1158480 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミスティの虹いろ日記

PR

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

Go To イート キャン… New! toshinnyさん

菱盆点前(玉露二煎… New! ザ・せんちゃさん

斉藤歌謡教室の発表… New! kichan65さん

没ネタ2020夏(=^・^=) New! chiroakaさん

彼岸花満開 マコ5447さん

Freepage List

April 27, 2017
XML

高橋川の集落から大畑川下流に向かっていくと

「ふるがわ」という旧河川(大畑川)と合流する

木和田川とそれに架かる小さな佐渡橋に出会います


佐渡橋 木和田川



以前、大畑川は蛇行が激しく氾濫を起して「暴れ川」といわれ

直線的に改修された事で、旧河川が名残をとどめている場所が

幾つかありますが、後ほど紹介しますね


佐渡橋を過ぎると道路脇に赤い鳥居を発見!


大畑発祥の地



脇には深山神社の立看板、鳥居の中には

神木とされる、栃の木の切り株

左に「大畑発祥の地」の石碑



右には「記念碑」とかかれた石碑


中央には「道祖神祠堂」 立看板には



大畑最初の農耕を行い住みついた所

祠堂には、浮彫りの三尊を安置している事が書かれています


ここ深山のあたりは大畑町の市街のもとになった所とされていて

大阪夏の陣で敗れた豊臣方の落武者たちが

先住民であったアイヌ人と共に農耕を始めた場所となっています

確かに平地の広がる高台にあって日当たりも良く

山と川の恵みの豊富な場所と思われます


深山神社



参道の奥に鳥居がみえます

深山神社への入口のようですが

地図でみるとかなり山奥のようなのでここで断念しました



深山神社は、大畑八幡神社の奥の院となっています

人々が深山から次第に大畑市街地に移住するようになって

大畑町南町に遷座したとかかれてありました

とても歴史ある神社であることは間違いありませんね


ここ深山や高橋川・小目名・薬研には落武者伝説が残っていて

末裔の方々も住んでいらっしゃるそうです

400年以上の昔に思いをはせる・・・ロマンですね~










Last updated  April 27, 2017 11:01:37 AM
コメント(4) | コメントを書く
[田舎生活~むつ市(大畑町 川内町 脇野沢村)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.