209563 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミノルロドリゴの一口馬主ブログ

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

競馬よもやま話

2021.04.05
XML
テーマ:競馬全般(5457)
カテゴリ:競馬よもやま話

昨日のG1大阪杯。あっと驚くレイパパレの強さでした☆彡


昨日の注目、阪神のG1大阪杯。レース後は少し大げさだがボー然となってしまった。

1着レイパパレ、2着モズベッロ、3着にコントレイル。

私がレース前日のブログで指名した3頭がそのまま来たのだびっくり。が、しかし馬券は取れていない。
というか実際買った馬券はかすりもしていないのだ号泣

昨日私ミノルロドリゴ号が最終的に買った馬券は、コントレイルを1着固定にして2,3着のどちらかにレイパパレを入れて、最後残った1頭にサリオス、グランアレグリアをそれぞれ入れた4通りの3連単だった。

なーんだ、しょうもなしょんぼり・・・ん??確かグランは消すんじゃあなかったのか!?

そうなんですよ、昨日は朝からの雨を想定して重馬場必至と読みコントレイルを中心にレイパパレモズベッロを絡ませるつもりだった。それでも結果から馬連馬券は取れていないが、初心貫徹していればひょっとしたら、レイパパレ、モズベッロのワイド(約27倍)あるいは3連複(約72倍☆彡)は抑えていたかもしれない。

いや言い訳ではないけど(いや、完全に言い訳ですいなずま)、昨日の雨の降りだしは昼を回ってから、大阪杯の2レース前の2勝クラスの芝2000mの時計が2分1秒4。大阪杯、2分2秒台の時計も予想していた当方は「これはまだ馬場が悪くなっていないな。2分切るかも」と思わざるを得なかった。そしてレースが近づくにつれて、グランの強さとルメールの神騎乗のプレッシャー、そして最近当たっていないので「当てたい病星」が顔をのぞかせ先ほどのなんとも中途半端な馬券になってしまった。

大した金額をかけているわけでもないのに何ビビってんだ!?思いっきりいかんかい☆彡
レース後は反省することが多いのですがまさに昨日はそんな感じでした。それにしても勝ったレイパパレは恐ろしいまでの強さ。幻の秋華賞馬です!間違いない☆彡前回はそんなわけない、と否定してしまいましたが認識を改めました。この馬を本命にできなかった時点で昨日のレースは負けでしたね。

さて、週末はいよいよ桜花賞。1番人気が予想されるソダシですが、前走は辛勝。他馬たちにも付け入るスキは大いにあるように思う。

負けても良い、今回は思い切った予想をしてみたい☆彡






Last updated  2021.04.05 21:42:21
コメント(0) | コメントを書く


2020.12.07
カテゴリ:競馬よもやま話

昨日のチャンピオンズカップ、果敢に先行策をとったアナザートゥルース(黄帽)だったが・・


好事魔が多し。噛み締めたい言葉だ・・。

土曜日の新馬戦で勝利を挙げたアステラカーラ号。翌日の日曜日に「臨時更新」がされて左前第三手根骨の剥離骨折が判明したとの由。全治6ヵ月の診断。出資されている私の馬友さんからLINEにて白目をむいたおっさんの似顔絵のスタンプが送られてきたしょんぼり。これはついていない。まさに天国から地獄へ?いや地獄ではありません。どこぞの著名な馬主さんも自身のブログで、「馬は当たり前のように故障するものと思え。」とありました。剥離骨折なら休めば必ず復帰できます。1勝を挙げていてよかったと前向きに考えましょう。

さて昨日のG1、ノルマンディーの14年産、アナザートゥルース号こと、アナルー君(馬友の間でのニックネーム)が出走した。最近ノルマンディーOCの調子がよくおかげで私も絶好調。昨日も:
アナルーでもう一発だ(なんやそれ笑???)
と人気馬3頭とのワイド馬券を仕込み、意気込みましたがそんなにうまくいきません苦笑。
調教師さんは、もまれ弱いので前々で競馬してほしいとの指示を出されていたようで、鞍上のM.デムーロ騎手はそれを忠実に履行、ゲートを出てからムチを数発いなずま。1コーナーでは先頭にも立とうかという勢い。1000m通過が60.4秒じゃあね。直線に入って早々で終戦となってしまった。

