1853248 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みっちぃの至福のひととき  時々 シンガポール日記

PR

Profile


みっちぃ0106

Calendar

Recent Posts

Freepage List

Category

Comments

Happy子@ Re[2]:南国フルーツ☆美味しいマンゴスティンの見分け方(05/10) macchanndさんへ Macchanndさんは海外も…
GUIDERZ 江尻@ GUIDERZの江尻です。 みっちいの至福のひととき 時々シンガポ…
わかりません@ レス レスありがとう。詳細はこれです(人・ω・)◎ …
ゆう@ Re[1]:華楽酒家(ワーロック)の飲茶(10/15) ブログのアドレスはこちらです。 http://…
ゆう@ Re:華楽酒家(ワーロック)の飲茶(10/15) こんにちは。 「シンガポールで暮らす!…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

全43件 (43件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >

シンガポール★発の旅行

2006.05.28
XML
宿泊していたホテルから車で40分くらい。

津波で崩壊したパトンビーチにやってきました。
崩壊前は、どんな街だったか知らないのですが、すっかり復興しています。

着いた時間は、18:30過ぎ。
夕日の沈む時間で、とってもキレイでしした。
patong3patong2patong1
こんな面白い看板も見つけました。酔っ払い注意!

スタバもあるよ。コーヒーは、45バーツ(150円くらい)安いよね~

パトンビーチは、いわば繁華街。
バンコクのバッポン通りをそのまま持って来てしまったような街でした。

ゴーゴーバーあり、おかま有り、ニューハーフありショック

実は、私、ニューハーフ好きなの。
変な意味じゃなくってね。
彼(彼女)たちとお話するのは、楽しいし。

日本でニューハーフたちとお話するうちに、色々と詳しくなってしまったのよ。

フェイクの胸なんか、すぐに見分けられるしねウィンク


ここは、タイだからタイ料理が食べたい!って思って色々探したけど、意外とないの。
表通りに面しているところは、全部シーフード料理屋ばっかり。

一本裏道に入って、タイ料理のホーカーみたいなのを探して食べました。
お腹いっぱい食べて、ビール1本飲んで、二人で500バーツ(1500円くらい)
それでも、繁華街だから高い方だと思うけど。

バンコクのバッポン通り同様に、多いのが西洋人の70近いんじゃないかっていうおじいさんと
タイの若い女性のカップル。

カップルと呼んでいいのか、、、って間柄だと思うけど目

そんな人間ウォッチングも楽しい街ですあっかんべー

街のあちこちに、津波が起きた場合の避難通路が示されています。
もう、二度とあんな被害が起きない事を祈って。patong4









Last updated  2006.05.30 22:40:06
コメント(5) | コメントを書く
2006.05.27
プーケット旅行は、3年越しに実現したもの。

一昨年の2月に行こうとしたのですが、日程等が合わずに断念わからん

そして、去年の2月。
プーケット&ピピ島&クラビの6日間の旅行を計画して、飛行機&ホテルも予約済みだったの。
でも、津波の影響で中止NG

本当は、11~4月くらいまでがベストシーズン晴れ

もう、雨季に入りかけている・・・って感じなのですが、、、
急に先週の金曜日に予約して出かけてきました。

チャンギ空港発 8:50のシルクエアーで、タイのプーケットへ向かいました。
1時間半くらいで着きます。

プーケットはあいにくの雨

しとしと降ってます。やっぱり雨季だから!?

