
ロードクエスト
ナリタスターワン
タマモブリリアン
フミノムーン
アットザシーサイド
アレスバローズ
グレイトチャーター
ユキノアイオロス
セカンドテーブル
以下、除外対象馬
スマートカルロス
ディバインコード
アクティブミノル
コスモドーム


なんとこのままではディバインコード君は除外の憂き目に。ニュージーランドTの悪夢が再びですね。まあ2頭が回避してくれれば順番が回ってきますからまだ希望は捨てないでおこうと思いますが、これは参ったわからん

幸運が起こりますように、ただただ祈ります星!!






Last updated  January 21, 2018 11:19:16 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 20, 2018

橘ステークスでのパドック。来週はこんなにのんびりとした感じではないだろうなあ。

ディバインコード君の次走、シルクロードステークス(GIII)まであと一週間となった。さすが重賞レースとあって現段階から予想オッズなどが出ている:

シルクロードステークス2018出走予定馬・予想オッズ
日程:20181.28 出走馬頭数:18頭
場所:京都競馬場芝1200M
4.8 ナックビーナス 横山 杉浦 ダイワメジャー カーバンクル1
5.1 ダイアナヘイロー 武豊 福島 キングヘイロー スプリン15
6.0 ファインニードル デムーロ 高橋 アドマイヤムーン スプリンター12
6.9 セイウンコウセイ 幸 上原 アドマイヤムーン 京阪杯7
10.1 ニシケンモノノフ 庄野 メイショウボーラー jbcス1
10.2 ディバインコード 栗田 マツリダゴッホ リゲル3
15.0 ロードクエスト 池添 小島 マツリダゴッホ カーバンクル3
19.0 イッテツ 石橋 斉藤 Invinciblespi 京阪杯3
20.2 セカンドテーブル 水口 崎山 トワイニング CBC賞2
21.0 ミッキーラブソング 和田 橋口 キングカメハメハ タンザナイト1
23.0 カラクレナイ デムーロ 松下 ローエングリン 京都金杯6
28.8 アレスバローズ 角田 ディープインパクト 南総S1
35.9 キングハート 星野 オレハマッテルゼ オパール8
58.0 タマモブリリアン 南井 ダンスインザダーク カーバンクル5

これは一例であるが、そのサイトを見てもどうもディバインコード君は4,5番人気の評価のようで単勝オッズも10倍に近い。これは「一発かましてやれ星。(栗田調教師)」と言いたくなりますね。

「本気競馬」というサイトでは以下の通りディバイン君の寸評が書かれていた:
シルクロードS 出走予定馬 /ディバインコード
復帰後3戦は3着・2着・3着とあとひと押しが利かないが、好位からの安定した取り口には好感が持てる。今回が初めての1200mとなるが、姉のワンスインナムーンはスプリンターズS3着の快速馬。こちらもラストの伸びを欠く近況だけに、この路線転向は吉と出る可能性が高い。5走前の橘ステークスの勝ちっぷりから、平坦コースも大歓迎。

まあまあ、中々好意的に見てくれていますね。正直このレースはロードカナロア級など出ていないわけだから実は大いにチャンスがあると見ています。あんまり期待しすぎないように気をつけなきゃいけないです。これから1週間の気持ちの高ぶりを抑えて出来るだけ冷静に見ていこうと思っています。

昨日の栗田調教師の近況コメントも予想通り。「勝負になる」と踏んでおられること間違いない:
「右前に見られる小さな骨瘤はいまのところ小康状態で、進めていくうえで特に影響はありません。同じく来週の競馬を予定しているOP馬(マイネルハニー)相手に、水曜日はゴール前までビッシリと併せて負荷をかける内容。すこぶる順調に調整できていますし、帰厩時はまだ全体的に冬毛が残っていましたが、それも徐々に抜けてきています。1/28(日)京都・シルクロードステークス(G3・芝1200mハンデ)に浜中俊騎手で向かいます。初めてでも1200mに対応できるスピードはあるし、楽しみにしていますよ」(ノルマンディー公式ページより)

明日のノルマンディーは3歳馬ではミラビリア、ブリリアントリリー。4歳馬ではブランメジェールに今年の中央場所でのクラブ初勝利を期待しましょう☆彡
来週に向けて景気付けをよろしく!!






Last updated  January 20, 2018 07:43:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全93件 (93件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.