116068 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

汐里の☆インターネット宝箱☆

簡単フリーサイズバンダナキャップ

リバーシブルバンダナキャップの作り方(フリーサイズ)



<用意するもの>
色違いの同じ柄の綿などの布二枚(リバーシブルにしなくていい時は一枚)
幅1、5~2、0cmのゴム25cm(パジャマゴムでも・・・可?)
裁縫道具

<作り方>
一辺が55cmの四角い布を切り出し、それを三角に半分に切ります。
(リバーシブルにしない場合は一辺53cm、そのまま半分に折るだけでよい)

裁断後

これで1つ分のキャップができます。
各辺に縫い代1cmの印をつけ、端は処理しておきます。

それを裏表に合わせて縫い代の上を縫います。
この時、下の写真のように、帽子の下部分(直角の部分)から12cmくらい縫い残します。
ここにはゴムが入ります。

合わせ

縫い残した部分の拡大。

下部分拡大

ここで、帽子の上の角二つ(45度のところ)を、下の写真のように縫い代の余分な部分を切り取っておきます。

上部分拡大

全体をひっくり返して、縫い残した部分にゴムを入れます。

表返し

ゴムの入れ方ですが、ゴムは布にはさんでいる部分は12cm、布からはみ出して輪にする部分を1、5~2、0(輪にしたときの長さ。輪全体で3~4cm)(布の厚さによって調節)出しています。
縫い残した帽子のすそ11cm辺りを横にしつけ糸で幅が12cmになるように、表布裏布別々にギャザーを寄せます。
二枚の布の間にゴムをはさみ、ゴムの真ん中辺りを縫っていきます。
端は5mm位残しておくと仕上げが綺麗です。

ゴム部分

周りをぐるっと端ミシンをかけて出来上がりです。
私は上糸と下糸の色を変え、ステッチが見えるように反対の色が出るように縫いましたが・・・写真では見えないですね。
帽子の上の両端をゴムに通してかぶります。
ゴムに通す長さを変えるとサイズが変わりますので、子供から大人までかぶれます。
裏返したら違う色も楽しめます。

出来上がり(前) 出来上がり(後ろ)


私の場合は前に旅行用の仕分け巾着袋を作ったあまり布なので、ちょっと厚手でした。
なんとなくバンダナキャップと言うより風呂敷キャップ?
本当のバンダナくらい薄い生地のほうが作りやすいかもしれません。


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.