4821094 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

miyajuku塾長のブログサイト

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

冬期講習生徒を募集中です。

小学生、中1生、中2生の各学年の生徒を募集中です。

詳細は 当教室のホームページ  をご覧になって下さい。

カテゴリ

お気に入りブログ

中間テスト学年順位 New! sainomatiさん

お子さんと取引して… New! nakakazu3310さん

ユンケルの饒舌効果 New! lekuchanさん

校長会の前に再点検を masa/kさん

やる気が出ない?そ… ダントツ!岩沢学院!さん

WAGs&DOGs , BOYs&… beauaideさん

水曜日定員になりま… がんこ08さん

テスト対策。。。(… ヴァージャー・"うかる〜る"・岡本さん

ルッカちゃん Lois Luccaさん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

2015.11.10
XML
英検が2016年第1回の検定から、5級と4級にもスピーキングのテストを導入するとのこと。

http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2015/pdf/20151030_pressrelease_4s5s.pdf

具体的にどんな試験になるのかはまだわかりません。3級以上の級では、1次試験がリスニングと筆記で、それに合格すると2次試験が面接になっていて、そこでスピーキングの力を試される、という流れになっていました。5級と4級にも面接を導入するのは物理的に厳しそうです。CBT(コンピュータを利用したテスト)の利用なのかな、と思っています。

また、1級と準1級で実施していたライティングのテストを2級でも実施し、順次準2級、3級にも広げていく予定だそうです。どの級でも4技能(「リーディング」・「リスニング」・「スピーキング」・「ライティング」)を試すことのできる検定試験を目指すということなのでしょう。

こうなってくると、小・中・高校生が最も受験する英検が、やはりそのまま高校入試や大学入試で大きな役割を果たしていくようになるのかな、とも考えられます。CEFRでB1レベルの英検2級が、これからはあるレベル以上の大学入試の基本技能になるのかもしれません。 CEFRとは → ここ

塾としても、高校生には英検2級の取得を目標とさせるようなカリキュラムを考えてみます。






最終更新日  2016.08.02 19:44:30
[進学情報(広く全般的なもの)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.