000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みらいノ素(もと)

PR

プロフィール


miraicci

日記/記事の投稿

カテゴリ

コメント新着

miraicci@ Re[1]:個展決定(02/04) ♪大先生♪さん >元信者のSUN-SHANです mi…
♪大先生♪@ Re:個展決定(02/04) 元信者のSUN-SHANです 日本でKAI画伯の自…
miraicci@ Re[1]:5の不思議(12/07) ジジさん >ゾロ目や並び数字を よく見る…
ジジ@ Re:5の不思議 ゾロ目や並び数字を よく見るときは 何か…
miraicci@ Re[1]:朝市デビュー(12/04) む~さん63さん わーーー む~さん、…

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

フリーページ

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

犬のはなし

2011年09月08日
XML
カテゴリ:犬のはなし

今日は愛犬みかんの誕生日。14才になりました。長生きしてよ~






最終更新日  2012年03月10日 19時51分54秒


2011年06月06日
カテゴリ:犬のはなし
昨日、水入れのお皿にあごを乗せたままうたた寝していた愛犬は、今朝方、落ち着きなくパタパタパタパタと歩くことが2度。おしっこかな?と思えばそうではなく、そういえば昨日の朝にもこんなことがあったなぁと思い出す。
フィラリアの薬をずっともらいにいってなかったので動物病院に寄り、ついでに「先生、犬もボケますか?」と聞いてみたら、犬用の痴呆チェックシートがあるんよと見せられた。「自分の家の近所で迷うことがある」「親しい人や日頃の生活パターンがわからなくなる」「機敏さや警戒心が低下し、無目的な動きをする」「家族を喜んで迎えなくなる」「飼い主の関心をひこうとしなくなった」「昼寝が増えたり、夜間眠らなくなる」「屋内での粗相の頻度が高くなる」………。全部で16項目あり、Yesとなったのは9個。中でも「相互反応の変化」という項目のはすべてYesがついており「ボケの初期症状かもね」と。人間でも犬でもホルモンが少なくなるとこうしたことが起きるのよと先生。今はまだ軽い症状なので、DHA入りのエサで対応してもいいかもねとアドバイス。

寝る時間はますます長くなり、あれほど大好きだったお客様への関心も薄らいできている。ドアが開いていても飛び出さないし、私がなでても迷惑そうだったりするし。確実に老化は進んでいるのだなぁ。
知り合いが「母が亡くなった時にもこんなに悲しまなかったのよ。愛犬が亡くなってから毎日泣けて泣けて…」と言っていた。たぶん私もこのパターン。結構邪険に扱っているくせに、みかんがいなくなったら生きていけないような気がしてる。13年前には私の両てのひらに乗ってた彼がこんなに早く老人になるなんて、本当は考えたくもないのです。







最終更新日  2012年03月10日 19時51分50秒
2011年06月01日
カテゴリ:犬のはなし

13才、寝てばかりいるので隠し撮りしてやろうと思うのに、カメラ向けると目が覚める。






最終更新日  2012年03月10日 19時51分47秒
2011年04月04日
カテゴリ:犬のはなし
朝のふた仕事、いやみっつよっつの仕事を終えてこれから本業に入るとこ。

まずは数ヶ月もの間、洗わずくっさいまま放置の犬をトリミング&狂犬病注射へ。
近所の動物病院ですが、元々散歩嫌いの彼。片道15分の半分以上は抱きかかえることになるため、春休みの息子の自転車にてお連れすることに。座れよーじっとしといてよーと唱えながら無事病院。

110404_092004.jpg


彼を預けてそのまま自転車にて納品に。ついでに買い物も……の前に、スーパー開店時間までカフェにてコーヒー。コーヒーor抹茶に和菓子3品の中からひとつ選んで350円とは破格なりよ。最中の中にはこれでもかというほどのあんこ。皮は軽く炙ってて、ほんのり香ばしくていい感じに温かい。大満足。

110404_095412.jpg



まったりしてると友人からのメール。
「オープンカーで高級ワンワンを運ぶ姿が微笑ましかったわ」。あははは~。見られたくない姿に限って見られているものなのね。夕方、またオープンカーでお迎えです。








最終更新日  2011年04月04日 11時10分32秒
2011年02月07日
カテゴリ:犬のはなし
取材から帰ったらもう六時。
干しっぱなしのタオルを抱えて玄関入ると、小さく私がアレンジして飾ってある造花が散乱。あれー?急いでいたから何かにひっかけちゃったかなと元に戻して部屋に入ると、犬の嘔吐物。愛犬くん、体調悪かったのかしらと片付けようとするとなんかヘン。吐いているのはエサじゃない。花?あーーっ、造花のあじさい!!!