滞在のホテルは、EVASON PHUKET RESORT
空港から40分くらいです。

日本のツアーパンフで見て、このホテルに行ってみたかったの目がハート

日本のツアーパンフって、オールカラーでホテルの紹介もちゃんと載ってて優秀よね。
ハネムーン用だったりするとなおさら豪華。
何から何まで載ってるし、日本の旅行相場もわかっちゃう。

ホテルの敷地内は、東京ドーム6個分とか。
敷地内をトラムが走っています。

こんな豪華ホテルに泊まれるのも、オフシーズンだからきらきら
さらに、観光客が少ないのでお部屋もグレードアップしてくれました上向き矢印

とりあえず、ホテルでのんびりして、、、
海沿いのレストランでランチして。

パラソルの下で、本を読んでノート

何もしないって、一番の贅沢よね。

夜は、パトンビーチに夕飯に出かけてきます。 つづく
evason3evason4エントランスからトンネルをくぐると、ロビーになります。
evason1evason2







Last updated  2006.05.29 23:16:51
コメント(1) | コメントを書く
2006.03.03
アンコールワット他の遺跡には、神話の神や動物、美女達の彫刻が数多くある。
そのなかで、私の目を引いたのは、この「ガルーダ」
なんでだろ?手だけちょっと写っていますが、隣で同じポーズで写真撮ってます(笑)

インド神話の鳥族の王。鳥の頭と翼、爪を持つ半人半鳥の神。ヴィヌシュ神の乗り物として伝説に登場します。

名前は、飲み込むを意味する”gr”から来ているとされ、宿敵「ナーガ」(蛇神)を食らう鳥。
そのため、ガルーダは蛇の毒から守ってくれる聖なる鳥として広く信仰されています。

現在では、タイでは王室のシンボル。
インドネシアでは、国章になっていて、両翼は17枚、尾羽は8枚、首羽は45枚で、独立記念日1945年8月17日を表している。
インドネシアの「ガルーダ・インドネシア航空」でもおなじみです。

ファイナルファンタジーにも出てきた?ガルーダって?

宿敵「ナーガ」はこちら。naga

アジアン雑貨ガルーダのお面(ブラック系)【A送料】アジアン雑貨ガルーダのお面。私のイメージは、もっと可愛い系だったのに、、、これじゃ怖い・・・。
DVD ガルーダ DTSスペシャル・エディション <送料無料>こんな映画もあるらしい。
【新品】超星神グランセイザー 超星神チェンジグレードメカシリーズ ガルーダこんなキャラクターにも、なっているらしい。






Last updated  2006.03.09 17:12:07
コメント(1) | コメントを書く
2006.03.02
朝、5時半にホテルロビーに集合。
まだ暗い。
今日は、アンコールワットで日の出を見る。

ガイドのティーさんから、今の時期はアンコールワットの右から日の出があるから、ここがベストポジションと言われ、場所取り。

だんだん暗かった空が明るくなってきた。
考えてみたら、日の出って見るの初めてかも晴れ
私が見ようとしてきた初日の出は、全て曇りで全滅だったのだf^_^;

あまりにも周囲が明るくなってしまったので、もう陽が昇ってしまったの?という不安をよそに、ちゃんと太陽は昇ってきた。

日の出って感動もの!!
言葉が出なかった。
sunrise
スマイル写真変えました。

一度、ホテルに戻って朝食を。

午前中は、中心から1時間半ほど離れた郊外の「バンテアイ・スレイ」に
遺跡を見に行く。
去年舗装された道路を通って行くが、郊外に近くなると
素朴な農民の生活が目に入る。

まるで、ウル○ンのような村々。
”みっちぃがカンボジアの農民に出あったぁ~”てな感じです。

遺跡は、赤色岩石が使われているので赤茶色。
すごく細かい彫刻が多くて、素晴しいです。

午後は、「タプロム」という仏教寺院。
自然の侵食で、成長した木に遺跡が覆われて破壊されています。
この周辺は、もともと木が多かったらしいが、鳥がたべた木の実の種が
糞として遺跡に落ちたのが始まりらしい。
taprohm

映画「トゥームレイダー」の撮影場所にもなったらしいけど、見てないのでどのシーンなのかわからないです。






Last updated  2006.03.10 20:42:18
コメント(8) | コメントを書く
2006.03.01
午後の部。
1時間の休憩後、アンコールワットへ出発^^

やっと、会える!とウキウキピンクハート

門を入り、しばらく歩くと見えてきました!
アンコールワットangkor wat私はこれが見たかったの!池に逆さにうつる”逆アンコールワット”

み・・・水が少ない!

