2020.05.17

さあ、来週は大変だ☆彡


「現役最強馬、アーモンドアイ、ここにあり!」ラジオNIKKEI実況より


今日のヴィクトリアマイル(G1)。現役最強馬のアーモンドアイ号の強さにただただびっくりするばかりでした。
一口馬主を続けていって、一生のうちに1回でもいいからこんな、いやここまで凄くなくていいから、馬を持ちたいなと思いますね。本当に強くて賢い馬。勝手な意見ながら今年の秋はぜひフランスへ行って凱旋門賞にチャレンジしてほしい。まあ、安田か宝塚記念を使うのでしょうが、日本馬とはもう良い。もっと大きな夢を見れたらいいと思います。


今週はG1といっても牝馬限定、いよいよ来週からオークス、ダービー、安田記念と春のG1シリーズのクライマックスを迎える。と同時に、我が出資馬の出走もどうも来週クライマックスを迎えそうな雰囲気だ。

まずは、サンディレクション号。24日の新潟の1勝クラス1400mの出走を目指すことが明らかになっており、今日も栗東坂路で追い切られている。

2020.5.17 助手 栗 坂・重 1回 58.3 - 41.4 - 26.4 - 12.9 馬なり余力

最近の調教でそっと出して行って最後の400mで気合をつけるパターンを繰り返している。1週間前の坂路では前の馬を追いかけてしまって、終いの1F13.2秒(全体で54.8秒)の時計だったからだいぶ抑えが効くようになってきたと言えるのかな?
ただレースに行くとスイッチが入って従来通りハナから行ってしまう可能性もある。
全く楽観はできないが、今回は成績は二の次、新たな一面が見れればいいなと思います。

今回鞍上の亀田騎手について、私は存じ上げなかったのですが、私のブログを読んでいただいている馬友さんから、
「ミノルさん、亀田騎手は若手有望株の騎手の一人ですよ。」とご指摘を頂いた。いやいや大変有難いことですウィンク

亀田温心騎手、2001年2月生まれのまだ19歳の若手。温心と書いてハートと読むらしい。なかなか粋な名前だね。昨年デビューし今年既に昨年の12勝を上回る13勝を挙げて、現在リーディングの34位につけている。
サンディレクション号の良いパートナーになってもらえたら嬉しい。がんばれハート君赤ハート☆彡

そして、ニーニャ号。なんと、先週末の近況更新で中1週で24日(日)の新潟または京都の牝馬限定の未勝利戦を目指すことが明らかになりました。これには少しどころか、かなりびっくりですびっくり。近況更新によれば、松下調教師自ら15日(金)に跨られて状態を確認され、硬さも取れて1回使った変わり身を感じておられるとの由。

「状態最優先で出否のジャッジを下したいと考えています。(公式ページのコメントを抜粋)」
という師のコメントを信じるしかないでしょう。

24日(日)、最後の注目馬はもちろん、オークスにて2冠目を目指すデアリングタクト号でしょう。桜花賞の後、短期ですが外厩で英気を養い、先週1週前追切を無事に行い、順調であることが確認されています。桜花賞の疲れは心配なさそうなので後は相手関係。桜花賞には出てこなかった新しいメンバーの中に強敵が居そうでこれも目が離せないレースとなりそうだ。

さあ、来週日曜日は大変だ。今週の仕事をビシッと仕上げて日曜日に臨もう☆彡





TWITTER

Last updated  2020.05.17 21:46:08
コメント(0) | コメントを書く
[出資馬(サンディレクション)] カテゴリの最新記事