1166976 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

庵思案

奇妙な動物

ペイコル

家主の家の向かいに牧草地があり、多くの牛が放牧されている、時々数頭の馬もいるが、牛は奇妙な動物で、小生が近くに寄っても小生の存在を気にせず、黙々と草と食べ続ける。老母の話では家主が昔、毎夏干草刈りをしていた頃は白黒の斑点のある牛が多く、従兄弟たちと丘の上の牛を探しに行ったそうである。小生が一番の長老牛に「そちらの家主は何処にいるのですか」と話しかけると「あまり見かけないが、真冬には毎朝干草をトラクターでもってくるよ」。なんと彼らの家主はトラクターで来るらしい。

「一日中、外でいいですな」

「しかし、真冬には隣村の家主の家に帰ります、そちらはいつも暖かい家の中で快適ですね」

「うちの家主は自分が居ない時はテレビの教育チャンネルをつけて、よく勉強するようにといって出かけます」

「テレビ?」 

「ウーゥ、説明するのが難しいな、またゆっくり話します。うちの家主が叫んでいますから、そちらの名前は?」 

「名前?」 

「ウーゥ、難しいな、文化の違いかな」 

《何をしているんだ!!!!》家主の声が一段ときびしくなってきたので、

「では、また」 

 

翻訳ブログ人気ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログへ

 

 



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.