なんということ。これまでずっと同じ場所に飾ってあって、一度も悪さしたことはないのに。というか、みかんって異物を口にしたり拾い食いをするような犬じゃないのだ。そういえばこの前、半分残したサンドゥイッチを勝手に食べたのも、本当に彼にしてはめずらしいことだった。食べ物があると今にも食べそうな顔はするけど、ペロッと舐めて様子をうかがうだけ。置いてた食べ物が全部なくなるなんて、そういや今までなかったのだ。ましてや造花ですよ。


食い意地だけがおさえられなくなったのかな。人間が呆けた時、若い時に苦労したりガマンしていたことが突出して出てくるのだと聞いたことが。グチや悪口に走る人は、言いたいことも言えずにずっと生きてきた人。やたらと食べ物を要求するのは、満足に食べられなかった人。お金に執着するのは、お金に困ってきた人。だから、自分の身内がそんな姿になったとしても「若い時にがまんしてたんだね。苦労したんだね」と心の中でいたわってあげたらいいのだと。
犬もそうなのだろうか。
1日1食しか与えてこなかったから、おやつを与えずドッグフードだけにしてたからこんなことに?!!!いやいや、まだ呆けるには早いと思うんだけどな。一体どうしちゃったんでしょうか。なんか後悔した顔でグッタリ。さらに2回吐きました。









最終更新日  2011年02月07日 19時02分08秒
2011年02月01日
カテゴリ:犬のはなし
インフルエンザではなくノド風邪のようですが、昨日もなんとなくダラダラした日。微熱もあるので早めに寝たら、その間に朝食の用意をしてくれていたようで、プラスティック皿にはサンドゥイッチ、水筒にはコーヒー。息子の字で「朝食です」とありました。
玉子焼きの作り方を覚えてからというもの、卵さえあればナントカなると思ってるらしい彼。昨日も自分で食パンを買ってきており、焼いた卵とちぎったキャベツ、それから「得体はしれないけどなんかおいしい」ものがはさんであります。半分も食べたらもうおなかいっぱいなので、残りはラップをかけた状態でパソコンデスクに置いておきました。
得体のしれないものは「おかき」とのこと。ああ、それで味が濃厚でちょっとわかりづらい食感があったのかと合点。クラッシュしてケチャップと混ぜたのかな。


で、洗濯や仕事の電話だのを済ませて再度パソコンデスクを見たところ、あれれれ?置いたはずのサンドゥイッチがない!!ん?!椅子の下に落ちている?あ、ラップだけじゃーん。

通りで。
犬がゴキゲンで走り寄ってきて、なめたり甘えたり、これまでみせたことのないくらい私に愛想し尽くしたわけだ~!!!ソファからサイドテーブル、そしてデスクへと飛び移ったのか。それとも背伸びして皿ごとたたき落としてありついたのか。いずれにしても、食への執念ってすごい。
やーらーれーたー。









最終更新日  2011年02月01日 12時26分41秒
2011年01月29日
カテゴリ:犬のはなし
恵まれない犬猫を新しい家族の元へと橋渡しする活動をしている友人がいます。私の周囲でもひとり、この方の縁で新しい家族を迎えることとなり、楽しいわんわんライフを満喫中。猫アレルギーの私は「猫を飼う」ということが想像はできませんが、犬に関しては「うちの子が死んじゃったら私はどうなるんだろ?」というほどの心の支えだったりします。犬との暮らしは本当に楽しい。もっとも、ウンチの世話やしつけなど、ちゃんと飼い主としての責任を果たすということが最低の条件となりますけれどね。

明日、かわいいチビわんちゃんたちの譲渡が行われるようです。新しい家族をお捜しの方、こちらに足を運んでみては?運命の出会いがあるかも。







最終更新日  2011年01月29日 08時29分48秒
2010年12月16日
カテゴリ:犬のはなし
去勢はしてないし女装家でもありませんが、うちの犬はよく「おんなのこ」と間違えられます。何度も「じいさん犬だよ」と言ってるはずなのに、繰り返し間違える人はかなり多いのです。腕白盛りの頃は「オスだね」と認識していた人でさえ、今では「あれっ、みかんってメスじゃなかったっけ???」と。