それはそうと、昨日は断然の一番人気のクリソベリル号が4着に負けた。

昨日の深夜に、例の先輩から「川田!金返せ!!買っていないけど苦笑。」と珍しく怒りの?メールが来た。なんかレース後のコメントで川田騎手が「今の具合でよくここまで来てくれたと思います。能力の高さで4着まで辛抱してくれました。」とあって、調子落ちが分かっていたな、だったらレースに出すなということらしい。確かにレース後この馬の掲示板は大荒れだ。

川田騎手は正直なんでしょうね。追切の後のコメントが、「この追切で変わってくれれば。」という内容だったらしいですし追切の動きには不満が残ったのでしょう。レース当日の馬体重が+12㎏。これでは来ないと切ることもできたでしょうが、なんせこの秋のG1は一番人気が断然強い。この流れで私もまさか馬券外に飛ぶとは思いませんでした。やっぱりレースを出す、出さないは最終的には音無調教師さんの責任だと思います。音無調教師さんといえば騎手時代、オークスでノアノハコブネであっと言わせた騎手。寡黙で仕事人、でも良い人とのイメージもあります。今回、騎手がウッカリか確信犯か、口走ってしまって、調教師さんの逆鱗に触れて降板といった事態になるかもしれませんね。その辺の力関係がどうなのか私にはわかりませんが。

どうか調教師さんには穏便な処置をお願いしたいと思います。






Last updated  2020.12.07 23:24:34
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.25
カテゴリ:競馬よもやま話

          壮絶なレースでした。1989年ジャパンカップ

私の記憶に間違いがなければ、1989年のジャパンカップが記憶に残る最高のレース。この年の前年から競馬がぐっと盛り上がってきた。タマモクロス、オグリキャップの天皇賞(秋)の死闘に、サッカーボーイサッカーボーイのマイルCSは、今年のグランアレグリアもすごい勝ち方だったけどそれに勝るとも劣らない勝ち方をしたと思う。実況の杉本清アナが「これは恐ろしい馬です☆彡」と絶叫していたからね。
そしてその年の有馬記念ではこの3頭が相まみえてものすごい盛り上がりとなった。

その有馬記念では当日、今のカミさんを連れ立って渋谷の場外馬券売り場に買いに行ったのですがものすごい行列で1時間以上かかった。だから部屋に戻れずに渋谷の電器屋のTV売り場で見ようと思ったのだがどのチャンネルも競馬中継を映していないので店員に見つからないようにチャンネルを変えるんだけどすぐ店員が来て元に戻す。そんなこんなの繰り返しでようやく観念したのかレースの時間だけはチャンネルを中継に合わせてくれた。タマモクロスが大外から来て勝ったかと思ったときに、内からグイっと出てオグリが勝った。サッカーボーイも3着(スーパークリークの後着繰上り)、3強のレースを楽しみました。

そして翌年、タマモクロスサッカーボーイが引退して3強はオグリキャップスーパークリーク、イナリワンとなった。毎日王冠(GII)がオグリイナリワンの毎日王冠史上歴史に残る壮絶なデッドヒートの末、オグリが制した。天皇賞(秋)はオグリスーパークリークがクビ差で下す。実はこの年オグリは秋のG1戦線を前に馬主が刑事罰で捕まってしまい馬主資格を喪失、近藤氏が新しい馬主になった。その譲渡価格から、秋のG1は3連勝しないと元が取れないと言われたのに天皇賞(秋)で負けた。だからなのかジャパンカップの前週、マイルCSにも出るという考えられないローテーションを組んだ。そのマイルCSでもバンブーメモリーとの死闘となってオグリが勝利。インタビューの南井騎手の号泣が印象的でした。
実はこのレース私は連複1.8倍に20万円を突っ込んだんだよなびっくり

そして迎えたジャパンカップ。この年は凱旋門賞馬のキャロルハウスに、世界レコードホルダーのホークスター。前年の覇者、ペイザバトラーと役者がそろった。1番人気はスーパークリークオグリキャップは2番人気だったけどもはやオグリには余力が残っているわけがないと思わざるを得なかった。この秋の連戦過程が、オールカマー→毎日王冠→天皇賞(秋)→マイルCSだったからね。酷すぎるローテーションだったからだ。

