653539 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

♪あ・ん・だ・ん・て♪

PR

プロフィール


fehr

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2022.07
2022.06
2022.05
2022.04
2022.03

お気に入りブログ

七夕コンサート すららさん

準備中 にしたろう0819さん

Zenfone7Proのフリッ… 藤田浩司さん

MIAWわーるど MIAWさん
ハム吉のブログです… ハム吉24さん

ニューストピックス

サイド自由欄

設定されていません。

♪あ・ん・だ・ん・て♪





音楽と仕事とお料理と。。



  • DSCN4109.JPG


  • DSCN4064.JPG








Big Bnad初オリジナル作品!
INTERNATIONAL SONGWRITING COMPETITION 2011の The SEMI-Finalistsに
入った作品!

"Flexing"


第2作目はこちら

"Not Everything Goes Well As You Expected"


第3作目は、、

"ERUPTION from "TARKUS""


第4作目は、、

"さくらのしずく"


第6作目は、、

"You Taught My Heart To Sing"


第7作目は、、

"Salvadore De Samba"



Big Bandのアレンジ第8作目は、、こちら。


”Tombo in 7/4(Comp. by Airto Moreira)"


Big Bandのアレンジの第9作目は、


"Me And My Baby" (Comp. by Horace silver)"


Big Bandのアレンジの第10作目は、


"とおりゃんせ"


Big Bandのアレンジの第12作目は、


"Funky Bag's Groove"


Big Bandのアレンジの最新作第13作目は、


"His Faint Whiff of the Midnight"






2021.08.27
XML
カテゴリ:音楽
タンゴ忘備録

小松亮太さんの本より

第1章 タンゴ基礎知識

・バンドネオンは、ハインリッヒ・バンドが発明したので「バントネオン」
 と言う、「バンド」さんが作ったアコーディ「オン」系の楽器
 アコーディオンのようにコンパクトで、オルガン的な音色

・アルゼンチン・タンゴでのバンドネオンは、
 ディアトニック式バンドネオン
 ドイツ製ではあるが、「アルゼンチン輸出仕様」

・ドイツ「国内仕様」のバンドネオンは、伝統的なポルカのような
 曲を演奏
 曲は短く単調、16小節でも長い
 ドイツの田舎のフォークミュージック
 ドイツ国内ではあまり売れなかった

・ドイツでバンドネオンの製作はほぼ独占企業状態
 終戦後、ソ連軍によってバンドネオンの工場は武器工場として疑われ、
 工場の資料や道具など全部持っていかれてしまい良い楽器が
 作れなくなった
 何人もの職人が関わって1台の楽器を作っていたから

・バンドネオンとアコーディオンの違い
 アコーディオン;イタリア、フランス、ドイツ、ベルギーなど国により
         音色や方式も異なる
         音色はクラリネット的
 バンドネオン:フランス、ベルギーのボタン式アコーディオンとも
        よく間違えられる
        鍵盤がなくボタンがたくさん、丸いイメージ
        音色は中〜高音域はオーボエ的、尖ったイメージ

・タンゴはヨーロッパの様々な国からきた移民の人たちが作った音楽
 アルゼンチンの移民:イタリア系(多数派)、スペイン系、
           フランス・ポルトガル・ドイツ・オランダ・
           ベルギー・北欧系、
           ポーランド、クロアチア、東ヨーロッパ、etc.

・タンゴの成り立ち

  ・ハバネラ:スペインからキューバに

  ・ミロンが:スペイン、キューバから

  ・タンゴ・アンダルース:キューバのハバネラがスペインに逆輸入され
              劇中歌曲になったもの

  ・カンドンベ;


第2章 タンゴの楽しみ方

・タンゴ:1920年代、ヘッドアレンジで音楽を成立させていた
     (ジャズのように)
     30〜40年代、アルゼンチンは世界大戦に参戦せず、
             欧州などに小麦や農作物を
             輸出することで国内好景気に、
             世界有数の経済大国に タンゴ界も好景気に 
             オルケスタ・ティピカ
             (Pf,ContraBass,3~4Bandneon,3~4Vio)
             大編成=楽譜が必要、
             ジャズと異なりアドリブがない
             アドリブし辛いリズム、
              ガッツリアレンジされている
             「書き譜の音楽」=クラシック音楽
             同業他者との差別化はアレンジ

・アレンジの聴き比べを! 
      ex. ラ・クンパルシータ  
         ルイス・モレスコ(速弾きバリエーション)
      ex. アディオス・ノニーノ
          1969年 キンテート(Quinteto五重奏団)
          1961年 オリジナル原曲 あっさり
          レオポルド・フェデリコ奏団  素朴
          1970年代 ピ
アソラ未発表アレンジ 難し

・オリジナルを凌ぐアレンジ
  1、​オスバルド・プグリエーセ楽団 「スム(Zum)」
           アストラル・ピアソラ作曲
  2、​アストラル・ピアソラ楽団 「ネグラーチャ(Negracha)」
           オスバルド・プグリエーセ作曲
  3、​セステート・マジョール「夜のプレリュード
    (Preludio nochero)

     オスバルド・レケーナ&レオポルド・フェデリコ作曲
                                                       ​ *
  4、オスバルド・モンテス&シロ・ペレス
    「リベルタンゴ(Libertango)」
    アストラル・ピアソラ作曲
  5、​オスバルド・プグリエーセ楽団 
   「ガジョ・シエゴ(Gallo cirgo)
​」
    アグステイン・バルディ作曲
  6、熊田 洋 「泣き虫(El lloron)」
     アンブロシオ・アドリサーニ作曲
                  *

・ロック・ポップス・CMソングのタンゴアレンジ

  1、八木正夫作曲 ​「目覚め〜ネスカフェ・ゴールドブレンド
    のテーマ」のタンゴバージョン
​ 
    編曲 熊田 洋
  2、葉加瀬太郎作曲 ​ 「watashi」のタンゴバージョン​ 
    編曲リサンドロ・アドロベル
  3、大江千里作曲 大江千里・渡辺美里作詞 
    「素顔」のタンゴバージョン 
    編曲 小松亮太
  4、宮沢和史作詞作曲 「ピアノ」のタンゴバージョン 
    編曲 小松亮太
  5、リムスキー=コルサコフ作曲 
   「熊ん蜂の飛行」のタンゴバージョン 
    編曲 オスマル・マデルナ


・原曲が凄すぎてアレンジ不要
  1、マリアーノ・モーレス作曲 ​「軍靴の響き」(Taquito militar)
  2、アニバル・トロイロ作曲  ​「レスポンソ(Responso)」
  3、アストラル・ピアソラ作曲 ​
   「ブエノスアイレスの冬(Invierno porteno)」

  4、オマール・バレンテ作曲  ​
   「鍵盤の悲しみ(Tristeza de un teclado)」


第3章 タンゴの創造者

・ファン・ダリエンソ
・オスバルド・プグリエーぜ​​・アニバル・トロノロ
・カルロス・ディ・サルリ
・アルフレド・ゴビ
・アストラル・ピアソラ
・これからのタンゴ






最終更新日  2021.08.30 16:00:26
コメント(0) | コメントを書く


購入履歴


© Rakuten Group, Inc.