110312 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

競馬よもやま話

December 25, 2019
XML
カテゴリ:競馬よもやま話

2018年2月4日東京新聞杯、この時も強かったリスグラシュー(内で頑張るディバインコードピンクハート

有馬記念のリスグラシューにはびっくりした。
リスグラシューショック☆彡というかアーモンドアイショックというか。参ったね。
欧州、豪州のG1を連勝してきたからと言っても実力ではアーモンドアイが1枚も2枚も上と思っていたし、さらにマイルの馬とのイメージがあったので正直レース前には有馬記念を勝つイメージがこの馬には沸かなかったしょんぼり

直線の入り口でアーモンドアイが先頭に並びかけ、その後期待したサートゥルナーリアが力強く迫ってきたときには、よしこの両頭で決まった!!って一瞬思ったのですが、そのあと外からまとめて交わしたリスグラシューの脚の何と力強い事☆彡。国枝調教師ではないがゴール前ではボー然とTV画面を眺めるだけでしたびっくり

私の出資馬だったディバインコード号も2018年2月の東京新聞杯で一度戦っている。この時ディバインコード号は5着と健闘したんですが、リスグラシューには完敗だった。着差はそれほどでもなかったですが、特にこの中では抜けている感じがしましたね。

リスグラシューアーモンドアイ。一体いくら稼いだのか気になって調べるとこんな感じです。


リスグラシューⒸ1口馬主DB


アーモンドアイⒸ1口馬主DB

もう笑うしかないという感じですね。間違いなく今年を代表する両馬。有馬記念の結果からリスグラシューが年度代表馬となるのは間違いないでしょうが、両馬とも大変な稼ぎようです。その両馬を所有するキャロットクラブはまさに我が世の春。

しかも募集価格が3000万円だから、デビュー前はここまで走ると期待、騒がれた馬ではなかったはず。こんな馬を引き当てられた方々はほんと幸運だったなあと思います。私も人生で1度で良いからこんな馬に巡り会いたいものです。

是非ノルマンディーでスマイル☆彡






Last updated  December 26, 2019 08:19:41 PM
コメント(0) | コメントを書く


November 10, 2019
テーマ:競馬全般(4851)
カテゴリ:競馬よもやま話

昨日のスポーツ紙の1面、さて結果はいかに!?

先週は3か月ぶりに日本出張。昨日の深夜にシンガポールに戻ってきた。
3日の日曜日からだからちょうど1週間の出張。大阪の母親のところにも寄ることが出来た。



昨日のANA便はバスで移動。おかげで良い写真が取れた。
基本的に私はJAL一辺倒なのだが、マイレージの観点からはアジアではANA、SQ、Thai航空が揃うスターアライアンスの威力が強力。最近はもっぱら帰国便はANAだ。
今回も成田でANAラウンジを使用。寿司の握りのサービスや地酒のラインナップなど決して内容はJALに引けを取らない。感心しました。





さて、今日は移動疲れもあって完全休養日。
エリザベス女王杯についてもなんかこれといってピンとくる馬がいない。
こうなったら頼みの綱は相変わらず好調の息子の馬券予想。
私の帰る直前にも京都にて60万円位の配当をゲットし、「1倍台の川田騎手は危険しかないです。」と言うことにも堂に入ったものだ。またそのレースで切り上げて、帰りに電器屋でiPhone-11を買うなど逃げ方も大変お上手ウィンク

その息子から成田出発前にLINEが入っていて、エリ女はスカーレットカラーを本線に馬単で勝負するとの由。
確かに結構人気だから馬単でないと配当の妙味が少ない。

私も100%その予想に乗っからせていただきます(笑)!






Last updated  November 11, 2019 10:40:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 29, 2019
カテゴリ:競馬よもやま話

川崎の田邉厩舎でくつろぐダブルミリオンⒸ馬主様ご提供

先輩の所有馬、川崎のダブルミリオン嬢が調教中に骨折を発症し、競争能力喪失となってから1週間余りが経過した。
昨日、その先輩から連絡があり調教師さんと打合せた結果、新冠の生産牧場「大作ステーブル」に繁殖馬として今後の生活を送ることになったとの由。前向きな方向が導かれ良かったと思います。ま、中々大変だとは思いますが・・ぽっ

ダブルミリオン嬢はあのまま競走馬生活が続けられたとしてもまだまだ伸びしろはあったし、本当に残念ですが、これからは別な楽しみが出来たというもの。若くて引退になったこともあり、産駒も元気な若駒がどんどん出てきそうな気もします。ま、それはそれで結構大変だとは思いますが・・クール

