1859008 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みっちぃの至福のひととき  時々 シンガポール日記

PR

Profile


みっちぃ0106

Calendar

Recent Posts

Freepage List

Category

Comments

Happy子@ Re[2]:南国フルーツ☆美味しいマンゴスティンの見分け方(05/10) macchanndさんへ Macchanndさんは海外も…
GUIDERZ 江尻@ GUIDERZの江尻です。 みっちいの至福のひととき 時々シンガポ…
わかりません@ レス レスありがとう。詳細はこれです(人・ω・)◎ …
ゆう@ Re[1]:華楽酒家(ワーロック)の飲茶(10/15) ブログのアドレスはこちらです。 http://…
ゆう@ Re:華楽酒家(ワーロック)の飲茶(10/15) こんにちは。 「シンガポールで暮らす!…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2007.01.29
XML
念願のインド旅行が飛行機実現しました。

実は、昨年11月も飛行機を予約してはいたのですが、直近にテロ事件があり
旅行を断念したのでした。

シンガポールから、23時発のJET AIRで出発。
そんな飛行機に乗って大丈夫かな~と不安があったのですが、

なんと、インドで一番大きな航空会社 だったのです。なら安心!?

午前3時に空港に到着。

イミグレでは、入国カードを地べたに座って書いているグループ発見。
さすが・・・インド!と思いきや、日本人大学生らしきグループショック

知人に依頼しておいた運転手さんと合流。

ここから「タージマハル」のあるアーグラーまで、約200キロの旅です。

朝晩の気温は、5度。寒いです・・・失敗

アーグラーに到着。

とりあえず、トイレにも行きたいし、朝食も食べたいってことで、シェラトンホテルへ。
ここで、朝食バイキング。一人@400ルピー(約1000円)
たぶん、高いんだと思うけど、、、
朝から営業していて、食べれそうなところは、ここしかなかったの。


そして!「タージマハル」へ!

車をパーキングに止めると、うようよと人がやってきます。

「タージマハル」までの交通機関、何に乗るか・・・と。

トゥクトゥク(三輪車)、馬、ラクダ。
どれも往復で200ルピー。

ラクダに乗りたかったけど・・・汚かったので、選んだのは
taji1

そして、ゲートに到着。
入場料250ルピー + ADAというインド考古学局に払う500ルピーの計750ルピー。(約2100円)
高い・・・


そして~~。
やっと念願の「タージマハル
taji2

とにかく、言葉を失うほどの美しさだった。
特に、朝陽が昇りかけた時間だったのでキラキラ光っているしきらきら

完璧な左右対称のシンメトリーなのです。

見る事ができて、よかった!本当に。


「タージマハル」は、”マハル”は、宮殿という意味ですが、ここはお墓なのです。

ムガル帝国 第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハルの死(1630年)を悼んで、22年の歳月を費やして、建設したとされるるお墓なのです。


次に訪れたのは、「アーグラー城」
1565年、ムガル王朝第3代皇帝のアクバルが10年の歳月をかけて築き、4代皇帝ジャーハーン・ギール、第5代皇帝シャー・ジャハーンと3代にわたっての居城でした。
taji3

ここは、「タージマハル」を建設した第5代皇帝シャー・ジャハーンは、帝位を狙う自分の息子に幽閉されてしまったムサンマン・ブルジュ(囚われの塔)です。

シャー・ジャハーンは、「タージマハル」の隣に黒大理石で黒いタージを作る計画をしていましたが、幽閉されて7年後にここで息を引き取ったと言われています。

実際、お墓はタージマハルの王妃の隣に棺が安置されています。

”黒タージ”完成していたら、これもまた素晴しいものだったでしょうね。










Last updated  2007.01.30 23:46:53
コメント(13) | コメントを書く
[シンガポール★発の旅行] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.