バリュー&カウンター投機

全8件 (8件中 1-8件目)

1

夢・目標

2014年07月29日
XML
テーマ:たわごと(24544)
カテゴリ:夢・目標
おい下僕共クリックぜんぜんしてないだろ!。
コッチは寝る間を惜しんで、昼寝しながら記事を土日問わず更新してやっているのに・・・。
まったく応援クリック頼みますよ~!。
BST

★★★
★★★
★★★1ソース★★★
★★★1の紹介文★★★
★★★
★★★
★★★2のソース★★★
★★★2の紹介文★★★
★★★
ヒラカワひんやり冷却ジェルマット

ヒラカワひんやり冷却ジェルマット
価格:4,980円(送料込)

★★★
★★★3のソース★★★
★★★3の紹介文★★★

人生では誰もが初心者で結果の分かっていることなんて何もないのだから、やってみりゃいいでしょ。
と言って実際にやってしまうにはかなり分きりがいる一大事なのだ!。
人生とはまさに、チキンレースの一面が色濃く残る。

うまくいけば、「ガンガンチャレンジしてその中の一つでもしっかりとした結果を残す。」もう万々歳だ。

でも失敗すれば、チャレンジしたときの苦労の数十倍の手痛いしっぺ返しが待っている。成功するまでやり続ければ失敗はないのだが、環境がそれを許してくれるかは分からない。

うーん。ボキは、火中のクリを拾った英雄なのか、ただのアホなのか?いや、もうアホでも何でもいいから、とにかく自分が強運であることを祈るしかない。
たとえば、そう鈴木貫太郎くらいは。
鈴木貫太郎は、226事件のときに銃弾3発食らっても死ななかったし、戦艦で昼寝をしていて目覚めた後に頭を大砲にぶつけて海に転落しても死ななかった。
それくらい強運だっていう自信はあるよね。ね。ね。

まぁどんな世界にも少なからず評論家がいる。評論家といっても本物のことではない。巷によくいる「すぐ天下国家を語りたがるヤツラ」、つまり評論家気取りのことだ。
巷のバカ日本人のほとんどが評論家気取りなのだが。

グローバルカジノで糊口を凌ぐバクチ打ちにとって「バブルはけしからん」などという話は無意味だ。
バブルが起こるなら利用すればよいし、それがどんなに実態と乖離していようが、どんな影響を社会に及ぼそうがそんなことはどうでもよい。
だから、チャンスとみればソコにコマを張ればいいし、蓋然性の高いバクチをすればよいだけであって、こうあってほしいとかこうあるべきだという願望を賭場に持ち込むのは禁物だ。

新聞とかテレビのニュースというのは実態はどうあれ願望でこうなって欲しいという妄想前提で作られているから、ニュースを見て投資をするのはばかげている。
もっと言うと、マスコミが言っているのは、ほとんどがこうあって欲しいという願望ばかりで、あるべき論があったとしてもトンチンカンな内容が多い

若いときは誰でもやるが、大人になると誰もやらなくなる。
やってみればいいんだ。いいもんなんだよ。
ガキの頃にはわからなかったことがいろいろ分かる。いろいろ見える。いろいろ感じる。

そうやって挑戦しソコから得た結果を見直すからこそ、自信というものが沸々と満ちてくる物なんです。
そうして更なるチャレンジの気持ちが盛り上げていく。
考えたってしょうがない。恐れているばかりじゃ何も始まらない。

未来は予定どおり想定内にはやってきません。
未来を予測するときは過去の数字を基にしてその延長線上で未来像を想定するのですが、ひょんなことからまったく想定外の方向に未来は変わってしまうのです。

経験を重ね自信をつけるとある種人間は傲慢・不遜に陥ってしまう。
それはある程度仕方のない事としても「白」を「黒」といってはいけない。




お前等の応援クリックがボキの行動の背中を押すから、クリック頼むぜぇ~!。
banner.jpg
苦情・賞賛
め~るくだチャイ。まってま~す
おまけ:
1bf05c2f.jpg






Last updated  2014年07月29日 10時18分42秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年03月07日
カテゴリ:夢・目標