そんな下世話なことより、ではこの馬にはどんな種牡馬が合うのでしょうか?
勝手に考えてみました。


ダブルミリオンの血統図Ⓒnetkeiba

彼女はダートにおいてダッシュが効いて軽快なスピードが持ち味でしたので、その特徴がさらに生きる種牡馬が良いんでしょうね。やはりお値段にもよるしね。
ヴァーミリアン、スマートファルコン、メイショウボーラー、アグネスデジタルなどがノルマンディーの募集馬から思い浮かぶがさすがにSS系はどうだろう?母父フジキセキだしね。
いろんな意見を聞きたくてこの件を私のノルマンディー関連の馬友達のLINEに乗っけたら、
ご予算は?
うーん、分からないけどやっぱり100万円以下じゃない?

とのやり取りがあった後、いろんな意見を頂きました。

・去年までだったらアイルハヴアナザーの一択、フジキセキとの相性抜群だった。(残念☆彡)
スノードラゴンは20万だって。サンデーサイレンスの3x3にもなる。(SS系も有りなのね!)
ヴァンセンヌの産駒の評判はいいそうだ。
ワールドエースとかでSS系の血を強くする!
フレンチデピュティ系xフジキセキなんてのもニックスになる。(クロフネ良いけど、高いかな??)
ミッキーロケットは?やはり新種牡馬が良いよ。
・母系がタキオンと相性が良いのでディープスカイはどう?
・割安で血統を考えたらラニなどもおすすめ。(父は米国ダート界を席巻、面白いかも!)


皆さん、こういった件では一家言お持ちの方ばかりなので盛り上がりそうな気がしておりましたがそれにしても凄い反応で短時間に沢山のコメントを頂きました。
そのまますべて先輩に送りましたが、
「いやいやビックリ、こんなに盛り上がっていただけるとは。馬主冥利に尽きますね☆彡」と感激されていました。

ということで来春の種付けが楽しみになりました。期待しています☆彡






Last updated  October 29, 2019 11:39:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 19, 2019
カテゴリ:競馬よもやま話

トレーニングセンターにおけるダブルミリオン嬢☆彡

今週は出張は無し。シンガポールで1週間を過ごした。
昨日の午後、さて今日はどこに飲みに行くかなって考えを巡らせていると先輩からメールが入っていた。そうか、持ち馬のダブルミリオン嬢が月曜日に出走の予定だったな、枠順でも決まったか?と思ったらスマホの表紙に「残念なお知らせが・・」と出ていた。えっ?出走は決まりのはずなのにと思ってスマホからメールを開けると思わぬ内容が記されていました:

先ほど調教師さんから連絡があり、本日の調教の後、ダブルミリオンの歩様がおかしかったので獣医に見せてレントゲンを撮ったところ、右前脚種子骨骨折と判明。競争能力喪失との判断が下されたとの由。調教師さんから、大変申し訳ないと。本当に残念です。(先輩からのメール)

なんと、来週のレースは前回勝った同じC1クラスで確勝を期して調整されていると聞いていたので、今日のお知らせはまさに寝耳に水でした。中央で勝てずにラフィアンクラブからオークションに出されてその後、1年間の間になんと5勝をあげて今後の活躍が益々期待されていたのになんとも残念な結果となりました。

確かにこれまで2回ほど休養があり脚元がそれほど丈夫でない印象がありましたが、それしても調教中の骨折とは残念です。せめてもの救いは予後不良にならずに命が助かったこと。もうあの1年前のような悲劇は見たくありません。

先輩によりますと来週調教師さんと繁殖牝馬としての道について相談なされるとの由。
良い方向が見つかることをお祈り申し上げます。

お疲れ様でした。ダブルミリオンさん、ひとまずゆっくり休んでください☆彡






Last updated  October 19, 2019 11:38:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 15, 2019
カテゴリ:競馬よもやま話

昨日の川崎に出走したダブルミリオン嬢(6番)はスタートの不利もあって6着!

先週5日に渡米し米国ワシントンでのSatelliteの会議&展示会に出席した。


3日間の予定を終えて、10日に一旦東京に立ち寄り12日は大阪の母親のところへ日帰りでカミさんと。そして13日月曜のANA便でシンガポールに帰ってきた。飛行機から降りた瞬間、熱気のような空気にああ、帰って来たんだと実感したねえ。およそ2週間ぶりだからこの暑さに慣れるのもまた大変だしょんぼり

