604525 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みらいノ素(もと)

PR

プロフィール


miraicci

日記/記事の投稿

カテゴリ

コメント新着

miraicci@ Re[1]:個展決定(02/04) ♪大先生♪さん >元信者のSUN-SHANです mi…
♪大先生♪@ Re:個展決定(02/04) 元信者のSUN-SHANです 日本でKAI画伯の自…
miraicci@ Re[1]:5の不思議(12/07) ジジさん >ゾロ目や並び数字を よく見る…
ジジ@ Re:5の不思議 ゾロ目や並び数字を よく見るときは 何か…
miraicci@ Re[1]:朝市デビュー(12/04) む~さん63さん わーーー む~さん、…

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

フリーページ

全486件 (486件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

カフェ・おいしいもの

2011年12月02日
XML
今朝はダンナの出勤時間が早くて6時には弁当完成。最近は5時には目覚めるので時間的なものは問題なし。ただ、布団から出るのがイヤなのよ~。台所はさらに寒い。

本日のお弁当。
ごはんに塩昆布、鶏の塩焼き、ネギのコチュジャン和え、竹輪とコンニャクの炒め煮、(昨夜の残りの)イワシの蒲焼き風。ありゃりゃ、今日は野菜がほとんどなしだわ。こりゃいかん。朝ごはん用に野菜スープでも作るかな、これから。






最終更新日  2011年12月02日 06時38分14秒


2011年11月22日
妹が東京出張のたびにお願いしていた「シュガーバターサンドの木」。今はお願いせずとも決まってこれをお土産に持ってきてくれるようになりました。大好物なんです。いろんな種類がありますが、このシリーズはどれを食べてもハズレなし。ザクッザクッとした食感とやさしい甘さ。とにかくうまい!!

実は今日、友人からズワイ蟹を1杯もらい、息子と二人で夕飯にたらふく食べたとこ。そんなウホウホの食後に紅茶でも飲もうかと話していたらこのお菓子。なんというタイミング、そしてなんという贅沢。

そしてこれまた友人からのいただきもの、今夜のお風呂は薔薇入りバスソルトが待ってます。こりゃまるで温泉旅館に宿泊した気分。おいしい蟹に、おいしいデザートに、ゴージャスお風呂。

シ、ア、ワ、セ~(^-^)






最終更新日  2011年11月22日 21時11分21秒
今朝のワイドショー番組でタニタの料理本が驚くほど売れて、そのリクエストから一般の人が利用できる食堂を作ることになったと。外食産業に健康機器メーカーが進出。きっかけは料理本だなんて、すごい。
一食500kcalがどれくらいのものか、私はカロリー計算をまったくしないのでわかりません。が、カロリーだけを見ていては別の部分でバランスを欠いてしまうのは、大学時代に栄養学を少しかじったことから理解できます。栄養素とカロリーを計算して実際に料理を作るという試験で、料理など家で作ったこともなかった私は「ごはんと肉じゃがと汁物」みたいな、とりあえず条件はクリアーしていてもなんだか食をそそらない品数と彩りを仕上げてしまったのでした。友人たちはいくつかの小鉢にデザートまでをそなえ、それは充実の1食を作り上げていましたから、タニタの料理本がうけたのはそういうことなのでしょう。「食べたい」と思わせる内容でないと、いくらカロリーが栄養がといってもダメ。

インタビューを受けていた町の人に「こういうお店ができるとありがたい。だって家で作る手間が要らないし」という声があり、でもタニタとしては本意でないだろうなあとそれは残念。このレシピ通りにしなさいとは言わずとも、日々の生活の中で自分の作るごはんを見直すきっかけでもあるというのに。
便利さやラクさに流されるのは、もうひと昔前のことであっていいんじゃないかしらん。心の豊かさや絆がこれだけ叫ばれている今なのだから、せめて「こういうお店ができるとありがたい。家ごはんを見直すきっかけになりますから」という声が聞きたいなあ。


タニタの本は書店で立ち読みしましたが、わが家の食には味がしっかりしすぎと感じられ購入はやめました。もう症状は出ないとはいってもアーモンドアレルギーがあることは事実で、手軽にビタミンEが摂取できたとしても調理に使用するのははばかられますしね。
さて、うちの弁当は何カロリーなのでしょうか。ごはんにごま塩、ホウレンソウのおひたし、ブリの塩焼き、ハムステーキ、アミ大根、ポテトサラダ。今日はこんなラインナップでした。