Last updated  2013年03月07日 23時09分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年10月18日
カテゴリ:夢・目標
いまさらだけどボキは障害を抱えている。

障害によって選べる選択肢は確実に狭まった。
だからってそれが不幸かというとそうでもない。

艱難辛苦を舐め尽くし涙を飲んだことも数知れずだと思うけど、そんなことは忘れちまった。
いまが最高に幸せだと思うから。

いま思えば不要な選択肢を排除するために神様が与えてくれた贈り物だと思う。

いつまでも自分探しとかいってぷー太郎をやっているバカは選択肢がありすぎて、どれを選べば自分にとって一番イイのか迷っている。

それを避けられただけでも価値はある。
事故によって強制的に気づかされたけど
狭く限定した自分の行き方によって光を見つけやすくなった。


自分の人生はショートカットで遠回りの正攻法を極力避けてきたけど、
ショートカットの道は楽ではなかったと思う。


人より近道をするってことは棘の道を進むことで、
血まみれ汗まりれ、ウンコを漏らしたり、失禁したり、警察の厄介になったり辛く楽ではない道だ。


でも楽しかった。
そう思えるのは環境は自分ではいかんともしがたい側面はあるけど、
そこから受ける感情は自分で決めるというまったくアホな覚悟だった。

一分は60秒。
1時間は3,600秒
1日は86,400秒
一年は31,536,000秒
そのうち約3分の1は寝て過ごす。
ぼっとしている時間や飯やうんこをしている時間を勘案すると約半分が取るに足らないことに費やされる。


はっきりと自分で意識して時間を使っているのは、6時間にも満たないはずだ。
分数で言うと24分の6で=4分の1だ。

だから意識してないルーチン時間ををどう使うかによって人生の方向性が決まる。

ボキは細切れ時間は本を読んだり自分の意識する方向性を手帳に書きとめたり、世間様やすべての物事に感謝するようにしている。


根がクッソタレなので、怒りに支配されていることや、恐怖にとらわれているときも正直あるのだが、
意識してそういうことを感じていることに気づいたときは、その出来事におけるよい側面を見るようにしている。

分からないときはそれを気づけない自分を恥じる。

そして気づけるように勉強や読書、あらゆる努力をする。

そうしていくことしか自分の人生って奴をよりよくしていく手段が見えてこないのは、やっぱりバカの一つ覚えなんだと思う。

でも一事をバカになって取り組めない奴は、バカよりもっと愚かだ。


一時間はポチっと下部をクリックして応援よろしくです。








Last updated  2012年10月18日 22時09分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月04日
カテゴリ:夢・目標
夢がひとつに集約されてきた。
ガキの頃は銭をたらふく持って、銭が遊んでても自動的に入ってきて、
若くて、性格の良い、綺麗な嫁さんで、頭がいい、可愛い娘で、
誰からも羨ましがられる嫁さんを囲おうと考えていた。

20数回、季節を重ねて艱難辛苦を経験して、
もうどうでもいいかなと思ってきた。

過去の夢に縛られることは未来の自分を縛ることだし、
過去の経験からの小さい夢ごときを叶えるために、ご先祖様は命をとして、
ボキに命のタスキを渡してくれたわけではない。

今を精一杯100%以上の力で生き、命を燃やしながら自分の山を少しでも積み上げていく、
そして新しい自分の山の頂点に立つ。

そこからしか見えない景色がきっとある。
ここ最近は今まで見えている景色が、新しい景色に見えることも多い。
心の置きどころ次第で今までと変わらない景色も違って見えてくる。

そういうふうにして季節を重ねていっていつの日にか億千の後悔と納得をしながら、
バイクでどこぞのガードレールや防音壁に突き刺さり即死するか、
道端で野垂れ死にするのが夢だ。

ボキの人生はボキ以外では決して歩めなかった人生で、
まだ死にたくないと死ぬまでは往生際悪くあがいて、
往生してしまったら、しっかりケジメをつけて往生際良くこの世を去っていく。
それがボキの夢だ。






Last updated  2012年03月04日 11時07分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月02日
カテゴリ:夢・目標
このところ、人生ってヤツの矛盾に正面から向き合っているょ。

すぐ手には入る最良な選択は、遠い未来の最悪な選択になりがちで、
でも遠い未来の為に今というすばらしい瞬間を犠牲にするのは愚かなことで、
じゃあ結局どうしたらいいんだとなる。

で必死に人生と格闘した訳ョ。
で思った訳ョ、人生ってヤツは生きてみれば、おもしろくない事や楽じゃない事ばっかりなんだょ。

都合の悪い事、ムカつく事を、
どうやって楽しいことや、ウキウキする事に変える事が出来るのか?