それでもこのジャパンカップでオグリキャップは再度死闘を演じた。1600m通過が1分36秒という当時のマイルの勝ちタイム並みの時計で通過して、それでも最後伸びてきたときは涙が出た。勝てなかったが2分22秒2という勝ち馬と同じ走破時計には、なんなの!という感じだった。当時のフジTVの競馬解説者だった大川慶次郎氏のコメントを覚えている限り再現しましょう。

(勝ったホーリックスに対して)最初の1600m通過が1分36秒でしたから速いなーと思ってみてましたが直線そこからもう一度脚を使うのですから、たまらないですね。初めて見た世界の強さです。だからオグリキャップの好走も褒め称えられるんですよ。G1連闘でねえ・・、この速いペースにスーパークリークと一緒に行って、欅のところでスーパークリークが遅れちゃいましたよ、オグリキャップに。それから直線出てきたときには、もうこれで充分、もうこれ以上叩かないでくれという激走だったと思います。負けたけど勝ったに等しいですよ。オグリキャップは。(引き上げるオグリと南井騎手が画面に大写しになって)いやー馬も満足そうですねえ。騎手も陣営もこんな満足なことはないでしょう。

でも慶次郎氏は、オグリのローテーションをレース前は批判されていたので、この手のひら返しは何?って思いましたな。それとこの時の実況アナウンサーは同じ苗字の大川(和彦)アナ。このアナはオグリのファンで実況で「オグリ、オグリ頑張れ」と頑張れ前畑ばりの実況をしていたのも印象的だった。

そして翌年のオグリのラストラン、有馬記念もこの大川コンビ。直線先頭に立ったオグリにオグリだ!!と興奮して実況する大川和彦アナの横から慶次郎氏が「(メジロ)ライアン!!ライアン!!」と叫んだ有名な話。後日、慶次郎氏はこの時の状況を「実況アナウンサーがオグリのファンだと知っていたので、迫っていたライアンを教えたのだと。」まあ、慶次郎氏の本命がメジロライアンだったからね。よく言うよって感じでした大笑い

競馬は本当に記憶に残るドラマを作ってくれます。今年もそんなドラマが見たい☆彡






Last updated  2020.11.25 22:40:22
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.17
カテゴリ:競馬よもやま話

無敗の牝馬3冠を達成したデアリングタクト号@秋華賞


先週発表されたアーモンドアイ号のジャパンカップ参戦表明により、無敗の3冠馬2頭と併せて、JC史上最大の盛り上がりを見せるレースとなりそうである。ミノルロドリゴのブログでもできればこのレースの楽しみ、そしておこがましく予想についても好き勝手、一応この3頭を3強ということで色々語っていきましょう☆彡


ジャパンカップの現在の想定馬柱©netkeiba

まずは先輩に敬意を表して、アーモンドアイ号から。ひょっとして香港か、はたまたこのまま引退かとも思われましたが堂々とJC参戦を決断された陣営には素直に敬意を表したい。でも正直今年の天皇賞(秋)についてはゴール前に詰め寄られていたし去年とは違う、ピークを過ぎたかと思いました。でもよくよく調べてみるとこんな感じです:

去年の天皇賞(秋):1分56秒2(前半の1000m通過59.0秒、自身の上り3F 33秒8)
今年の天皇賞(秋):1分57秒8(前半の1000m通過60.5秒、自身の上り3F 33秒1)


今年がタイムが1.6秒も遅かったがこれは前半のスローペースが原因だった。上りは去年よりも0.7秒も早く、今年のほうが物足りなく思えたのはフィエールマンの上り(32秒7)が凄すぎたのかもしれないね。後は久しぶりの2400mがどうか!?でも最後に先輩の貫録を見せる可能性は充分あると見方を変えましょう星

