バリュー&カウンター投機

全3件 (3件中 1-3件目)

1

2008年12月11日
XML
テーマ:■忘年会■(546)
カテゴリ:
この前の望年会で司会をやったときのことだ。
中盤のスピーチは今から思えば
僕ちゃんが自分に対して落とし込みながら話していた感が強い。
途中から何かが変わって吹っ切れたように 話していた。
なんだかミッションインストールを40人以上の前で俺の為にやったようだった。
こういっちゃなんだが、誰が一番何かを得たかってーと、ボキが一番何かを得た。
ボキもいろいろ苦労もしたらしい。
大変だと思ってないからボキは苦労してないが、人から見るといろいろ大変に映ったらしい。
でも思ってなかったほどの果実を得た。

聖書より、『与えよ、さらば与えられる。』


大抵の人は年を取ると大人になると勘違いしているが、
実は年をとって大きな子供になるだけ。

特定の相手を振り向かせる方法は分かりません。
正しい人になれば正しい人がついてきます。


幸せになろうとして相手とつき合うな。
まず幸せになる事。
相手を幸せにすることを考えよ。

相手が幸せかどうかは僕にはわかりません。
でも相手の喜ぶ顔、幸せそうな顔を見るのが、
僕にとっての幸せです。
そのためにはどんな困難な事でもやるつもりです。

真逆なようなことに思えるが真理は同じ。
相手を幸せにしようと思ったら自分と相手が幸せになれない付き合い方は破綻する。


答えがyesでもnoでも
聞いてくれてアリガトウ。
考慮に入れてくれてありがとう。

やりつづける秘訣は
うまくいった時は
お祝いする事。



一気に人徳から経済に梶を切り返すときが迫っている。
大損してからずーっと器量を広げる事にフォーカスしてきたが、
経済紙を読んだが良くわかんなくなってる自分を発見。
そろそろ極に入りつつあると見た。
ココから最悪でも半値押しか~。
それ以上おしたら経済史上かってないクラスの不況入りなんで、
仕方あるんめィ。
この前の暴落でも損な事を言っていたような気が。。。






Last updated  2008年12月11日 19時14分10秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年12月08日
テーマ:クリスマス(2229)
カテゴリ:
12/5(金)は仕事が終わった後に部屋の掃除をして、
誰に見られても恥ずかしくない様にと頑張ったが途中で息切れ。後は秘密。


12/6(土)は精一杯生きた、メールやネットをやる時間も持てないくらい。
施設の子に東京ディズニーランドで一緒に遊んでもらった。
始めはハイテンションで場を温めたが中で息切れして、しらけ始める自分を発見。
このままじゃやばいと思い動きをハイテンションに振って、
フィナーレに向けて状態作り。
 全てが終わって見送る時に自分でもやり過ぎなんじゃないのかと思うくらいの、
熱い台詞でガキどもにエールを送る。(青臭かったな、ボキ。)
仲間に後から聴いたが、ガキも身を乗り出しておれの話を聞いていたらしい。
ありがてぇ。。。ボキももっと頑張らなければ。
終わった後のスタッフと打ち上げに飛び入りで参加。
後は秘密。
最高のひと時だった。
男とは酒を飲みながら語り合う事はあっても、
女で肉体のセックスを伴わない、
心のセックス(心を開いた語り合い)が出来るとは思わなかった。

12/7(日)は有志でライブハウスを借りきり大望年会(確年会)をやった。
忘年会とも言う。
踊り有り、
マスターマインド有り、
ボキのトーク有り
のはちゃめちゃ熱いひと時だった。
自分が舞台の上で司会をやった。
回りを確認しながらトークが出来無いほどに全力投球をした。
原稿は何度も朗読していたが、壇上に上がって司会を務めると頭がぶっ飛んだ。
だから僕ちゃんの腹の底から出た言葉ばっかり。
後からスタッフに聞いたら参加者は、
ボキの腹から出た熱いメッセージに引き込まれていたらしい。
打ち上げで今回の反省点、改善点、
時間を間違えて参加できなかった人の飛び入りがあった。
今回の面子のほとんどが来年に向けた参加の意志はあるらしい。
今年は50人には届かなかったが、来年は新規に今年と同じくらい拉致ってくれば、
来年は100名近くでやれる。
『夢は大きければ大きいほど人をひきつけるエネルギーが強い。』
帰る途中の電車では爆睡して乗り過ごした。
改めてってわけでもないが、つかったエネルギーの大きさを認識。

これから年末までに向けて参加者にお礼のメールと来年に向けたスピーチの改善。
もっとボキの言葉で参加者を引き込まなければ。
借りてきた人の言葉でカッコつけても何にもはじまらねぇ。
人から借りてきたいい言葉でもボキは誰かではないから、
ボキの腹からの言葉にすることは出来無い。
真似は全部デリート。
モデリングも猿真似ならば意味はなし。
見本となる考え方を突き詰めて、
見本となる考え方を突き抜けて、
見本の考え方を離れる。
それが守破離。

録画したビデオの確認、しなければ。
拡張してるゼ!。
なんか夢が変ってきたよ、ボキ。
今年参加できなかった奴も来年は参加してくれ。
お前らの助けが必要だ。
自己啓発の講師で喰っていきたくなってきた。

失ったものを数えるのではなく、得たものを数えていく人間になりたい。
パラリンピック選手 成田真由美

失ったものを数えるのは、すごく消極的な考え方だよな。
かっこ悪いしみすぼらしい。
得たものを数える人ってすごく強い人だし、
かっこイイ。
人生に対して積極的で前向きな考え方だよ!。
おれは幸いにも成田さんとは違い、車椅子の生活を卒業できた。
失ったものよりも得たものを数えていく人でありつづけたいよな。
おれが将来今の自分を振り返ったとき、かっこイイ生き方をしたい。
そしてかっこ良く生ききりたい。
かっこ悪い生き方が年を喰って味覚が変化してきてたまらなくかっこ良く思えてきたこの頃。

死は、何かを決断するにはいい出来事だ。
ほとんどの行動は周りからの、期待、嫉妬、恐れなどから作られている。
けどそれは『死』によって終わる。
だから思うままに、本音で本気で生きろ!。
 人の期待、己のプライド、恥ずかしさや失敗に対する恐怖…
こういったものは死に直面すると、ただ消えるんだよ。
そんなものはクソだ!。人の描いた人生を歩む為に生まれたんじゃない。
自分がなりたい自分になれればいい。
やってみればいい。
死というものに直面すると本当に大事なことだけが残る。
自分もいつかは死ぬ。
だから思うままに生きないと自分に対して、先祖に対して失礼だ。

成功以外何も受け入れない覚悟が幸運を呼ぶ
- ダン・ケネディ -

辛いという字がある。もう少しで、幸せになれそうな字である。
星野富弘 詩人・画家











Last updated  2008年12月08日 19時41分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月26日
カテゴリ:



意識して道を選んでいるわけじゃあないんだけどね。
自分が一番大事で自分を大切にしてると、
メーリングリストとかに入っているのが嫌になる。
『君子の交わりは淡き水の如し』って言葉がある。
自分は君子ではないがそうありたい。
僕ちゃんにはどうしてもメーリングリストがじゃれあいのような気がしてならない。
だから交友関係においては淡き水のような、さらりとしたものを望んでいる。
自分の中でメーリングリストはそれに該当しないものだがらまだいらない。

親友とは自分が何をさしおいても、
そいつの為に駆けつけるダチの事である。










Last updated  2008年11月16日 12時08分54秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.