さて、大阪に向かう前日、11日土曜日は先輩と新橋で会ってひとしきり競馬談義。話題の中心はもちろん先輩の持ち馬のダブルミリオン嬢だ。クラスがC2→C1に上がって14日の川崎のレース(5R 1400m C1-六/七)に出るという。シンガポールに帰って例によって仕事中に会議室で一人スマホで確認。結果は6着。うーーんスタートで思いっきり挟まれた不利はあったけどちょっといつもの素軽さは見られなかったね。あとで聞けば+12㎏だったとの由。これで納得できました。

本日、先輩からメールが入っていて、「正直、結果には少々ヘコみましたが、考えてみれば今までが超出来すぎ!うっかり勘違いするところでした。」との由。

「勘違い」
凄く良く分かります。ディバインコード号の私がまさにそうでした。未勝利、アスター賞とポンポンと2つ勝って当時変に意気込んじゃいました。人間って欲深い。活躍すればそれ以上に求めるレベルも知らない間に大きくなってしまう。
でも、彼が亡くなってしまって、どんなに望んでも彼の走る姿を見ることは叶わない。だからそこそこのレベルで無事に走り続けてくれて、レース前のあのときめく機会を数多く与えてくれる事がどれだけ有難い事か・・・ウィンク

DM嬢、中1週で浦和に向かうそうです。頑張って欲しいですね。応援してます☆彡






Last updated  May 15, 2019 11:28:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 3, 2019
カテゴリ:競馬よもやま話



本日の川崎4R紫電賞を快勝したダブルミリオン嬢(10番赤の頭巾)、すごい☆彡

先週末先輩から連絡があり、所有馬のダブルミリオン嬢が水曜日(今日)に出走するというので注目してとの由。会社で打ち合わせの合間でスマホ経由確認。距離が900mのスプリント戦。いつもの瀧川騎手ではなくて若手騎手(瀧川騎手は何かやらかしたそうなので降板との由)。しかもスタートで出負けして、あっ今日は終わった。と思って見ていたのですが直線あと100m切ってから最後ぶっ飛んできてきっちり差し切り勝ちびっくり☆彡

強くなってますね。1、2戦目が逃げて勝利、3戦目がスタートの不利で後ろから行って最後捲って2着。そして今回の差し切り。展開に応じて逃げて良し、差して良しとは恐れ入りました。ただ本来はもう少し距離があった方が良いかなと思います。先輩も本当に良い馬に巡り会えたものです。今頃どこかの酒場(倶楽部?)で宴を催されているのではないでしょうか大笑い。ご相伴に与りたいですが私も応援馬券をゲット(4.2倍x5,000円=21,000円)できたので良しとしましょう星

本当におめでとうございました☆彡






Last updated  April 3, 2019 11:05:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 31, 2019
カテゴリ:競馬よもやま話

恐ろしいまでの強さ@昨日のドバイターフ

昨日の深夜に放送されたドバイワールドカップデーにおけるドバイターフに出走されたアーモンドアイ嬢王さま。

「JCの勝利が実力なら圧勝じゃないとだめだ。」となんか取り方のよっては実力に疑問符が付くような言い方をしてしまいましたが、失礼いたしました!まさに圧勝。ケチの付け所がない余裕の勝利でした。秋はロンシャン競馬場での勇姿が見られるように今度は馬場適性や距離延長に対しての準備を入念に行って臨んでもらいたいですね。
シルクホースクラブはまさに我が世の春。こんなパーフェクトな馬に1口馬主で巡り合えた方は本当に幸運ですね。謹んでお慶びを申し上げます。

昨夜のドバイでは、マテラスカイがらみの馬券だけを買って私のモットーの少ない投資でそこそこのリターンを実践することが出来ました。アーモンドアイ絡みの馬券は倍率が低くて流石に買えなかったウィンク


@武豊騎手、ありがとう☆彡完璧な騎乗だったね。

さあ、今日のG1大阪杯は久々でも関係なし。サングレーザーに期待します☆彡






Last updated  March 31, 2019 10:26:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 27, 2019
カテゴリ:競馬よもやま話

今週の近況更新が楽しみニーニャ号@ノルマンディーの募集馬見学会より

いよいよ今週末はドバイワールドカップデーだ。
今年の注目は何といってもドバイターフ(芝1800m)へのアーモンドアイの参戦だろう。昨年のJCを驚異のレコード勝ち。以下Youtubeの映像ですが調整も順調のようでレースが待ち遠しくなる。


           2月の調教の様子Ⓒシルクホースクラブ

今回ドバイターフにはアーモンドアイの他にディアドラヴィブロス、シーマクラシックには、スワーヴリチャード、レイデオロシュバルグランと期待が持てるメンバーが揃った。日本ではG1の大阪杯があるんだけどその大阪杯も結構いいメンバーで日本の競走馬も層が厚くなったと思わずにはいられない。

