1854753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みっちぃの至福のひととき  時々 シンガポール日記

PR

Profile


みっちぃ0106

Calendar

Recent Posts

Freepage List

Category

Comments

Happy子@ Re[2]:南国フルーツ☆美味しいマンゴスティンの見分け方(05/10) macchanndさんへ Macchanndさんは海外も…
GUIDERZ 江尻@ GUIDERZの江尻です。 みっちいの至福のひととき 時々シンガポ…
わかりません@ レス レスありがとう。詳細はこれです(人・ω・)◎ …
ゆう@ Re[1]:華楽酒家(ワーロック)の飲茶(10/15) ブログのアドレスはこちらです。 http://…
ゆう@ Re:華楽酒家(ワーロック)の飲茶(10/15) こんにちは。 「シンガポールで暮らす!…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2008.09.26
XML
バリでのお買い物は、US表示のお店もあるのですが・・・

支払いは、インドネシアルピアだったりします。
そうすると、お店の換算レートで、ルピアに計算されてしまうので、
自分の計算している金額より高くなります。

USで払った場合にも、お釣りはルピア。

ルピアをあらかじめ両替して持って行った方がいいですね。

それか、現地のレートもそんなに悪くはありませんでしたが、
場所によってまちまち。

私は、シンガポールのラッキープラザで、1シンガポールドル=6,380RP で
両替したので、それを基準にしてました。
ウブドでは、1シンドル=6,450で両替。

スミニャックでも、どこで両替しようかウロウロしてたところ

BINTANG スーパーのすぐ近くに 1シンドル=6,950 という有り得ない
レートの両替所を発見目

さっそく、100シンドルの両替をお願いすると

なんと、2万ルピア札で両替してくるじゃないですか。
695,000ってことは、かなりの数。

両替所の人が、10枚づつ目の前で数えて束にしていきます。

すると、2万ルピア 35枚で700,000なので、5,000ルピアのお釣りをくれ!と。


夫トトロが、お財布から5,000ルピアを探していると、両替所の人が
35枚の2万ルピアをまとめて、机の上で束ねました。


ちょっと離れた場所にいた私には、見えました!!!


机の上で束ねた時に、お札が机の下に落ちたのです!!


おかしい・・・と思って、机の裏側を見たけど、そこには大きな鞄が置いてあって
お札は散らばっていません。

お店の人は、"何!?”って感じで私を見るのです・・・涙ぽろり


お釣りを探していたトトロには、見えていないのです。


お店を出る前に、トトロにもう一度数えて!ってお願いしたら


25枚しかなかった!!



トトロがおかしい!というと


中からボスらしい人が出てきて・・・


”SORRY・・・”といって、シンガポール100ドル分と5,000ルピアを
返してきたのです。


その時点で、ぽか~~ん。


しばらく、意味わかんなかった。



そんなレートでの取引は、交渉が成立しないので、お金を戻されたってわけでした。


あんな観光地のど真ん中の両替所で、毎回そんなことしてたら
すぐに摘発されないのかな~。

毎回じゃなくって、たまに”今日は詐欺の日”とか決めてやっているんだろうか。


もし、お札をすぐに自分の脇にきっちり置いたりして、相手の詐欺ができない状態に
なってたら、その時点で取引を止められてたんだろうか・・・


とにかく、バリでは詐欺にひっかからないように気をつけましょうね。


応援クリックお願いしますどきどきハート






Last updated  2008.09.28 17:33:11
コメント(4) | コメントを書く
[シンガポール★発の旅行] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.