386617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

A plus tard ! フランス生活日記

PR

Calendar

Recent Posts

Profile


@mio

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

Comments

原口悠哉@ 旅行プランを作成して、収入を得て頂けるサイトのご紹介です。 @mio 様 はじめまして、株式会社Groodの…
jomJCqSsMkmI@ WAOMcZiDwi appraisal.txt;1
WillyPaonessa@ HaGspznUvXKHjxB zgtqv221, candela gentlelase, NeCJnzK…
KimberelyStaley@ poqotWDXNstzfapw Nice site, Thanks!, <small> <a href=…
KerryLarch@ bMzFpGxkqTULDAJKLg The quality of this article surpasses m…

Freepage List

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2010.02.20
XML
カテゴリ:土曜日 samedi
アイスダンスのコンパルソリー、規定を見ました。

決められた課題にあわせて全カップル同様に滑るのです。
今シーズンは「ゴールデン・ワルツ」「タンゴ・ロマンチカ」の2つが課題だそうで、五輪ではこのうちの1課題が最初の公式練習の前に抽選されて公表されるのだそうです。
その結果、今回は「タンゴ・ロマンチカ」が選ばれました。
以前は2課題を滑っていたので「あれっ、いつから1つになったんだろう?」と不思議に思っていたのですが、どうも最近変更になったようです。
フィギュアスケートのルール改正は頻繁にあるので、なかなか着いていけない。

同じ音楽、リズムで滑るので一瞬退屈なコンパルソリーですが、見始めると面白いんです。
選手たちの衣装。
タンゴ・ロマンチカにあわせた衣装を見比べるだけでも楽しい。
そしてテクニック。
上手な選手になるほど、二人の動きがぴったり、二人の接近距離も近く、スピード感もあるのです。
ロシアのオクサナ・ドムニナ選手の衣装がほかの人と変わっていて「おっ!」と思わせるものでした。

アイスダンスの選手には美男美女が多く、スタイルも抜群なので、そういうところを見るのが大好き。
ああいう風に生まれたかった・・と思うのです。

アイスダンスは、この後オリジナルダンス、フリーダンスと続きます。
3回も滑らないといけないので体力いりますね~。









Last updated  2010.02.22 21:56:53
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.