000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

沖縄うまれの女のコ!ミント

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

住んでわかった沖縄

March 31, 2008
XML
MIXの小さな小犬が交通事故にあったそうです!

ただいま入院中で4月2日に手術予定とのこと。

保護した方は治療費を自己負担されたそうです。

また、飼い主を探してビラを配ったり

里親を一生懸命探していらっしゃいます!



なかなかできることじゃないですよね。


この、ワンコはきっと幸せになるワンコなはず!

どなたか、小犬を大事な家族に迎えてくださる方を

ご存じないですか?

koinu

きちんと小犬の面倒を見てくださる方!

「びぃぐぅ日記」まで!


人によって傷つけられ、でも人の手で回復しつつある

小さな命。

お願い、この仔を幸せにしてあげて!






Last updated  March 31, 2008 11:00:17 PM
コメント(6) | コメントを書く


December 12, 2007
沖縄では会話の中でよく「模合」という単語がでてくる。。。

もあい?

イースター島の…。。。。

なんですか?それは?



実は以前にも誰かに聞いたことがあったのですが

アホなので意味が良くわからなかったのです。


別にコレは方言でもなんでもない。

地域によって行われている金銭相互扶助の習慣なのだそう。



数人から十数人のグループで、毎月一定の金額を出し合い、

集まったお金を順番に取れるという。

「来月、うちの子が修学旅行で~」とか

「家を増築するから~」など、必要な人が

必要なときに受け取れる金銭扶助という目的。

でも、結局はプラスマイナス0なので、、、

寄り合いとしての娯楽的要素も大きく、

一人で2~3のグループに加入している人もいるんですって。



ちょっと考えてしまいました。

友人でも金は貸すな借りるなが基本の感覚なので

例え月五千円でも…正直、人にお金を預けるなんて!

んん~。

できん。

沖縄で模合が盛んに行われるのは、戦後の金融機関の

整備が遅れたためといわれています。

でも、それだけじゃないでしょうね。

裏切ったり、裏切られたり…

そういうこと、先に思わない県民性なんでしょうね。

時々、持ち逃げされた…なんてこともあるらしいですけど

みんな、いつまでもこの土地にいて、

ずっとお付き合いしていきましょうね。って

そういう意味合いという気がします。



お金って、、、正直とっても大事じゃないですか。

それを人に、仲間に、預けられるかな???

私もそんな風になれるかな。。。。






Last updated  December 12, 2007 11:04:27 PM
コメント(4) | コメントを書く
October 4, 2007
シーサー1

シーサーってどうして狛犬みたいに「あ」「うん」の形になっているのだろうか?と前から不思議だった。もともとは獅子(ライオン)「しし」がシーサーとなまっていったと言う。
仏教の影響で狛犬のようなスタイルに変わっていったらしい。

シーサーも魔よけの意味で置かれているらしいのですが、風水の影響もあり、向きが大事。鬼門の方角となる北東、火伏せの方角となる南、それに門や突き当たりの道に向けられているそうです。
でも、最近お土産なんかでも可愛いのや面白いのが、いっぱい売られているので、なんとなく飾りで何対も置いているおうちもあるみたいですね。
うちもほしいな。
先日、久茂字のほうでレンガ焼きの可愛いやつを見つけたのだが飾るところがないので、購入するか悩み中しし座しし座






Last updated  October 4, 2007 10:50:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 3, 2007
沖縄でこの石敢當のお札を見ない日はありません。

石敢當(いしがんとう)はもとは中国から伝わってきて
沖縄から鹿児島まで広い範囲で広まった、魔よけです。

沖縄の文化は中国から影響を受けたものが非常に多いようです。

「マジムン」という魔物が直進する性質を持つので、T字路や
三叉路、曲がり角で方向を変えられず、そのままぶつかって
家に入ってきてしまうと言われているのです。

マジムンとは動物の形をした悪霊で、これに股をくぐられると
死んでしまうんですって。

マジムンといっても何種類もいて、牛の形をした「牛マジムン」
豚の「ウワーグワーマジムン」他、家鴨や赤ん坊、なぞなのが
しゃもじの形をしたものまでいる。食器も古くなると魔物に
なるのだとか。
どれも、あまりおどろおどろしくはない。むしろ、可愛いらしく
感じてしまいます。

でも、沖縄の人たちはこの魔物をそうとう恐れているのでしょうか。
戸建の家には結構この札があります。曲がり角でなくても。
石敢當意外にもお札を貼ったりしていますしね。
シーサーも必ず玄関におきますしね。

暑いので窓を開け放しているから不安なのかしら?
不思議で興味深い風習ですね。

石敢當






Last updated  October 3, 2007 02:12:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 21, 2007
うちの窓から見える風景。
この小さなジャングルが気に入ってこの部屋を決めました。不動産の方から目の前にお墓がありますと言われ、ずいぶん悩んだのだけれど、地元の方のお墓だし、沖縄にはこういったお墓がいたるところにあるんです。お墓は自分の家の近くにあるのが理想ですもんね。毎日管理して、とても大事にしているのでお墓について感じ方がずいぶん変わりました。
根無し草の私どもにはうらやましいくらいですね。

ここに引っ越してきたばかりの頃は、この森をトトロの森とよんでいたのだが、せっかくなのでキムジナーの森とした。キムジナーにはおおくの説があって、妖精だとか妖怪だとか…ガジュマルの木に宿ると言われているので精霊ですか。ガジュマルが100歳を過ぎるとキムジナーになるとのこと。いたずらもするけれど悪さをするようなものではないそうですよ。そして、キムジナーがいる家は栄えるとも言われています。
夏祭りの日にこの森の真上に花火がバンバン上げられ、びっくりしたっけ。花火を下から見ました。ミントもキムジナーもびっくり。来年は近くの空き地であげて欲しい。
キムジナーの森






Last updated  September 21, 2007 12:54:47 PM
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.