そして牡馬3冠のコントレイル号。ディープの最高傑作との呼び声もあるが、3歳牡馬のJC挑戦は歴史的に中々厳しい。あのシンボリルドルフスペシャルウィークも果敢に挑戦するも苦杯をなめた。この馬の物差しは皐月賞とダービーでしのぎを削ったサリオスだろう。彼が来週のマイルCSで歴戦の古馬マイラーを相手にどこまでやれるかが見ものだ。グランアレグリアには勝てなくても良い勝負をすれば自ずからコントレイルに対しての期待も高まるだろう。それにしても現在想定段階でアーモンドアイを抑えての堂々の1番人気。いくらなんでも人気しすぎじゃないのか笑。

そして我らがノルマンディー、デアリングタクト号だ。3歳牝馬のジャパンカップの好走歴は古くはファビラスラフィンジェンティルドンナ。昨年のカレンブーケドールも2着だったがさすがにタイムは2分26秒0と平凡だった。正直斤量(53㎏)の有利さはあるが、先週のエリザベス女王杯で3歳馬が古馬に歯が立たなかったようにかなりレベルの差があることは残念ながら確かな気が致します。

デアリングタクトが同世代の牝馬の中では実力が抜けていることは認めても、それほど絶対的な着差をつけて勝ったわけではない。オークスの勝ち時計も2分24秒4とアーモンドアイラヴズオンリーユーには劣る。歴戦の古馬と首位争いができるかは厳しいのではないか?もちろん頑張って欲しいが、できれば前半がスローに流れて上りの瞬発力が生きる流れになれば・・。
でも掲示板があれば上々、よく頑張ったと褒め称えてあげたいなぺろり

3強ムードの中、面白いのは反対に人気を落とす他の歴戦の古馬たち。
この続きはまたレースまでに時間があれば入れましょう。

とにかく歴史的な一瞬。全馬無事のゲートイン&ゴールインを祈っています☆彡






Last updated  2020.11.17 23:37:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.05
カテゴリ:競馬よもやま話

YouTube メディアあどりぶ倶楽部より


ちまたでは、アメリカ大統領選でもちきり!?
私も今日は会社出勤だったのですが昼間からずっとFox Newsを見てました。
まだ結果が出ていませんがどちらがなってもまあそう世の中変わりがないことを願いたいです。

今月も会社と自宅勤務の繰り返し。自宅では時間があるのでYouTubeをよく見ますが、見つけた杉本清さんの対談が良いんですよ。もう御年83歳と言われておられますがまだまだお元気そうですね。私の競馬とのかかわりはこの杉本さんを除いては語れませんね。

私が競馬を見るようになったのは小学校の3年生くらいだったか。うちの母方の叔父さんがギャンブラーで結構影響を受けた。そのころから関テレでは杉本アナウンサーが実況を担当されるようになりました。覚えているのはヒデコトブキの桜花賞の実況。これは良い☆彡

子供心にこの方の実況はたまに聞くフジTVのアナウンサーと全く違ってとにかく1分から3分というレースの間に物語が出来る!!この人はただものではない、と思うようになってそれ以来いつも日曜の午後3時になれば関テレの競馬中継を見るようになった。

タニノムーティエ、タイテェム、キタノカチドキを始めとして杉本さんの名実況が噴出するようになった。
そしてとどめがテンポイントでした。


このテンポイントストーリーで語られているエピソードは全て当時の話題になっていて承知している内容でしたが、やっぱり今の時点でこの方からお話を伺うと素晴らしいですね。テンポイントが亡くなったのは、私が高校3年になろうかという3月の初め。今となったからこそ私も素直に聞けるし、杉本さんもあまり感情を入れ過ぎずに思い出深く話せるのかなと思います。

その他も何本か、杉本さんの対談のYouTubeがあります。プロ野球ニュースやゴルフ中継はまだしも、とんねるずのハンマープライスをやられているときは、なんでこんなもん出でているん?と批判的でしたが、話を聞くとなるほどな、という所もあって興味深いです。

杉本さん、いつまでもお元気で、そして語り部でいてください☆彡






Last updated  2020.11.05 00:16:09
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.21
カテゴリ:競馬よもやま話

新しく生まれ変わる京都競馬場ⒸJRA 日本中央競馬会 京都競馬場整備将来構想


日曜日はデアリングタクト号の無敗の牝馬三冠の達成に大いに沸いた京都競馬場。でも正確には叫ぶのが禁止だったようですから静かなゴール前だったようですがそれでもゴールした瞬間から大きな拍手が聞こえてきました。10倍強の抽選を潜り抜けて現地観戦をされた皆様、ラッキーだったですね。お疲れさまでした。

