4159565 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

miyajuku塾長のブログサイト

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

冬期講習生徒を募集中です。

小学生、中1生、中2生の各学年の生徒を募集中です。

詳細は 当教室のホームページ  をご覧になって下さい。

カテゴリ

お気に入りブログ

それが松江塾の強み! New! 爆裂松江塾 Love and Dream presenter AKR!さん

クイーンの映画をも… New! nakakazu3310さん

勉強になりました New! lekuchanさん

桜井駅前活性化私案 New! Bu命さん

教科書を忘れずに masa/kさん

孔先生の教え sainomatiさん

中3生と話す がんこ08さん

GWその他 ダントツ!岩沢学院!さん

春のフラワーフラワ… Lois Luccaさん

新年度スタート がっきー塾長さん

2015.04.20
XML
今日の午前中は模試会社が主催する「県入試の分析セミナー」に行ってきました。2012年に大きく変わった神奈川県の入試問題。今年で3年目でしたが、その大きな流れがはっきりと見てとれるようになっています。このあともいくつかのセミナーに参加して私なりに今年の県入試を分析し、来春の入試対策に活かしていきたいと思っています。

県入試の新しい流れをざっくりと箇条書きにすると

1 大幅な難易度のアップ
2 教科横断型の出題
3 パターン化からの脱却
4 情報処理能力を問う問題の増加
5 記述問題の増加

といったところです。

こうした流れは、現中1が大学受験をするときに予定されている「大学入試の大改革」を先取りしたものでもあります。この改革では、PISA型の問題に軸足が移り、知識理解よりもどれだけその知識を使えるかを試す方向に向かいます。

たとえば、今春の県入試の社会の問題をみると、語句を答えさせるのではなく、その語句の意味をしっかり把握しているかを試されています。「参勤交代」という語句を答えさせるのではなく、「参勤交代」とはどういったものなのか、さらにつっこんで、「参勤交代」によって幕府は何をしようとしたのか、大名は具体的にどんな影響を受けたのか、といったことを答えさせられるのです。

少しずつまとめながらこのプログでも「県入試の分析」をおこなっていきます。また、詳しいことは7月5日に予定している保護者会でお話しします。






最終更新日  2016.08.02 18:07:58
[神奈川県公立高校入試について(問題分析編)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.