残念ながら、今は乾季。
乾季の方が、雨が降らないから観光にいいだろう・・・と思っていたんだけど、こういう落とし穴があったのね。
ちょっと残念。

でも、すごく嬉しい♪
あの、テレビで見た世界遺産が目の前にあると思うと
それだけで感動!!

中に入ると、こんな急な階段を上ったり
(もちろん、下りも同じ)
結構ハードなのよ。それに、足の幅のない位の狭さ。。。
下りは怖かったf^_^;kaidan

夕方は、バケン山頂で夕日鑑賞。
沈む夕日を無言で見てるってなんかいいよね~。sunset
サンセットの後は、あっという間に暗くなります。
さぁ、大変。街頭もないから、みんな慌てて下山するの。

象さんに乗って、下山するオプションもあり。
歩きの私達は、象に挟まれながら象に追われながら、
下山したのでありました。
結構、スリルがあって楽しかった(笑)

明日は、アンコールワットでの日の出鑑賞からスタートです。






Last updated  2006.03.10 20:49:09
コメント(6) | コメントを書く
2006.02.28
週末に出かけた旅行日記です。
写真も300枚くらい撮っているので、何をどう書いていいのか。
そのうち、H.Pの方にまとめてみます・・・。そのうちうっしっし

出発は、8:40発MI622(シルクエアー)で、シュムリアップ空港(カンボジア)まで直行。現地時間9:50には着きます。
シンガポールとの時差は、-1時間なのでフライト時間は約2時間。
近いものです、、

空港では、ビザ発行に一人US25ドル。

外に出ると、ガイドの方が待っていました。
日本語のとても上手いティーさん。
以前、バンコクに行ったときに、ローカルのツアーに参加して、
最初は英語でガイドだったのに、途中から中国語に切り替わって、
全然理解できなかったので、今回は日本語で。

まず、遺跡に入るためのパスを作りにゲートに向かいました。
3日間滞在するので、3daysパスを作成するのにUS40ドル。
pass
これが、あれば国営のトイレも無料で入れます。

向かった先は、アンコールトム。

高さ約8mにおよぶ城壁と東西南北に城門を持ち、その中心に仏教寺院バイヨン寺院があります。
「クメールの微笑み」と呼ばれる慈悲深い微笑を浮かべた観世音
菩薩の巨大な四面仏が、四方を見渡しています。

ここは南大門。
nandaimon何よりもびっくりしたのが、ここをバスが通り抜けしているところ。
世界遺産なのに、、、

12世紀に観音菩薩を祭るために作られたバイヨン寺院。
baiyon

ガイドさんオススメ撮影スポット!こんな写真も撮れます。
bosatu

ここの見学でランチ。

午後は、ホテルにチェックインして、また3時に集合です。






Last updated  2006.03.02 21:24:04
コメント(5) | コメントを書く
2005.08.07
今日は、帰るのみ。ホテルロビーに8:15集合です。
空港まで10分。空港と行っても、ちっちゃな建物があるだけです。
飛行機は、KL→レダン→シンガポール→レダン→KL 1日4回フライトしています。KLから日本人の観光客をたくさん乗せて飛行機がやってきました。

シンガポール行きの飛行機も、ほぼ満席。50人近くの乗客の約半分が日本人でした^^
レダン島発(09:50AM) / シンガポール着(11:15AM)

12時過ぎには、家に着いていました~^^
成田から数時間かかって家に帰ることを考えると、やっぱり近いっていいですね~。

私のメインサイトでも、「シンガポール発の旅」でレダン島の旅行記を載せました。myweb みっちぃの至福のひととき






Last updated  2005.08.09 00:23:21
コメント(2) | コメントを書く
2005.08.06
今日は、ジャングルトレッキングツアーに参加。いつも2泊3日のバタバタ旅行ですが、3泊もすると欧米人のようにこういうツアーにもゆっくり参加できるんですね~。
ジャングルの木の説明があったり、ターザンごっこをして遊んでみたり。18名のツアー参加者とともに、森林浴を楽しみました。