ソレを知るためにこの世に生まれ落ちたわけだし。

魔法を習うための修行の期間だ。
まぁ何だ、ムカつく事を楽しいことやウキウキする事に変える事は、心の置き所次第なんだょ。

どんなに辛いことがあっても、心までは病ませない。


自分の人生の支配者は自分なんだから他に責任を求めない。


自分はココで生きると決めた。
一歩も引かない。
引くのは運命の方だ。
それがボキが決めたルールだ。

断じて行かば、鬼神も道を譲る。

逃げて背を向ければ、路傍の石に躓くことや、後ろから伐りかかられるかもしれない、
逃げないと決め手正面を向かっていれば深手を負うこともない。
そんなもんだ、人生ってヤツは・・・








Last updated  2012年03月04日 11時01分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月30日
テーマ:たわごと(24544)
カテゴリ:夢・目標

ICリーダーライターがぶっ壊れたので買いなおした。
USBの配線の断線だと思うから修理したほうがコストの絶対値は安いけど、
自分の時間のコストと確定申告までの期限を考えると買いなおしたほうが得と判断。
壊したんではない。壊れたんだ。





ブルガリ表参道店でホットチョコを飲みながら考えた。
1210円。
プライスレス。


ガキの頃、将来なりたかった夢。
今の現実はぜんぜん似ても似つかないけど、ガキの頃の俺に開き直って自慢できる。
一歩一歩、コツコツ今を歩んできた現在はかけがえのないものだったと。


夢や理想とする将来像は自分を縛ることもある。
それよりも今の100%プラス1%の一押しを毎日続けて、1年後に+3割の自分になれば夢も違ってくる。

明日から変わるんではない。
明日は明日、永遠にくることがない。
明日になったら明日という名前の今があるだけだ。
明日という今があったとしても、この世界は今しかない。
だから今日は何かを始めるのには最高の日だし、死ぬのにも最高の日だ。


話は変わってボィスレコーダーが、あまりに小さすぎてなくしちゃったよ。
小型になって持ち運びが便利になったのはいいけど、
小型になってスペースを省くとモノの重要さも省かれる。
便利になって省いた手間の分だけ何かが省かれている対価はなにか?。
考えるようになった。
それはともかく買いなおしたよ。
やっぱり不便には勝てません。









Last updated  2012年01月31日 03時41分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月10日
カテゴリ:夢・目標
年末が差迫ってプライベート、ビジネスともに最高に充実している。
ココのところライブハウスをジャックしてやった望年会のスピーチの改訂や、
疲れを癒したり、
来年に向けた準備(色々とあるんだよ。)。
スピーチでいってた事はそのまんま己にも言い聞かせたんだよな~。
スピーチしながら感極まって涙が出そうになった。

◎今年の垢を落とす為にやりたいこと100個を考えて、
成功者のセミナーCDを聴き、潜在意識にインプットする。

◎欲しい年収の3%は自己投資に使う。
望む年収が1000万円だとしたら、年間30万円は勉強に投資すること。
月給16万なら本代に4万円使おう。(金額じゃあないがな)
最低でも本は月に1冊は読む。
セミナーに参加するのもいい。
(でもセミナーに行ってつもりになってはならない。
成すのは自分だ!。)

◎望むことを紙に書く。紙に書いて持ち歩く。
日々、目や耳にする情報の中から、
目標達成に必要な情報がピックアップされるようになる。

◎やらなきゃならない理由を明確にしよう。
明確である方がいい。
何個もあった方がいい。

◎今まで出来なかった事をやる蛮勇さを持とう。


自信がないって言うけれど、
できることだけやってても、自信なんてもてないよ。
- にしむらえいじ -








Last updated  2008年12月10日 23時16分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月25日
カテゴリ:夢・目標