最終更新日  2011年11月22日 09時40分53秒
2011年11月17日
ボジョレを一度もおいしいと思ったことはなく、去年もたぶんその前の年も買わなかった。けど、今年はなんとなくこの祭に乗っかってみようという気になってスーパーで購入。どうせおいしくないんだし気分だけ味わいましょうとペットボトル入りの最高に安いやつ(^_^;)

カブの葉の漬け物を刻んでおつまみに。自分で作っておきながら、これがうまい(あ、誰が作ってもうまいんよね~)。ワインはすすまないけど漬け物はすすむ。そんなボジョレ解禁日。









最終更新日  2011年11月18日 00時12分35秒
2011年11月16日
胡麻和え、キンピラゴボウ、玉子焼き、ウィンナー。
昭和の食風景にありがちな定番おかず。この弁当箱、ご飯だけで2膳半入る容量なので、見た目よりボリュームあり。部活をやめた息子からは「動くのが減ったからこんなに要らないわ」と言われてごはんを入れる量は減りました。






最終更新日  2011年11月16日 07時08分00秒
2011年11月15日
乏しい冷蔵庫をゴソゴソして、今日はキャベツとウインナのトマト煮込みにキンピラゴボウ。食後にコーヒーのんだ後で、ピンポーン。おおおおっ!!!!「これ、全部置いて帰ってもいい?」と嬉しい届きモノでした。そりゃもう願ったり!
月に2度ほど大量に産みたて卵をもらっているのですが、今日のはサイズが小さいせいかその分たくさんの個数。間引き菜なのよと言いながら、いいサイズに育ってるホウレンソウは45リットルの袋にいっぱい。赤カブや柚子まである。

少しずつ水桶で洗ってザルにあげ、ホウレンソウは鍋に一杯分だけ茹でました。これは明日のお弁当に入れる胡麻和え用。カブは甘酢に漬け、葉は塩と昆布と唐辛子を入れて重しをしたとこ。ふぅ、これだけの作業に1時間半。嬉しい労力ですよ。新鮮野菜でおいしいものが食べられるなんてシアワセ~。

食後に出かけたスーパーでは土生姜がお買い得。たくさん買えたので、明日から干し生姜にする予定。薄く輪切りにして干しネットに入れるだけ。外に出しておいたら風がカラカラにしてくれます。それをミルサーでガーッとしておけば、いろんな料理にパパッと入れられてすごく便利。おすすめはお味噌汁。身体の中から温まりますもん。






最終更新日  2011年11月15日 23時00分43秒
2011年11月14日
朝はデトックスの時間だから、本当は朝食抜きくらいがいいのですと。排尿排便、目やにが出たり、そういう排出の時にお腹いっぱいにしてしまうと食物を分解するために身体がパワーを使うことになるので、大切なデトックスの機能が薄れてしまうと。そんな説を聞いたことがあります(これは大人に限ってのこと。子供はまた別にエネルギーが要りますからね)。
ま、そうでなくとも、昔の人に比べて大して活動しない成人がエネルギーだけ余分に蓄えることもないものね。足を使わず車で出社。なんとなく過ごしてすぐランチって生活を考えると「朝はしっかり食べなきゃダメ!」はすべての人に適用されない気はします(夜は夜で、胃に負担かける時間まで食べてたりするしね)。運動量の多い人なら別ですが。

な~んて言いつつ、私は朝食は抜かないんですよ。
もうそれがリズムになってしまっているので、毎食くだものと「何か」。おにぎりだけって時もありますし、ごはんにお弁当の切れ端の諸々を乗っけての時も、パン食の日も。くだものだけは欠かせず、サンふじ1/2個というのが大体。夏頃からこの時期は収穫が減るのか値段も少しだけ高くなるので、桃、梨、ブドウ、柿……と手に入りやすい旬のくだものにしますが。ようやくサンふじが安く出回るようになったので、今朝はこれと粕汁。粕汁には友人が作ってくれたお餅を焼いて入れました。温まります。

これだけ食べたのだから動かないとね。
これから打ち合わせ。タクシーを使おうかと思いましたが、歩ける区間は歩くことにします。











最終更新日  2011年11月14日 09時22分57秒
2011年11月11日
今朝のこと。
「ちょっとくらい手伝ってくれたっていいのに!」と聞こえない声で不満をぶちまけながら家事をしていたら、すれ違いざまに息子が「キレイだな」。えっ?!今日に限って早めにお化粧していたからかしらん~といい気になった後で、手にシクラメンの鉢を持っていたことに気づきました。ああ、これだったのね(T_T)
水をやりすぎたみたいで花がしおれて葉はグッタリ。それを剪定したのでキレイに見えたということですか。たまには母親のこともほめたらエエのに~。試してごらんよ、たぶんブツクサ小言もなくなるから。