そしてこの京都競馬場がこれから2023年3月まで約2年半もの間、改修工事にて開催が出来なくなる。改修内容はスタンド(ビッグスワン、グランドスワン)、下見所に及びシンザンゲート、歩道等スタンド周辺施設も改築される見込み。コース形態に変化はないという事で、3コーナーの京都の坂や、4コーナーの生垣、直線の平坦コースは変わらないようだ。

私が京都競馬場に前回出向いたのはもう3年以上前だ。2017年4月22日、出資馬ディバインコード号が出走する橘ステークス(芝1400m)を見に行った。当時の写真を見ると懐かしいね。

 
⓵京阪電車、競馬場前駅からスタンドを臨む   ②まだスタンドきれいなのにね。

 
③スタンドから馬場を臨む(左端になんか変な奴がいる) ④パドックから見るメインスタンド

このあたりの景色、雰囲気などだいぶ変わるんだろうね・・。


アリンナ号、この頃は外連味のない逃げがモットー。まだ頑張ってます、偉いよ☆彡


そしてディバンコード号、「今もどこかで元気に駆け回っているかい!?」

私に3歳OP特別勝利という格別の思い出をくれた京都競馬場でした。
新しく生まれ変わる姿を楽しみに待ちたいと思います

ありがとう!また逢う日まで!!






Last updated  2020.10.21 00:20:22
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.13
カテゴリ:競馬よもやま話

本日開催されたセレクトセールに上場された「デアリングバードの19」


今日北海道で行われたセレクトセールの初日、1歳馬の取引において牝馬2冠を達成したデアリングタクト号の全妹、デアリングバードの19が4,900万円で落札されました。まずは落札されて良かった。生産者の長谷川牧場の関係者の皆様、誠におめでとうございます☆彡。

まあ、欲を言えばきりがありません。4億や5億円での落札馬が出た今回のセレクトセールでは5千万円弱の金額はそれほどインパクトを与えるものではないかもしれないが、このデアリングタクト号が出る前のことを思えば馬の値段は数倍にも膨れ上がったのですから、大した出世です。牧場の皆さんもさぞやホッとされていることでしょう。

落札の様子もYouTubeで見ましたが、初期設定の価格が4700万円から。いや聞いた瞬間、如何に2冠馬の妹と言えども強気の設定価格だなと思いましたがほどなく4800万円円から4900万円の声がかかって司会者も5000万円の声を出そうと最後まで粘られましたが、4900万円の落札となりました。どうかな?少し初期設定価格を高くし過ぎたのかな?3,000万円くらいからスタートしたほうがどんどん勢いが重なってもっと上まで行ったかも、なんて人間欲が深い。

落札者は「サラブレッドクラブ・ライオン」。xxxライオンの馬名でおなじみですがこの馬もそういう名前になるのか。
デアリングライオン?ま、そんなことはないか?是非可愛くもたくましい名前にしてあげてください。

それにしてもまだまだ馬のバブルは続いていることを感じさせました。億を超える馬が続出。実質ディープインパクト産駒は2019年産が最後(20年産はごく僅かとの由)の様で是非にとの馬主さんが多かったのでしょう。でも1億円の声を聞いてからの価格の上げ幅が1,000万円単位ですから聞いているこちらのほうが不思議な感覚になりますね。こんなに簡単に1,000万円が変わるものなのか・・。ちょっとその1,000万円、こっちに分けてぇなあ、って言いたくなりましたわ大笑い

私が将来地方馬主として仮にセリに参加するようなことがあった場合は、100万円単位でも嫌だね。10万円単位にして欲しい。
そんなことを感じてしまった一日でした。

とにかく、「デアリングバードの19」の未来が輝けるものであることをお祈りしています☆彡






Last updated  2020.07.13 21:56:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.29
カテゴリ:競馬よもやま話