さてアーモンドアイのレースを固唾を飲んで見守っているのはJRAの関係者たちもだろう。なにせ昨年のジャパンカップが従来のレコードを1.5秒も縮める驚異的なタイム。欧州から参戦した調教師たちも口をあんぐりの状態だったと聞く。この速すぎるレコードタイムに対しては軽すぎる府中の馬場が要因、馬に負担がかかりすぎる、これではJCに海外の馬達は来なくなる。等色々と否定的な意見も出たのも確かである。武豊騎手も以前より欧州と日本の馬場の違いを指摘、欧州の芝に合わせることに言及されているが、JRAは「日本は気候も違うので芝の状態も違ってくる。研究を重ねて、馬にとって一番走りやすい馬場が日本の馬場となっている。」と一切変更するつもりはないようです。

アーモンドアイのJCの走りが100%馬の実力が反映されたものとすれば、今回は圧勝してもらわないと理屈が合わないだろう。JRAの関係者の皆さんはかなり気をもんでいるかもしれませんね。そういった意味からも大変注目のレースだと思います☆彡

さてどうなりますやら、期待をもって土曜日の深夜にとくと拝見させていただきます☆彡






Last updated  March 28, 2019 07:41:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 7, 2019
カテゴリ:競馬よもやま話

昨日の大井・金盃を勝利したサウンドトゥルーⒸsehari yang laluさんの写真より

今週は旧正月にあたり、シンガポールの会社も本日までお休み。私は家内が東京から出てきて月曜からタイ・チェンマイに旅行に出かけた。2人きりで旅行なんて久しぶりだ。なんか調子狂っちゃったね苦笑。タイのチェンマイの象の調教場(Elephant Camp)に出かけて(馬ではなく笑)象の背中に乗っけてもらった。夕方シンガポールに帰国。明日からまた仕事だ。



今週は競馬、特にノルマンディー関連では大したネタがなかろうと思っていましたが、なかなか盛りだくさんの1週間でした。

特に昨日の大井競馬・金盃に出走した9歳馬のサウンドトゥルーが見事に勝利。昨年に中央から浦和に転厩。転厩後の第2戦目となりましたが、まあ地方馬を相手に格の違いを見せつけたと言えばそれまでですがなにせ9歳馬ですからね。思えばあのG1、チャンピオンズC制覇からもう2年以上経っているのですよね。それ以降もJBCを制覇。重賞でも堅実に賞金を稼ぎ本当に馬主孝行なお馬さんです。

セン馬ですからまだ可能性が続く限り地方の重賞で走ることになるのでしょう。
どうか、馬主様。引退後も一生この馬の面倒を見てあげてください。
まあ、私が言わなくても当然だとは思いますが・・・。大変失礼をしましたぽっ

その他の話題も色々あるのですが、また次回に。
今日は早く寝ますぺろり






Last updated  February 8, 2019 12:17:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 16, 2018
カテゴリ:競馬よもやま話

昨日のシンガポールダービーを制した2.Jupiter Gold©Singapore Turf Club

昨日は良い天気だったので久しぶりにクランジ競馬場に向かった。7/15はシンガポールダービーが行われる日ということでいつもより大勢の人たちが詰めかけていた。

いつものようにラウンジに入ってビールと腹ごしらえ。


ふと上から馬場を見渡すと今日は特別にゴール盤前に「Emilates Singapore Derby 2018」の飾りがしてある。


残念ながら夕方に会社の行事に出なければいけなかったのでダービーのレース自体は見れずに競馬場を後にしましたが、あとで確認すると勝った馬の調教師さんはなんと日本人でした。

高岡秀行調教師(62)
2003年にホッカイドウ競馬からシンガポールに移籍して厩舎を開業。高岡調教師はシンガポールダービー3勝目となったそうです。ちゃんとこの調教師さんのことはシンガポール競馬の公式HPにも紹介されております:

©Singapore Turf Club

Jupiter Goldが勝ったこのレースは以下から見ることができます:
シンガポールダービー 2018

ホッカイドウ競馬からどういう経緯でシンガポールに来られたのか定かではありませんが、これでダービー3勝目とは大したものです。ここの競馬は良く調べるとスペシャルウィークの産駒が走っていたりとか、驚かされますね。意外と日本との関連もあり益々興味が湧いてきました。


実は競馬場を出る間際のレースを買って初めて馬券(複勝、6倍)が当たったのですが、酒飲んで飯食って馬券買っているだけではシンガポール競馬の事は何もわかりませんね。もう少し勉強せなあきまへん。
とにかく、
高岡さん、本当におめでとうございました☆彡






Last updated  July 16, 2018 11:27:07 PM
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.