000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

○○○な中国生活 From Dalian

北京観光

<万里の長城+明の十三陵>
※2006年5月5日UP 参照

人生観が変わる場所


それは、万里の長城でしょう。

って言うのが正直な言葉。

で、今回は国営旅行会社に予約して参加してみました。
2006年5月2日です。130元/人。

プランは、

八達嶺長城、明十三陵、九龍遊楽園。
昼食付。

banri
いつみても雄大な感じが痛感します。


明の十三陵。


min1

min2

<ツアー費用>
国営旅行社:130元/人
追加費用:滑車費用+遊園地費用=115元/人

合計:245元/人
入門費用、交通費、昼食などの諸経費は込み

========================
<北京原人遺跡>
※2006年5月11日UP 参照

天橋バスターミナルより917路に乗車。「張坊」行きに乗車。
「周口店道口」下車。所要は約90分。

徒歩で約20分。タクシー10元(要交渉)

バスを降りると何も無く、ただバス停の標識があります。
bass


T字路なので、T字に突き当たって左へ行く。


lu
すると上に周口店遺跡の看板が!!!


しばらく歩くと、見えます。
lu2
って言う案内。



その奥に見えるのは…
mon12

北京原人???



ではないでしょうか?
あのデカイ顔は北京原人!


案内板には日本語で解説がついてます。
思いも掛けないトコで日本語を見ると感動です。つい嬉しい気分になります。
そして、門票を30元/人で購入。※00年版地球の歩き方には20元とありました。


中に突入。そのまえに観覧ルートが記載されているので、
その通りに行く事に。

先ずは博物館。
kan33
ここの展示物にも簡単ですが日本語記載があります。

博物館の入り口ですが、歴史の部分に日本語はありません。
恐る恐る呼んで見ると…


第2次世界大戦により、
北京原人の遺骨は行方不明になり、
日本軍がパクッた、
そして日本の何処かにある!


と言うような表記がされていました。

そして博物館を見学し、発見場所を見に行きます。
発見場所は何箇所かあり、その説明は博物館内に
記されています。

発掘場所は何箇所かあり、ルート通りに行けば、
メインは最後になります。

ana

これが最初に発見された場所です。

見学は全部で1,2時間あれば大丈夫でしょうね。

記念にはなります。
行く人少ないですし。

是非行って欲しいですが、
短期の日程の方にはもっと回るところはあるので、
無理していくトコではないですね。

<周口店遺跡ツアー>
個人参加。
費用…バス代18元(往復)、門票30元

バス片道:約90分
徒歩片道:約20分
参観時間:約80分
=====================

<毛主席記念堂>
※2006年12月7日UP

maooooo

ここは、1976年の没後も尚、中国国民に尊敬されている毛主席の遺体が
安置されているのがここ毛主席記念堂です。
人民広場と前門の間に存在しています。
建物は、各辺103mの正方形で高さ33mあります。
この中には、毛主席の遺体が生前通りの姿で安置されています。
遺体は、あたかも眠っているように見られ、
中の厳粛さが見る側の心を刺激します。
水晶の棺に収められています。

入場無料で誰でもが入ることができます。
入場途中にある生花を3元で購入すると中華人民になりきれます。
パンフレットは1元で売ってますので、記念に購入しましょう。
※小銭の用意は忘れずに。

ただし、カメラを含め、一切の手荷物の持ち込みが禁止されています。
※私のときは身体チェックは無かったですが、
バレたら危険ですので止めましょう。

荷物の預け場所はありますが、日本人には面倒なので、
少量の荷物で行く事を勧めます。

入り口は、記念堂の東門から入って南門から出てきます。
時間になったら、東門に列が出来てますので、割り込んでもOKですので、
並んでください。

開館の時間があやふやで、記憶の中には、

月曜が休館日。
水金土日がAM8:30~11:30のみ
火木土はAM8:30~11:30,PM2:00~14:00
になっていたと思います。※ちゃんと確認してください。


でも行ってよかったです。
中国に2年居たから感じることかも知れませんね。
日本から旅行で来て、毛沢東を見てもそれが中国国民に
どれだけの影響力があるか、などは想像も付かないでしょうし。。。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.