604738 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みらいノ素(もと)

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

きよちゃんの器

2011年10月31日
XML
カテゴリ:きよちゃんの器
3回目を迎えて秋の「恒例」になりつつあります、藤原さんと義妹の2人展。
大原美術館の本館と分館のまんなか、とても素敵な場所が会場です。ぜひお運びくださいね……という私もどんな作品が出るのか一切知らず、とても楽しみ。詳細はこちらにて。
絶好の行楽シーズンです。遠方にお住まいの方も、秋の美観地区を楽しみがてらいかがでしょう?








最終更新日  2011年10月31日 12時58分18秒


2010年11月21日
カテゴリ:きよちゃんの器
倉敷に行ってきました。義妹・きよちゃんと藤原さんの二人展「ごはんどき」の初日。今日より3日間、大原美術館のすぐお隣という絶好ポイント「新渓園」での開催です。

お庭の紅葉は真っ赤に色づいて、それはそれは素敵な景観。二人の作品もこの会場に実に心地よく馴染んでおり、お客様も次々と。

DSCN0801.JPG

DSCN0802.JPG


ね、魅力的な作品でしょぅ?
今回は煮物を盛るための白い器と、ミニ皿か箸置きに使える黒いスプーン型の作品を購入。この器たちにどんな料理を?と考えるとわくわくします。


実は倉敷で、いろいろとおいしいものたちも調達。
朝は三斎市をぶらり。いろんなお店で試食を重ねて、たまごとチーズの燻製購入。午後には平翠軒にてデミグラソースや薬草茶を購入。

器に似合うように、上手に料理しなくちゃね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村











最終更新日  2010年11月21日 17時48分40秒
2010年11月17日
カテゴリ:きよちゃんの器
私の義妹・きよちゃんと藤原さんの二人展がいよいよ始まります。
会場は昨秋と同じく「新渓園」。大原美術館の敷地内にあるこの会場は、風情もあってとっても素敵なんです。昨秋はお庭の紅葉が美しく、観光客をはじめ多くのお客様が足を運んでいらっしゃいました。

先日、あるアートイベントでふたりを見つけ、この中からだけなんて失礼かなと思いながら藤原さんがB級品としてまとめていた中からふたつの器を購入しました。少々のキズはあるようですが、まったく気にならないばかりか、カタチとサイズが私好み。新作は今度の二人展で楽しませてもらおう、と。

きよちゃんの器も好きですが、藤原さんの器もとても魅力的なのです。彼女の作品は、知り合う前にアクセサリー雑貨として見かけ気に入って購入していたくらい。

ふたりの作品はとてもよく合います。
それぞれに個性はあるのに、お互いに邪魔し合わないといいますか、きっといい相性なのでしょう。わが家にあったものの中から急遽並べて簡単に写真撮ってみましたが、こんな風にふたりのをまとめていても違和感ないでしょう?

今度の日曜が初日です。3日間しかありません。どうぞお運びくださいね。

《ごはんどき~土の記憶~》植山黄世&藤原加寿子
日時 : 11/21→11/23 10:00~16:00(21日は11:00~)
会場 : 新渓園 游心亭
※大原美術館を目指してどうぞ!!本館から分館へ向かう途中にあります。









最終更新日  2010年11月18日 08時48分27秒
2010年10月21日
カテゴリ:きよちゃんの器
自家焙煎の珈琲と手編みのコースターと、きよちゃんの器。
すっかり秋めき、温かい飲み物が恋しい季節になりましたね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年10月21日 16時37分52秒
2010年06月30日
カテゴリ:きよちゃんの器
本日の山陽新聞にも掲載されてますが、義妹の作品展が7/1、2、3の3日間開催されまーす。

私も行ったことがないギャラリーですが、北ふれあいセンターの南の道を入るといいんだって。皆様ぜひぜひ。
「カフェあり、ハーブガーデンあり、古民家再生の建築も楽しめる」とのこと。もちろん、きよちゃんの作品もたっぷり楽しめるはず。乞うご期待!!


