1167059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

庵思案

PR

フリーページ

小生がこのブログを引き継いだ経緯


動物虐待


地平線


騒がしくなったフランス


なつかしい雪景色


居候のこと(1)


居候のこと(2)


400語分かる仲間


アトピーになった話 ( I )


アトピーになった話 ( II )


何が必要か?


家主の菜園


Bonjour


Bonjourは一番難しい


居候が帰ってゆきました。


フランス人は?


居候からの便り


嵐の日


家主の仕事


また寒くなりました。


二度目の約束


奇妙な動物


家主の好きな館


行ったり来たりの家主


やっと外に散歩


久しぶりの良い天気


家主の職場


誕生4日目


何故家主はカルメル修道院に(壱)


何故家主はカルメル修道院に(二)


何故家主はカルメル修道院に(三)


何故家主はカルメル修道院に(四)


フランスの何もない風景(エッフェル塔)


春の兆しに雪景色


無題


フランスの田園は真黄色


北仏の美しい5月


素顔のフランス


6月1日谷間は相変わらず


フランスの林に春の訪れ


朝から雨と強風


イラスト


二人だけ?の夜


キツネと花見


いつの日だったか?


マリー・ニャントワニェット


小生と家主が描かれました


家まで送ってくれました


思い出に


雪だるまが二人の縁結び


主人に紹介


サンタクロースのプレゼント


夢だったのだろうか?


このブログの発祥は「隠居が交代」から


連載「狐猫四季」 1


連載「狐猫四季」 2


連載「狐猫四季」 3


連載「狐猫四季」4


連載「狐猫四季」6


連載「狐猫四季」7


連載「狐猫四季」8


バックナンバー

2019/11
2019/10
2019/09
2019/08
2019/07

カテゴリ

翻訳、

(57)

語学

(2)

フランス

(98)

学者犬

(66)

フランス事情

(22)

イラスト

(48)

鉄道模型

(1)

その他

(7)

自然景観

(8)

パソコンいじり

(0)

ガラクタ

(0)

カレンダー

プロフィール


賢犬

全8件 (8件中 1-8件目)

1

自然景観

2015/04/10
XML
カテゴリ:自然景観

やっとフランスも春らしくなり全国的に20度近くなりました。小生、老母につぎ、先日盲目の剛毛テッケルの仲間が亡くなり、遂に一人になりました。家主も殆ど毎日家にいるようで、日中は家主と小生の共生となりました。小生寄る年波には勝てず、リューマチ気味で歩くことがいよいよ困難になりはじめ、家主のソファー上にうたた寝の日が続いています。それでも今朝は家主によると今年最高の良い天気だとのことで一緒に珍しく庭を一回り家主としました。普段は毎朝小生の朝用便のためにドアを開けるだけで一緒にでかけないのですが。
なお家主は来週から日本に行くようで、しばらくは日中は小生一人となり、安心してうたた寝ができますが、何か少し寂しい気もしないではありません。家主の相変わらず無心の今朝のスナップ写真です。

kai avril sofa2web .jpg janquille

kai avril15.jpg

IMG_2145wb.jpg







最終更新日  2015/04/10 04:47:08 PM
コメント(2) | コメントを書く
2014/10/08
カテゴリ:自然景観

ほぼ2年間のご無沙汰でした。小生寄る年波には勝てず、
家主のPickUpで裏の牧草地の手入れに行っています。ぼちぼち近況をお知らせいたします。
まずは家主の出来の悪い今朝のスナップから。

 

Dans la pick up






最終更新日  2014/10/08 05:59:23 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/08/09
カテゴリ:自然景観

先日家主のところに日本から親子蛙がやってきました。池にはすでに数匹の蛙が棲んでいるようで、先日は小生はすでにもう少しで捕らえるところだったが、幸い家主が傍にいなかったので一安心。小生が野ネズミハントで土中を掘ると必ず家主は「どうせおまえには捕まえられないよ」と小生の血統を全く信じていないようである。

grenouille-1.jpg

grenouille-en-faience.jpg

久しぶりに離れの前で1ショット。

pavillon-Kai-ete-10.jpg

翻訳ブログ人気ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
 
Geo Visitors Map

 








