4315521 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

miyajuku塾長のブログサイト

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

冬期講習生徒を募集中です。

小学生、中1生、中2生の各学年の生徒を募集中です。

詳細は 当教室のホームページ  をご覧になって下さい。

カテゴリ

お気に入りブログ

必勝の花2019 New! masa/kさん

ミニ月餅 賞味期限間… New! beauaideさん

日々淡々と生活し,… New! lekuchanさん

大学別に異なる入場… sainomatiさん

オフです。今年のお… nakakazu3310さん

アーカイブ:2014年… ヴァージャー・"うかる〜る"・岡本さん

夏期講習3分の2が… がんこ08さん

スマイルシンデレラ Bu命さん

塾経営者お奨めの逸… とある塾経営者ですさん
東大式超子育て法・… とある専門家さん
2013.10.18
XML
カテゴリ:今時の就活
「週刊東洋経済」の特集が「就活」というものだった。今年の4年生はそれなりに厳しさから解放された就活になったらしい。企業側もここ数年の中で最も採用数を増やしているとのこと。内定率は近年になく好調らしい。といっても、就活が楽になったと言うことではない。

就活格差、という言葉があるという。東洋経済から絵を借りてきた。企業側はある決まった大学から採用すると決めているのだが、表向きはすべての学生に門戸が開かれているようによそおう。普通の学生はその見かけの平等主義を信じて大企業に応募をするのだがエントリーシートも通ることがない。いくつも、いくつも出すのだがひとつも通らない。そんな現状があるという。

東洋経済01

東洋経済の記事を引用する。

・・重点採用校は一部の上位校に限られる。GMARCH(学習院大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)だ。学生数も多く、大企業からも中小企業からも人気が高い。GMARCHのある1校の就職課担当者は夏休み中も1時間おきに企業からのアポイントをこなした。「内定を出させていただいたお礼が言いたい。3年生の学内説明会にも参加したいなどといって会いに来る。ターケット校になるとはこういうことかと実感する。」(担当者) 昨年は学内説明会に600社から申し込みがあった。会場の手配も間に合わないのですべてはお受けできなかった。ターゲットからもれた大学は悲惨だ。・・鉄鋼やエネルギーの大手もターゲッティングが徹底している印象を受ける。学生には受けてもむだだと言っている。・・

東洋経済02

大学が乱立している。高校卒業の資格さえあればどこかの大学には行ける時代になっている。そのことをお父さん、お母さんの世代が理解できていない。昔は大学に行くことに価値があった。いまはそのことに価値は全くない。下手な大学に進むぐらいなら、専門学校や就職を考えた方が良い場合も当然のようにある。面談をしていると「大学ぐらいは行って欲しい」とおっしゃるお母さんは多い。でも、行くだけの価値のある大学に進学できないとき、大学に行ったことがその子の足を引っ張りつづけることもあると知っておきたい。

どの大学に進んだのか。そこでどんな学びをしたのか。そこまでを評価される時代になっている。GMARCHラインをこえられる進学。とりあえずはそれが中高生の目標になるのかもしれない。その学力をつけること。なによりも大切なことだ。






最終更新日  2013.10.18 15:11:33
[今時の就活] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.