   アトリエ・ドゥ・ノエル
     岡山市北区谷万成2-4-7
     086-252-6931







最終更新日  2010年06月30日 23時05分46秒
2010年04月15日
カテゴリ:きよちゃんの器
きよちゃん参加の「春日展」が始まりました。
このギャラリーの近くには、あの方やあの方やあの方がお住まいですよ(笑)。
皆様、ぜひお運びくださいね。
アクセサリーあり、木工あり、イラストあり。どの作家さんも魅力的です。

ギャラリーのあとはぜひカフェへ。素敵な空間ですよ。






最終更新日  2010年04月15日 22時46分19秒
2010年02月25日
カテゴリ:きよちゃんの器

ミニミニサイズのものを見ると、いてもたってもいられないといいましょうか。使い道は限られていると思うのに、何も考えずに買って帰る傾向があります。
あまり意識はしていなかったのですが、いつの頃からかわが家にみえるお客様の多くから「miraicciってほんとうに小さいのが好きねぇ」と言われるようになり、そういえば、小指の半分ほどしかないコケシちゃんとかガシャポンで狙ったミニフィギュアとか小瓶とかが至るところに飾ってあることに気づいた次第。ええ、人に指摘されるまで、自分のミニミニ好きは気づかなかったのです。
小皿にも弱いんです。

そんな義姉の心をもてあそぶつもりでしょうか、きよちゃん。最近、彼女はこんなかわいいお皿を作ったりしています(ん?「お皿」と言っていいのかな)。見えないところに収納するのはもったいなくて、流し台につながってる出窓部分に飾っています。ふだんのごはん時には箸置きにしたり、小梅を乗せたり、お客様には珈琲に添える角砂糖入れになったり、今日なんて落雁をちょこんと乗せてお出ししました。

そう考えると、小さいのに結構活躍するやつです。






最終更新日  2010年02月25日 15時11分36秒
2010年02月23日
カテゴリ:きよちゃんの器

ちょうどいい加減の深さがあるこのお皿は、カレーにパスタにサラダにと大活躍。ほとんど大根だけが残ってしまった昨夜のおでんも、こんな具合。本日のお昼ごはんです。

うちにあるきよちゃんの器で、いちばん出番が多いのがこれかもね。ベージュのやさしい色合いは和洋問わずになんでもござれ。とても重宝しています。






最終更新日  2010年02月23日 12時57分06秒
2010年02月20日
カテゴリ:きよちゃんの器
大学院卒業後すぐに私の弟と結婚したきよちゃんは、実家では物置代わりに使っていた倉をアトリエに替え、以来、ずっとここで器を焼いています。
最初の頃は、淡いブルーやピンクなど、それこそ若い人たちが「わー、かわいい」と手に取ってしまうような色にあふれており、当時の作品しか知らない人たちは今の作品に驚いてしまうかも。カタチの上達ぶりにも目を見張るものがありますが、勉強家の彼女らしく釉薬研究も常に怠らないのが立派なとこ。こうして成長を続けるきよちゃんの器、実はあまり言ってないようなのですが、色はすべて「そら色」。隠れテーマは「空」なのです。

うっすらと明ける頃から漆黒の空まで、刻々と変わる空の表情を想像してください。空の色って季節によっても違いますから、同じ色でも「これは私が好きな春のひるまに似ている」と微妙なニュアンスを楽しめるのも魅力。

昨年、もらった碗です。
ほんとうはお抹茶をいただくものですが、私はひとりでごはんを食べる時に、いろんなものを入れています。コーンフレークでも丼物でもヨーグルトでも煮物でも。今日はトマトとオニオンのスープ。
星空のイメージですが、朝ごはんにもよく合います。


追伸。
わが家では普段使いの食器に「きよちゃんの器」をたくさん使っています。知り合いから「最近、どんなの作っているの?」と聞かれるたびに食器棚から出してお見せしているのですが、もっとたくさんの方に知っていただきたいので(つかいやすい上、温かさがしっかり伝わって、私は本当に彼女の器が大好きなのよ)、ここにカテゴリを設けて紹介することにしました。ははは、義姉の余計なお世話ってやつですかね。
もし実物をご覧になりたい方がいらっしゃいましたらお声かけくださいね。作品展情報等も随時お知らせしてまいります。









最終更新日  2010年02月20日 17時29分57秒

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.