そうか、僕の夢に参加してくれるか!。
ありがとう。
こんな前代未聞のイベントを成功させたら、
僕ちゃん達に出来ない事はないという夢を各々が見れるからさ、
どうしても成功させたいんだ。
それは施設のちっちゃい子供の為ではない。
僕ちゃん達のためなんだ!。
僕ちゃんと同じ夢を見てくれる大きな子供の助けが、
サンタクロースのプレゼントが僕らには必要です。
助けてください、お願いします。
目から汗が。。。

でも本当に大切なものを疎かにしないようにね。


夢が大きければ大きいほど、多くの人の力が必要になり、
また夢が大きいからこそ人がその夢に集まり、賛同してくれるのです。
そして、自分も夢を達成していく過程で成長していけばいいのです。
夢には、大きすぎるも、小さすぎるもありません。

好きなことをしようと思っていると億万長者になる確率は0.08%。
好きなことを探究していて億万長者になる確率は39%。

自分に自信がない、自分にできるわけがない、
そう自分に制限をかけているために、
「なんとなくこれじゃないかな」、
「これやりたいな」、と思うものがあっても
「そんなの無理」と自分の中で否定して選択肢から外してしまう人です。
でも、今の自分の能力で自分の可能性を測ってはいけないし、
自分の夢を選択する必要もありません。
また、自分ひとりでやる必要もないのですから。

『未来にはこれ以上期待をもてない』という人もいます。
私もそういうときがありました。

未来に期待を持っていなかったときと、
何の根拠もないけど、未来に期待を持ち、夢や理想を具体化し、
その夢に向かって生きている時では、
夢に向かって生きている時のほうが本当の意味で生きている気がします。

未来に期待をもてないときというのは、息をして生活をしてはいるけど、
本当に生きていいるのか微妙でした。
その違いは何か?
信じるか、信じないか、だけの違いです。
違いは心の中だけです。
だったら信じてみたほうが人生は楽しいと思います。

『失敗だって?
 私はまだそんな目にあったことはないよ。
 ちょっと立ち止まることはあってもね。』

- ビル・マリオット (マリオットホテル経営者) -

『事故にあう前は、できることが1万あったのが、
今では9000になったかもしれない。
できなくなった1000にフォーカスして生きることもできるし、
まだできる9000のことにフォーカスして生きることもできる。

そして、残された9000のうち、
100も達成したら素晴らしい人生になるだろう。』

講演先で一人の参加者に
『自分が同じ境遇になったときに、
あなたのようにポジティブな選択をできるかわからない。
どうしたらいいかわからないかもしれない。』
と言われたそうです。

そのことに対して、
『自分も、そうした境遇になることなんて想像もできなかったし、
事故にあう前は、もし、自分がそうなっても
今のようなポジティブな選択ができる自信はなかった。
ただ、そういう状況になったとき、ポジティブな選択をするかどうかはあなた次第だ。』

聞き上手になろう

コミュニケーションとか、リーダーシップというと、
多くの人は話す力の方を意識しがちですが、
本当に大事なのは聴く力です。

なぜかというと、人は基本的に自分の事を理解してほしいと思っています。
自分の話を聞いてほしいのです。

だから自分の話を真剣に聞いてくれて受け入れてくれる人、
同意してくれる人、自分を理解してくれる人の事を好きになります。

しかし、世の中には、きちんと人の話を聴ける人というのはほとんどいません。
聞いているふりをすしているだけか、少し聞いて、
聞いたことに対して自分の意見や反論を述べる人がほとんどでしょう。
だから、人の話を聞ける人は貴重なのです。

『失敗を恐れる必要はない。
恐れる必要があるのは、
やりもしないで逃してしまうチャンスの方である。』
- ユナイテッド・テクノロジー社企業広告 -

『恐れるよりも望もう。
 愚痴るよりも深く息を吸おう。
 だべるよりも語ろう。
 憎むよりも愛そう。
 そうすればすべてがうまくいく。』
- スウェーデンのことわざ -











Last updated  2008年12月10日 23時25分25秒
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.