今日やってきた友人とも同じようなやりとりがあり、最後には「この子、オネエなんじゃないの?」だって。人間と同じように犬の世界にだって性同一性障害があるのかもしれないし、マツコのような子だっているのかも。
そういや「んもぅ、今頃気づくなんて失礼しちゃう。飼い主、私の言うこと聞かなさすぎ~っ。ワッフッン」なんて言ってたかも。みかんがおんなのこに見えるのは、それ相応の理由があったんだね。←決めつけてる






最終更新日  2010年12月16日 19時11分23秒
2010年11月19日
カテゴリ:犬のはなし
病院嫌いも「えっ、そこまで?!」と他人様が驚くほど。仕事でも取材場所が病院の類と事前にわかるとお断りすることもありますし、どうしても避けられない場合には同行の営業さんやカメラマンさんに抱えられるようにして出入りします。子どもが具合悪くても付き添うのは無理。家族が検査だ入院だという時には、誰よりも私のドキドキが止まりません。

ところが、この私でも唯一出入りできる病院があります。

それは、愛犬がずっとお世話になっている「動物病院」。御年13才の彼ですが、ほとんど病気らしい病気をしたことがないため、狂犬病とワクチン接種とフィラリア予防の薬をもらいに行く時ぐらいなのですけれど、それでも1~2年に一度は別にお世話になることがあります。
今日もそうでした。
出たのです。鮮血!!彼はこれまでに2,3度、尿道結石になりかけたり膀胱炎になったりで血尿が出ているので、10日ほど前に出た時にも「またか」と様子を見ておりまして。すぐに収まったので放置していたら、今日午後になっていきなりの血尿。真っ赤です。しかも様子がおかしい。
ちょうど午後の診察が始まる時間だったので、犬を抱えて出かけましたよ。6キロ抱えて歩くこと約15分。病院に着いた頃には私がぐったりですわ。

持って行ったおしっこを調べてもらったところ、石ではなさそうだし細菌がはいったことによる膀胱炎でしょうとの見立て。過去には朝晩の投薬を2~3週間という治療を経験していますが、「新しく注射もできました。これだと投薬の手間なく2週間そのままでいい」と言われるので、この注射嫌いの私が「では注射を」なんて言っている。自分が打たれると失神しちゃうし、家族が注射というだけで真っ青になるのにね。
ワクチン接種でも「あれ、なんかした?」という程度の反応なのに、これは大騒ぎ。ギャーーン、ギャーン!!!!!と大声で鳴き続けたところからも、よっぽど痛い注射だったのでしょう。お気の毒。

私は6000円の治療費が痛かったです。









最終更新日  2010年11月19日 16時31分48秒
2010年07月13日
カテゴリ:犬のはなし
何ヶ月も放置していたら毛はボーボーでツメは伸び放題の、まるで野犬のような状態になっておりました。ただでさえ大きいのに、ワサーッとなった毛のせいでさらに巨体化。「これは何犬?」と不思議そうに訊ねられる機会も増えてまいりまして。

オトコマエ先生の動物病院にワクチン接種してもらいに行くついでに、トリミングもお願いしました。
バサッといっちゃってくださいと短髪スタイルをお願いし、夕方迎えに行ったところ、なかなかのロマンスグレーになっておりました。彼、こう見えて還暦越え。2ヵ月後には13歳のおじいちゃんです。

カラダはすっきり、連れて行った時の半分くらいの体型になっており、「オレ、着ぶくれするタイプ」という感じです。これだけ毛を刈ってもらうと華奢な体型がよーくわかりますとも。耳の上にはなんとも可愛らしいヘア飾り。ほんとにほんとに可愛くて写真に収めてみましたよ。
ヒマワリの上には蝶が飛んでるの。まだジメジメの梅雨だけど、からりとした夏の青空を思わせるデザインです。すてきー。

じいさんは、こうした飾りはお気に召さず、落ち着かなくて頭を振るばかり。ようやく撮れたこの1枚ですわ。この後、すぐに自力で飾りを取ってしまいました。ああぁ~~残念。かわいかったのにぃ。







最終更新日  2010年07月13日 18時56分22秒

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.