という本日のお弁当。
ブリの炊いたん、野菜とヒジキの煮物、ツルムラサキのゴマ酢和え、玉子焼き。
そろそろ早起きが辛い季節がやってきます。いかに作り置きを活用していくか、ムリせずがんばりまーす。






最終更新日  2011年11月11日 08時40分48秒
2011年11月05日
この前、ものすごいもの食べました。カッチェスの「キンダー」というの。


スレンダーな黒猫のカタチがすごくかわいくて、こういうの大好きな私にピッタリと友人が買ってきてくれたもの。
別のキャンディーももらったので私はそっちを口に放り込み、これはどんな味かしら?とその友人ともうひとりが試食。と、ふたりとも「ん?ん?」。どんな味か答えられないばかりか、すぐにもう食べられないと言ってペッ。別の友人にも勧めたら「何、コレ?何の味?」と怪訝な表情。私も口の中のを急いで片付けてコレを食べてみたら……。なにコレ!!!
まるでタイヤを食べてるような奇妙な堅さと(ハードグミだからね)罰ゲームとしか思えないような味。んー。なんというんでしょうか。香りは黒糖みたいなのに甘味が薄くて変なハープ感。あまりなじみのないスパイスが奇妙な食感を通してうわーと広がるような。調べてみたら「天然のリコリスから抽出したジュースを使用」とある。んー、んー。天然リコリスはいいとして、なんでわざわざこんなマズイのにしちゃったんだろ。というか、これをドイツ人の味覚は受け入れるのか???大人の食べ物なのか子供のお菓子なのか、一体どういう人をターゲットにしたものなんでしょうか。

マズイなんてショックだ!!!とプレゼントしてくれた友人はいいますが、こんなハズレが当たることなんてそうそうあるものじゃないから返って嬉しかったわ(^_^;) で、さきほど「もう1回食べてみたら今度はおいしいと感じられるかも」と挑戦。口に入れてすぐに「うぇぇぇ~」でした。
食べてみたい方、まだうちにありますので遊びに来られた際にお申し出ください(^-^) 話のネタになりますよ。









最終更新日  2011年11月05日 23時00分26秒
2011年11月03日
先日友人から圧力鍋をもらう。
蓋が吹っ飛ぶイメージなのと重さが気になってこれまで手にすることのなかったもの(実家にもあったけれど、母も蓋はしないでただの鍋として使用してたなあ)。普通の料理もそんなに時間がかかわるわけではないから、わざわざ圧力鍋をという選択にならなかったのだ。

が、いただいすぐに箱から出したこの鍋。思ったより軽くコンパクト。色もかわいい。レシピ集なんて入っていてテンション上がりまくり!!
どの程度の時間でどんな風にできるのかわからなかったので、まずはカレーを作ってみることに。レシピには圧力をかけて0分で火を止めて10分放置とある。0分て????
まったくサル状態なので、これでいいんだよね?と何度も使用書を確認しながら蓋をセット。蒸気が出るってこういう状態?間違ってる?とハラハラ。万が一蓋が吹っ飛んでも被害を最小限に抑えられるよう少し離れたところから鍋を見守り「これが0分ってことだよね?本当にこれでいいんだよね?」と火を止める。待つこと10分。ドキドキしながら蒸気をぬいて蓋をあけると……んん?煮えてないじゃ~ん!!!!と、フォークを刺してみると「煮えとるがな!!」。感動のうちにその日のカレーはできあがったのでした。
初めてだったのでこわごわの扱い、工程はほぼレシピ通りにしたのでスパイスをどのタイミングで入れたらいいのかわからずただの即席カレーになっちゃったのは誠に残念。で、す、が。一度やっちゃうと適当にやっても大丈夫な気がして、翌日は適当に五目煮を完成。「この鍋使うとにんじんが気持ち悪いほど甘くなる」と息子に言わしめるほど素材の持ち味を損なわないんだなと感心。昨日なんて、ありあわせの具材だけでパエリア作ってみましたよ。低圧力で5分、火を止めて15分で完成なんだから簡単なもんです。甲殻アレルギーのダンナも食べるためエビが入れられなかったのが心残りで、こんなに簡単なんだから息子とふたりの今日のランチもパエリアにしちゃうかも。缶詰のホールトマトがまだあるし。








最終更新日  2011年11月03日 09時32分02秒

全486件 (486件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.