3936957 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

miyajuku塾長のブログサイト

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

冬期講習生徒を募集中です。

小学生、中1生、中2生の各学年の生徒を募集中です。

詳細は 当教室のホームページ  をご覧になって下さい。

カテゴリ

お気に入りブログ

寒いだろうな・・ New! lekuchanさん

発表諸々 New! beauaideさん

中2 よく頑張った New! Bu命さん

注ぐエネルギーと成… New! がっきー塾長さん

僕が死ぬまで、続く! New! 爆裂松江塾 Dream presenter AKR!さん

私の決意:16期生 New! masa/kさん

中2の期末テストの出来 sainomatiさん

センター直前期の勉強 nakakazu3310さん

2年生がんばる がんこ08さん

9 to 9 ダントツ!岩沢学院!さん

2016.10.13
XML
みなさんは「国際バカロレア」という言葉を聞いたことがありますか? 一昨日、説明会にうかがった千代田女史学園も数年後の開設を目指しているという「国際バカロレア」です。英語では「International Baccalaureate」というので、略して IB とも呼ばれます。

簡単に説明すると、IBのカリキュラムがあり、そのプログラムをクリアすることで国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)が授与されます。プログラムの詳細については文科省のホームページ http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1308000.htm にあります。

日本の政府は2018年までにIB認定校を200校にする計画を立て、2015年よりIBと学習指導要領の双方を無理なく履修できるようにする特例措置を施行しています。また、日本語で履修できる教科が大幅に増えた日本語DP(16歳〜19歳を対象とした教程)の認定校もできてきました。

また、筑波大学や岡山大学など日本の大学の中にもIBのスコアを用いた入試を実施するところも出てきています。2015年末で、17校でIB入試を実施、25校でIB入試の導入が検討されています。2021年にはこのIB入試を含めて推薦入試の枠を30パーセントとする目標もたてられています。県内では、県立横浜国際高校が認定推進校で、2019年度には認定予定とのこと。

2020年の高大接続改革は、当日の入試の1点で合否がわかれるような現行のシステムから、これからのグローバル社会を生き抜く人材を育成するための教育への転換がおもな目的です。そのためにどんな選抜が有効なのか、という議論が続いているのです。そうした中で、この国際バカロレアを利用した大学入試もひとつの選択肢になっています。

国際バカロレアが掲げる学習者像は以下のようなものだそうです。

① 探究する人 Inquirers
② 知識のある人 Knowledgeable
③ 考える人 Thinkers
④ コミュニケーションできる人 Communicator
⑤ 信念を持つ人 Principled
⑥ 心を開く人 Open-minded
⑦ 思いやりのある人 Caring
⑧ バランスの取れた人 Balanced
⑨ 挑戦する人 Risk-takers
⑩ 振り返りができる人 Reflective

良い大学(=偏差値の高い大学)に進学するのではなく、世界のどこでも生きていくチカラを身につける大学に進む。そんな転換がどんどん進んでいくのでしょう。保護者の方もそうした時代に目を向けていかなければならないでしょう。






最終更新日  2016.10.13 16:21:27
[教育を取りまく現状(全国・一般)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.