ホテルを出発して、約2時間。ペルジャヤより南側のダイバー達が多く泊まる「コーラル・レダンアイランドリゾート」へ辿り着きました。
ペルジャヤより数段綺麗な海!!!
こちらのホテルに泊まったことのある友人が、遠くにシュノーケリングに行かなくても、ホテルの近所で充分と言っていたのが納得。

次はこっちに泊まりたいけど、飛行機で来た場合は「ペルジャヤ」の方が便利。レダン島には、12ものリゾートがあるそうなので他にもいいところがあるかもしれないしf^_^; 今、13ヶ所目のNOVOTEL系のリゾートも建設中とのこと。すっかり次も訪れる気満々です。






Last updated  2005.08.08 21:35:30
コメント(0) | コメントを書く
2005.08.05
午前中の島内シュノーケリングに参加するつもりでしたが、金曜日はイスラムの礼拝がお昼にあるので、シュノーケリングの時間が短縮されて4ヶ所が3ヶ所になるとのこと。ここのホテルの従業員の女性のほどんどが、大きなスカーフ(トゥドゥン)で頭をすっぽり包んでいる。

午後2:30からのシュノーケリングツアーまでの間、ビーチでのんびり。寝転んでこんな景色を見てました。お昼は、ビーチバーで軽食を。

シュノーケリングは、なんと30人の大ツアー。
お子さん達が、売店で売っているパンを与えるので、魚がメチャクチャ寄ってきます。お魚も餌付けされちゃってるみたい。
ちょっと船から離れて自然の状態の海を見てました。もう、透明度バッチリ!!この海の素晴しさを、どうやって表現したらいいんだろう・・という感じです。
いつか、体験ダイビングでもしてみようかな。。






Last updated  2005.08.08 00:25:52
コメント(2) | コメントを書く
2005.08.04
早朝、7時発の飛行機で日本へ帰る友達を見送り・・・

私は、11:35発の飛行機でマレーシアのレダン島へ^^
マレーシアの東側に位置する島で、マレーシアNO.1との声も高いビーチで、ダイビングスポットとしても名が知られています。今年から、ベルジャヤ航空の直行便が飛ぶようになり、シンガポールから1時間半でいけるようになったのです。ベルジャヤ航空?聞いたことないぞ。
国際空港のチャンギから飛び立つのでなく、セレタ軍事基地内にある飛行場から離発着しているのです。タクシーの運転手に「セレタエアポート」と言っても「??」状態。こちらの男性は、全員兵役に行ってからセレタ軍事基地の場所は知っているので、基地内に入ってからは案内表示に従って空港へ。

以前、グランドキャニオンから戻る時のセスナがすっごく揺れて怖かった体験をしたので、小さい飛行機には乗るもんか!と誓った8年前。
去年、マレーシアのティオマン島に行くときも、プロペラ機で45分のところを陸路と船で5時間かけて行った程。

でも、さすがに今度ばかりは陸路じゃ大変なのでプロペラ機に。
ティオマンに行った友達の乗った飛行機のプロペラの調子が悪くて、ジョホールに緊急着陸した!とか、そんな話ばかり思い出して、緊張して何度トイレに行った事か・・・。

飛行機は、座席指定なしの自由席。離陸後、いつものように熟睡の私。
全然揺れなかった^^berjaya
空港でのイミグレでは、一人一人スーツケースを明けての荷物検査。日本からのお土産で戴いた雑誌「Oggi」も中までチェックされた。単なる興味かしら?空港からホテルまでは、約10分。午後には、もう青い空!白いビーチへ!redang1






Last updated  2005.08.09 00:27:03
コメント(0) | コメントを書く

全43件 (43件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.