649807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

  ひらめきハート満天丘  花村実葉         

2015.04.12
XML
カテゴリ:社会

お弁当.jpg

  お弁当は、もう10年以上作ったことはありませんでした。

  けれど、本日から会社に勤務することになり、簡単お弁当を作って

持って行きました。いつもお昼はパスタが多いので、ご飯ではなく

パスタに。今日は自分の作ったお弁当を食べるときに灌漑深いものが

ありました。わたしは、過去、どこかで働いていた時もお弁当を作って

行ったことがほどんとなく、ただし、息子たちの高校はお弁当だったので

 その数年間と、夫のダイエットのためのお弁当を作ったくらいでした。 

 

 今まで散財していたので、ようやく経済観念というものを意識してきたって

感じです。この中で、朝ゆでたのは、アスパラと前日一度ゆでておいた

パスタをもう一度、朝ゆでただけ。他は前日の晩に、ゆでておいたもの。

 マグロはゆでて冷凍して、凍ったまま入れました。

 明日はお休みだから、これから、いかに合理的に事をするかを

明日検討。世の中にはお弁当づくりの達人がおりますが、

わたしの場合は栄養のバランスしか考えていません。 

  自分のためにお弁当を作るって、初の体験だったので、

なんだか嬉しいです。全然自慢できるものではなくお恥ずかしい

限りです。このお弁当箱、100円ショップで買ったもの。

 

 でも、普通のことなんですよね。 長いこと、お勤めというものを

していなかったので、一から教えていただくことがなんだか新鮮!

 実のところ、自分の年を言いたくないのですが、59歳!

なにしろ、わたしは、10歳くらい若く見られることが多かったので、

また、年など気にしていなかったのですが、この5年ノイズに苦しめられ

外で働くことが出来なかったのです。だから、9年前に夫を亡くした後は

夢を追いかけ、作家になることを夢見て、預金を使いまくり、

それが尽きそうになると、家を売り、それが尽きると、株で大きな損失を出し

、一年前にはマンションを売り、そして、東京を離れ、静岡に戻り、

少しバイトでもしながら、自立の道を探っていたのでした。

  戻ってきた頭金もわびしくなってきて・・・ 

 お恥ずかしいですが・・・ 

 それか、再婚した方がよいかと思い、お見合いもしてみたり・・・

 

  こんな仕事・・・できるわ~って仕事もまったく採用されなかったのです。

  長いブランクと年齢で、履歴書を送ってください・・・というのだと

 年齢で落とされてしまい・・・

  だから、自分でやるしかない・・・何かを・・・

  昨年電子書籍を二冊出しました。けども、何者かにずっと、邪魔をされ、

  電子書籍で、生計を立てようともくろんでいたわたしの願いはもろくも

崩れ去ったのです。

 

 最近は、スーザン・ボイルの「夢やぶれて」を

毎日聞いていました。息子の世話にはなれないし・・・

 昨年は高額なセミナーに参加したものの、尻切れトンボに・・・

 崖っぷち・・・って感じでした・・・。

 年末にはニューヨークにも行ってしまったしね!

 

 けど、崖っぷちは、これが初めてじゃないのです。

 夫が、9年前に倒れたときは、崖に突き落とされて谷に落ちていました。

 わたしは、そのあと、すこしづつ聳え立つマッターホルンを乗り越えたのです。

 だから、絶対に何とかなる・・・って思っていたのです。

 なにしろね・・・夫は海外で倒れ、中国の病院で植物状態に

なってしまったんです。あの時は、地獄でした。

 3か月半の入院で850万円も掛かったのですよ。

 けれども、神様は、手を差し伸べてくれるものだと思いました。

  いつも、決断というものが求められたけれど、

不思議に、何かが助けてくれるのです。 

 

  今回も・・・再婚か、仕事か・・って、どうしようとギリギリで、

  わたしを受け入れてくれる会社と出会えたのでした。

  実のところ、8時間勤務で体力が心配なので、食事が大事だと。

  でも、「ゆっくりやってください」と言ってくださるところなので、

 大変助かります。

  高額商品を扱うブテイックなので、なんでも早くやるというのとは真逆なのです。

  ずっと立っているわけではなく、座っていることも多いので、良かった・・・

 という感じです。 

  わたしを気に入って、雇ってくださった店長さんに感謝でいっぱいです。 

  また、その方も、一年前に東京から転勤になった・・・ってこともありそうです。

  今まで、落ちたところは、面接をしてくれた方が、若い人ばかりだったのです。

  それか、人材派遣センターみたいなところで。

 

  なので、これからは、いろいろ工夫しながら頑張ろうと・・・。

  そうそう、それから、仕事を終えて、駅近くの洋服のブテイックを覗くと、

  そこの若い27歳の店員の女の子が、「お客様、お肌がきれいですね!」

  というではありませんか!」

  彼女はニキビがあり・・・肌が荒れているのでした。

  それで、

  「お肌のお手入れの方法を今度紙に書いてきてあげるわね~♪」 と

  少しだけ、教えてから・・・そう伝えました。 

   東京に居たときは、若い子にたびたび言われたのでした。

   最近は流石に、衰えてきたのですが、久々、言われて嬉しかったですよ。 

 

   何かが実るときには、まだその時が来ていない・・・ってこともあるのかなと

  思います。桃栗3年、柿8年と言うし・・・

   書くことに対して努力が足りなかったのかもしれないし、運も無かった・・

   そうして、何者かに、邪魔され続けたってことも・・・

   スーザン・ボイルの「夢やぶれて」は夢が叶った歌だったのですが、

   何度聴いても、素晴らしく・・・勇気を与えてくれる歌です・・・

    わたしのこのブログにはURLが載せられないようにされていますので

    載せませんが・・。

    それでは、いつもありがとうございます!

   本日も、みなさまにとって良い日になりますように~スマイル星手書きハート星スマイル星手書きハート星スマイル 

 見つめる女.jpg

  

    

  

   

   

   

  

 







Last updated  2015.04.13 01:28:37
コメント(123) | コメントを書く


PR

Profile


花村実葉

Calendar

Comments

BennyDam@ Препараты От Простаты Аденомы В Секрет евреев: Еврейские мужчины лечат …
BennyDam@ Симптомы И Лечение Бронхита Лекарствами Секрет евреев: Еврейские мужчины лечат …
maxdix@ уход за кожей процедуры &lt;a href= <small> <a href="https://ti…
BushenevArish@ Professional dissertation writers <small> <a href="http://bit.ly/2QcvpAG…
HeatherDaw@ Мы нашли все таки где купить этот препарат без огромных затрат Мы все же справились с заболеванием бл…

Favorite Blog

七夕  7月7日 New! ただのデブ0208さん

佐藤錦の到着~QUOカ… New! ダニエルandキティさん

スプレー容器のカバ… New! そら豆さん

山羊小屋の拡張工事 New! 賢犬さん

ラング・ド・シャ … New! 悠々愛々さん

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.