クロノジェネシス、強すぎました。
「この馬もまた最強牝馬です!!」ⒸラジオNIKKEI実況より



昨日の上期オーラス、G1宝塚記念。クロノジェネシス号が他馬を圧倒した。

私の予想は今回は多少雨も降って力が要る馬場になる。牝馬はむずかしいだろうっていうことで、本音はサートゥルナーリアが本命だったのですが、会社の仲間の投票においては、1着キセキ、2着サートゥルナーリア、3着ブラストワンピースとした。クロノジェネシスは堅実性を買って5着に指名するのがやっとでした。でも結局この馬、2番人気まで支持されて、「日本の競馬ファンは中々さすがですなあ。」と思わざるを得ませんでしたね苦笑。

やっぱり3時ごろに降った大雨がこの馬に全面的に味方しました。馬場発表は稍重でしたが直前の雨でまるでフランス、ロンシャン競馬場のように水を含みタフな馬場だったと思います。さすがは仏凱旋門賞馬の子供。重馬場の巧拙が如術に出たような気がします。この馬こそ、凱旋門賞に日本馬代表として出る資格があるのではないでしょうか?

現在日本馬の強さを示すランキング(あくまでイメージ)は、高速馬場においての結果がベースとなっています。もし昨日の宝塚がパンパンの良馬場だったら結果は違っていたでしょう。どの馬が強いのかは馬場状態で変わります。現在日本の現役馬で欧州の馬場に合う最強馬はこの馬ではないですか?そして種牡馬のバゴがまた仏G1馬で凱旋門賞まで制している訳ですから、血統的にもうってつけではないかと思います。

バゴっていう種牡馬は、日本に導入されたもののあまりぱっとせず、遂には種付け料が50万円(2020年現在)。菊花賞のビッグウィークや、ブラックバゴ程度で私もあまり注目していませんでした。ノルマンディーにも過去1頭いましたが未勝利脱出できずに早々に引退になったと記憶しています。

もうひとつ、今回のクロノジェネシスはやはり母系の優秀さがバゴの適性とマッチして誕生したと見ることが出来ましょう。1つ上にはノームコアがいますからね。母系にはサンデー系が入っていますからバゴは選択肢の一つだったんでしょうが、生産側はよく決断しましたね。生産はNファーム。サンデーレーシングにおいて1口35万円ⅹ40口=1400万円ですから、募集時当時ディープやハーツクライの産駒が3000万以上、下手すりゃ5000万円や1億円近辺で募集される中、結構格安の分類に属するのではと思います。この馬を選ばれた出資者の皆さんもさすがです。

まあ思うんですけどサンデー系の繁殖牝馬はNファームに沢山おられると思いますから、ぜひこれはという牝馬にバゴの様な日本の馬場には合わないが、欧州のタフな馬たちをどんどん付けていただきたいなと思います。もう画一したパターンの配合はやめよう。No more ロードカナロア、キズナや下向き矢印。現在は画一した配合の方が儲かるし日本の競馬では稼げるとは思いますよ。でもこれ以上の進歩はどうなんだろうかって思うな。凱旋門賞に勝つために、生産の側から、日本でも一応稼げげるが、最終的には凱旋門賞を勝つため!!にという配合をどんどんしていただきたいですね。

日本をリードする生産現場から凱旋門賞を狙おうよ☆彡
昨日の宝塚を見てそんなことを思ったりしました。
そんなこととうに分かってやっとるわい、でしょうかね。失礼しました☆彡

それにしてもラジオNIKKEIのこの実況のアナウンサーは好きだ。
アーモンドアイが勝ったビクトリアマイルが「現役最強馬、アーモンドアイ、ここにあり!!」だった。
昨日は「この馬もまた最強牝馬です!!」って・・

いやいや最強馬、いったい日本に何頭いるのかね大笑い??






