318829 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mitsunokenの日記

mitsunokenの日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

mitsunoken

mitsunoken

フリーページ

2013年06月05日
XML
カテゴリ:オーディオ
 週間FMだったと思います。

ユーザー参加の新製品レポートというコーナーがありました。

その中から


trio ka-9300.jpg

TRIO KA-9300 150,000円

こちらオーディオ懐古録に詳しく掲載されています。

●実効出力   125x125W(両ch駆動、8Ω、1KHz)
●全高調波歪率 0.05%(実効出力時、8Ω)
●混変調歪率  0.05%(実効出力時、8Ω)
●出力帯域幅  5Hz~50KHz
●S/N比   110dB(1HF Aカーブ使用)
●入力感度及びインピーダンス 1.0V、100KΩ
●最適負荷インピーダンス 4Ω~16Ω
●周波数特性  DC~70KHz+0dB、-1dB
●プリアンプ部出力歪み 0.02%(1V出力時)
●最大許容入力 PHONO1 220mV(1KHz、歪率0.05%)
        PHONO2 220mV~440mV(  〃  )
●寸法・重量  440WX154HX393mm・19kg



レポーターとして

オーディオ評論家の若林駿介さんと25歳のユーザー


●使用システム

再生時 シュアV15/3(カートリッジ)

    トーレンスTD125/2AB(プレーヤー)

    試聴機 JBL4341スタジオモニター
        (スピーカー)



 いろいろなオーディオ機器のうち、電気回路を主体とした

アンプやチューナーはこのところ大きく変化している。これ

は電子回路や素子類の開発や応用が積極的に行われているこ

とが主な理由によるものだ。その結果として安くて良いアン

プがたくさん市場をにぎわせているし、一方チューナーにも

非常に諸特性の優れた製品が出まわってきている。

 高級アンプについては、出力の大きなものが比較的かんた

んにつくられるようになってきたし、出力が大きいばかりで

はなく、電気的な特性も向上し、さらに耳で聴いても、非常

に良い音のするものが、いくつか現れてきている。

 トリオは、昔から音の専門メーカーとしてファンの間でも

注目されているが、特にアンプとチューナーには定評のある

ところで、永井経験と高度な技術によって、オーディオファ

ンの期待にこたえたものをいくつかつくっている。先ごろ発

売されたKA-7300は、ファンの期待によく答えてくれ

た話題のアンプであったが、今回発売されたこのKA-93

00は、7300をひとまわり大きくしたような、いわば兄

貴分にあたるもの。基本をふまえた、ハイクォリティの注目

製品といえる。



アンプの歴史に足跡を残す製品

ユーザー このアンプはずいぶん重いですね。

   どれくらいの重さがあるんですか。

若林   そう、19kgあるとデータに出てい

   ますから、アンプとしては重い方ですね。  

   これは、電源部が2組、組み込まれてい

   るんですよ。大きな重い電顕トランスが

   2台取りつけてあります。

ユーザー ということは、左チャンネルと右チ

   ャンネルに、まったく別の電源を使って

   いるわけですね。

若林   そうなんです。ですから、独立した

   2台のアンプが一つのケースに収められ
   
   ていると考えてよいでしょう。



DIRECT端子でクリアーな音

ユーザー このスピーカー端子のDIRECT

   というのはなんですか。

若林   ああ、これは、スピーカーの切り換

   えスイッチを通らずに、アンプの出力と
   
   直接つながっている端子です。スピーカ

   ーA、Bなどと切り換える場合には、ス

   ピーカーの出力が切り換えスイッチを通

   るでしょう。そしてこのスイッチ類を通

   ると接点の接触抵抗や線材のハンダ付け

   などによる接触抵抗が出て、音に影響が

   現れることがあるんですよ。

ユーザー そうすると、音質を重視する場合は

   、このDIRECT端子につないだ方が

   いいんですね。

若林   そうそう。大出力の音質をたいせつ

   にするときには、このへんの配慮も必要

   なんですよ。とにかく、今日はこのDI

   RECT端子へつないでみてください。

ユーザー パイロットランプはつきましたが、

   これでスイッチは入っているんですか。

若林   ええ、もちろん入っていますよ。レ

   コードをかけてみましょう。

ユーザー あ、音が出ましたね。でも、このア

   ンプずいぶん静かな、ノイズの少ないア

   ンプなんですね。

若林   これはアンプにつきものの残留雑音

   などが少ないんですよ。要するにSN比

   の高い、優れたアンプなんですね。

ユーザー 音に幅があるし、量感が感じられま

   す。このへんは出力が大きいからかな。

若林   もちろん出力が大きいこともありま

   すが、電源部がしっかりしていることも

   理由にあげられるでしょう。

 


価格に負けない優秀な性能

ユーザー それに音が澄んでいますね。このギ

   ターの音なんか、とてもきれいです。

若林   このアンプは、ICL、OCL、D

   Cアンプなんです。つまりメインアンプ

   の入力にも出力にもコンデンサーが使わ

   れていないで、直接つながっているわけ

   でするこのへんがこのアンプの特徴です

   。そしてこの回路の良さを出すためには

   、ほかのところも手抜きはできないし、

   しっかりとつくられていなければ真価は

   発揮できないですよ。

ユーザー 最近の高級アンプが、こんなに良い

   音がするようになったとは驚きました。

若林   このほか、いろんな特徴をもり込ん

   だアンプですから、たとえば、プレーヤ

   ーからPHONO入力ジャックには、接

   触をよくするために金メッキされたもの

   が使われたりしています。

ユーザー 15万円のアンプというのは、ボク

   らには高いですが、音の質や内容からみ

   るとお買い得ですね。

若林   アンプの歴史に一つ足跡を残したも

   のといえますね、これは。



以上紙面より


1976年(昭和51年)当時15万円

ですから、大変高価なものでした。

実売は12万としても高い。



毎週、毎週こうして新製品の紹介ページが

楽しみでした。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2013年06月05日 21時35分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[オーディオ] カテゴリの最新記事


カレンダー

お気に入りブログ

レコードのジャケ写… t-matsu9679さん

dandongのひとりごと dandong36さん
難病エンジニアのこ… マリオ・シャラポワさん
ディナー&ランチな… namapasta4157さん
ミキティの激安家具S… ニッカ.さん

コメント新着

mitsunoken@ Re:ラジオ深夜便をつけると(05/31) ありがとうございます。 田舎ではオールナ…
t-matsu9679@ Re:ラジオ深夜便をつけると(05/31) こんばんは。 はじめ(お気に入り登録はし…
マリオ・シャラポワ@ Re:1975年頃のオーディオ(05/22) 私も長岡鉄男ファンで、FE203ダブるバック…
IVYmitsunoken@ Re:こんにちは。(05/18) 魔法の木マスターさん おかえりなさい。…
魔法の木マスター@ こんにちは。 ご無沙汰でした。昨夜、東京から帰りまし…

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.
X