最終更新日  2010/08/10 01:27:59 AM
コメント(1) | コメントを書く
2009/08/01
カテゴリ:自然景観

家主は池に蓮を入れようと、近くのガーデンセンターに行ったところ、何と小さな蓮が25ユーロ(約3000円)したとのことで、珍しくブレーキがかかりあきらめていたのであるが、数週間前に家人から蓮の種の発芽セット(nature et découvertes)をプレゼントされ、例によって説明書もろくに読まず、数日経っても発芽しないので、大変硬い種を割ると中に発芽していたのである。残りの二つの種の表面をのこぎり状のナイフで切り目を入れ、数日すると割れ目の間から芽が出てきたのである。

 

Nenuphar1.JPG
 

あわてて家主が説明書を読んだところ、まだ1ヶ月くらいはこのままで根が成長してから外に出せるようである。あやうく池にすぐ入れるところであった。花が咲くまで8ヶ月から12ヶ月必要とのことで、これで、家主の池にも蓮の花が咲くのであろうか? すっかり自身ありげの家主は次は銀杏だと言い、説明書を読むと6週間から8週間冷蔵庫に入れてから、その後6から8週間後に発芽するとのこと。果たしてせっかちの家主にできるのであろうか?

 

翻訳ブログ人気ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
 
Geo Visitors Map

 







最終更新日  2009/08/01 04:57:52 PM
コメント(7) | コメントを書く
2009/07/28
カテゴリ:自然景観
Alevins.JPG
Alevins2.JPG
 昨日家主は池に金魚の稚魚を発見、朝は随分多くいたのが、午後には数少なっているのに気づき、早速親魚と隔離し、稚魚すくいで稚魚の養魚プールに入れ替えていたのであるが、小生、何故親と隔離するのか理解しがたいのだが、家主の説明なし。家主はただただ離れの最終工事に没頭。
 
翻訳ブログ人気ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
 
Geo Visitors Map

 

 






最終更新日  2009/07/28 09:25:12 PM
コメント(9) | コメントを書く
2009/06/30
カテゴリ:自然景観
Bassin2.JPG
 

先日より家主は出張しておりましたが、先週末帰ってくるなり、池の拡張を始めました。

新しい部分はかなり深く、子供に危険だということで、相方はじめ家人の大反対となりましたが、家主は新しい方に囲いと扉をつけるらしいです。

 

翻訳ブログ人気ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
 
Geo Visitors Map






最終更新日  2009/07/01 04:24:08 AM
コメント(11) | コメントを書く
2009/05/16
カテゴリ:自然景観
やっと我が家にも家主待望の池ができました。家主はまだ少し小さすぎると言い、この夏には拡張工事を密かに計画中。それまでには魚を何とか手に入れようと、小生と家主で奥の小川に探したが、雨上がりか一匹も見つからず、だめならば金魚か鯉でも入れようと思案中。鯉はなにやらいろいろ設備が必要なようで、まず、奥の小川に生簀でもつけて見ようとのことで小生は家主に同伴、これも魚のお陰で珍しく奥の小川まで遠出の散歩。
 
bassin2.JPG
 
翻訳ブログ人気ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
 






最終更新日  2009/05/16 05:08:14 PM
コメント(6) | コメントを書く
2009/02/25
カテゴリ:自然景観
chenes dAmerique2.JPG
Souche Chene Amerique.JPG

 
 三月半ばまで家主は家に居るような様子で、先日から家の前のレッドオークの林の手入れをしようと昨年故障していたチェーンソーの修理を頼み、今まで外から眺めるしかしなかった林に下調べと言い入っていった。小生は前の道路を渡ることが禁止されているのでこちらから何処までいくのかと気をもんでいたのであるが、昨日も「伐採した木も離れの小屋に利用できそうで、春までには終わるだろう」と楽観的であったが、帰ってくると「10年以上の木でとても一人では運べそうもなく、中に泉が湧いているのも知らなかった。うーん今年の冬までかかるかも」と。家人が植林したレッドオークの林の間引きをした後の手入れだが、「また小屋を建てれるぐらいは十分にあるなあ」と離れもまだ建て終わっていない内にまた何か思いついているのか?家主が作業に行く時は小生も同伴するのであろうか、もし猪が出てきた時にはどうするのであろうか?家主は天気がよければ明日にでも始めるつもりだが?それにしてもレッドオークはフランスのオークよりは早く成長するようで、200年から500年の樹齢も可能らしく、このオークで家を建てるのは誰が?

 翻訳ブログ人気ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

 







最終更新日  2009/02/26 08:00:46 PM
コメント(8) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.