000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

miyajuku塾長のブログサイト

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

冬期講習生徒を募集中です。

小学生、中1生、中2生の各学年の生徒を募集中です。

詳細は 当教室のホームページ  をご覧になって下さい。

カテゴリ

お気に入りブログ

寒いだろうな・・ New! lekuchanさん

発表諸々 New! beauaideさん

中2 よく頑張った New! Bu命さん

注ぐエネルギーと成… New! がっきー塾長さん

僕が死ぬまで、続く! New! 爆裂松江塾 Dream presenter AKR!さん

私の決意:16期生 New! masa/kさん

中2の期末テストの出来 sainomatiさん

センター直前期の勉強 nakakazu3310さん

2年生がんばる がんこ08さん

9 to 9 ダントツ!岩沢学院!さん

2013.09.11
XML
カテゴリ:進学情報
9月から10月にかけては私立高校の学習塾向けの説明会が続きます。首都圏の私立高校入試はとても特殊なシステムになっています。いわゆる「事前相談方式」の入試です。前もって各私立高校が提示した成績基準をクリアしていると「合格の確約」をしてくれるという仕組みです。

ある意味では私立高校の場合は入学試験が存在していない、といってもよいかもしれません。逆に言えば、高校浪人が出ないようにしているセーフティネットの役割を私立高校がしている、ということもできます。この「事前相談方式」があるので、中3生たちは安心して「公立高校第一志望、私立高校第二志望」といった高校入試をすることができるわけです。

ただ、この「事前相談方式」はおおっぴらになっている、という分けでもありません。各私立高校の入試要項のどこを読んでもそんなことは書かれていなかったりします。また、生徒、父母向けの説明会でも、今年はうちの学校は基準が△△以上ですから、といった話がされることもありません。書店で売っている市販の高校案内にも「基準は△△以上」とも載ってはいないのです。

ここが生徒にも父母にもわかりにくい仕組みになってしまっているところです。

成績の基準は各私立高校から各中学校に知らされます。各中学校でもそれを一覧にして生徒に配布する、ということもできません。では、受験生はどうやってその情報を手に入れることが出来るのか。とりあえずは所属している学習塾から基準値の情報を得るしかないわけです。

話を最初に戻しますと、9月から10月にかけておこなわれる各私立高校の学習塾向けの説明会は、この「基準値」を知らせることが目的でおこなわれるのです。学習塾側も、基準がわからなければ進路指導も出来ません。でかけていくしかありません。

ただ、私立高校の数はかなりになります。miyajukuのように交通の便が良いところからですと、東西南北、かなりの広範囲まで通学が可能です。私もすべての学校にでかけていくわけにもいきません。そのため、学習塾の組合などで情報を共有化していくことで対処しているわけです。

基準はそのほとんどが中3の学校成績の英、数、国3科の評定か、それに理、社を加えた5科の評定です。ただ、それに英検や漢検などの資格でのプラス点や、学校の生徒会、部活動などのプラス点などこまかくなっています。

miyajukuの生徒、ご父母には、10月に前期の成績がでた段階でこうした基準はお伝えします。まずは、こうした仕組みをしっかりとご理解下さい。






最終更新日  2013.09.11 14:09:06
[進学情報] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.