Last updated  2020.06.30 00:25:15
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.05
カテゴリ:競馬よもやま話

3月末に更新されたアレッサンドロ(キョウエイハツラツの18)の写真©ノルマンディーOC


いよいよ新型コロナウィルスの状況がシンガポールでも日本でも剣が峰、待った無しになってきたようだ。
 
シンガポールでは日本と同じように感染者数が増え続けておりここ数日は、国内特に感染源の特定できない人間の数(③Unlinked case)が急増している。毎日携帯に送られてくるデータをちょっとグラフにしてみたら増加具合がよくわかる。


まさに東京と同じような状況である。
そんな中、先週金曜日夕方にシンガポール首相が急遽全国民に向けてメッセージを放送した。
シンガポールにおける「緊急事態宣言」が発令された。
首相曰く、「1か月間サーキットブレイク(Circuit Break★)します。ただロックダウンにはしない。」即ちこういうことだ。

●今週の火曜日から病院、銀行等生活を担う企業を除き、すべての企業は閉鎖し、Remote Workに移行すること。
●学校も当面休校しすべてリモート教育に移行する(このあたりが整ってることが凄い)。
●レストラン等の営業は火曜日より持帰りのみ可。スーパーマーケット等生活必需品を提供する店は通常通り。
●エクササイズのための外出は可。公共交通機関も動く。


リモートワークについて従わなかった会社は罰金等が課せられるとあるので、シンガポールはそのあたりの法整備が整っているのだろう。さすがだ。

方や日本でも緊急事態宣言によって東京、大阪の封鎖などという話があるが、シンガポールのようにはいかない。
これは正直小池知事のあおり過ぎだろう。会見でロックダウンなどという言葉を使ったものだから、
実際宣言が出されても実態は今までとどこが違うんだ?ということになる:


©Yahoo Japan

なんなんだ?まあ良い。私としては早く感染が収まるようになってくれればそれでいいのだがなかなかそういうわけにはいかないでしょう。果たして緊急事態宣言が出された場合、競馬がどうなるのか?
まさにこのタイミングで、日本騎手クラブ会長の武豊騎手(51)が土曜日の最終レース終了後に語っていた言葉が記事になり、印象に残ったので紹介します:

競馬の売得金の一部は国に納付していますし、こういうときこそ意義を感じます。今週も来週も再来週もG1がある。
いいレースをしていくので応援してください。(netkeibaニュースより)


その通り、競馬が順調に行われていることに対しては感謝どきどきハートの言葉しかありません。
万が一、騎手が感染するようなことがあれば中止に追い込められざるを得ないでしょう。なんとか踏ん張ってほしい。

来週も無事に競馬が行われることを祈っています。






Last updated  2020.04.06 10:56:55
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.25
カテゴリ:競馬よもやま話

2018年2月4日東京新聞杯、この時も強かったリスグラシュー(内で頑張るディバインコードピンクハート

有馬記念のリスグラシューにはびっくりした。
リスグラシューショック☆彡というかアーモンドアイショックというか。参ったね。
欧州、豪州のG1を連勝してきたからと言っても実力ではアーモンドアイが1枚も2枚も上と思っていたし、さらにマイルの馬とのイメージがあったので正直レース前には有馬記念を勝つイメージがこの馬には沸かなかったしょんぼり

直線の入り口でアーモンドアイが先頭に並びかけ、その後期待したサートゥルナーリアが力強く迫ってきたときには、よしこの両頭で決まった!!って一瞬思ったのですが、そのあと外からまとめて交わしたリスグラシューの脚の何と力強い事☆彡。国枝調教師ではないがゴール前ではボー然とTV画面を眺めるだけでしたびっくり

私の出資馬だったディバインコード号も2018年2月の東京新聞杯で一度戦っている。この時ディバインコード号は5着と健闘したんですが、リスグラシューには完敗だった。着差はそれほどでもなかったですが、特にこの中では抜けている感じがしましたね。

リスグラシューアーモンドアイ。一体いくら稼いだのか気になって調べるとこんな感じです。


リスグラシューⒸ1口馬主DB


アーモンドアイⒸ1口馬主DB

もう笑うしかないという感じですね。間違いなく今年を代表する両馬。有馬記念の結果からリスグラシューが年度代表馬となるのは間違いないでしょうが、両馬とも大変な稼ぎようです。その両馬を所有するキャロットクラブはまさに我が世の春。

しかも募集価格が3000万円だから、デビュー前はここまで走ると期待、騒がれた馬ではなかったはず。こんな馬を引き当てられた方々はほんと幸運だったなあと思います。私も人生で1度で良いからこんな馬に巡り会いたいものです。

是非ノルマンディーでスマイル☆彡






Last updated  2019.12.26 20:19:41
コメント(0) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.