4284377 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

miyajuku塾長のブログサイト

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

冬期講習生徒を募集中です。

小学生、中1生、中2生の各学年の生徒を募集中です。

詳細は 当教室のホームページ  をご覧になって下さい。

カテゴリ

お気に入りブログ

高三生の夏休み・そ… New! ヴァージャー・"うかる〜る"・岡本さん

グラウンド内芝刈り… New! lekuchanさん

偶然か必然か ※ア… New! beauaideさん

学年順位は masa/kさん

環境の大切さ nakakazu3310さん

卒塾生の期末テスト sainomatiさん

周囲から学べない子… Bu命さん

英検結果 がんこ08さん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

ツイッター再開しま… もちざくらさん

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

教育を取りまく現状(全国・一般)

2019.05.22
XML
これからは、何もないところから、サービスや商品を生み出していく時代だと思います。クルマは人やものを運ぶ、という役割が決まっています。これからの時代に出てくるサービスや商品は、役割を含めて新しい価値を生み出すことになります。 

https://miyajuku.com/miyajuku_blog/study-plus- …さんのオフィスを訪れて思ったこと/







最終更新日  2019.05.22 17:09:18
2019.05.11
2020年の入試改革のキーワードに「読解力」というのがあります。みなさんは「読解力」と聞いて何の教科を思い浮かべますか? 国語と答える方がほとんどでしょう。でも、ここでいう「読解力」を国語の授業で身につけることは難しいのが実際です。そもそも「国語」という教科と「読解力」が結びついていないのです。

えっ、と思われ・・・・・

続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/「国語」の授業では「読解力」をつけることはで/






最終更新日  2019.05.11 12:06:32
2019.04.08
今朝の「朝日新聞」の紙面です。首都圏の私立大学入試が混乱している、という記事でした。どのように混乱しているかというと。

* 直前の模擬試験でA判定だった生徒が次々に不合格になった。大学入試センター試験を利用した入試では、昨年なら楽に合格できる点数だ・・・・

続きは

https://miyajuku.com/miyajuku_blog/首都圏の私立大学入試が大混乱/







最終更新日  2019.04.08 14:38:21
2019.04.03

新学期がはじまりました。中学も高校も部活動というのがとても大きな存在です。そんな今時の部活動について書いてみました。

大和市では部活動についてのガイドラインを定めています。

http://www.city.yamato.lg.jp/web/content/000140665.pdf#search=%27部活動+ガイドライン+大和市%27

* 週あたり2日の休養日を設ける

* 平日は少なくとも1日、土日は少なくとも1日以上を休養日とする

* 大会などで土日ともに活動した場合は他の日に休養日を振り替える

* 朝練習は原則禁止

* 長期休養中は、生徒が家族・地域で過ごす時間を考慮する

* 1日の活動時間は、できるだけ短時間に

* 外部指導者の積極派遣

* 部活動指導ボランティアバンクの設置

このガイドラインは、おおむね文科省(スポーツ庁)が出したものに準じています。また、各中学校での部活動は、ほぼこのガイドラインに沿った形で進められているようです。

世の中の価値観が多様化する中で部活動の置かれている立ち位置も・・・

続きは ​https://miyajuku.com/miyajuku_blog/33495/







最終更新日  2019.04.03 14:08:44
2019.01.25
「早慶上理」「GMARCH」「日東駒専」「大東亜帝国」などと大学をグループでわけるのは昔からよくやられていたこと。とりあえず、これらのグループ分けは世間的によく知られている。

「早慶上理」 早稲田、慶応、上智、理科大
「GMARCH」 学習院、明治、青山、立教、中央、法政
「日東駒専」 日大、東洋、駒澤、専修
「大東亜帝国」 大東文化、東海、亜細亜、帝京、国士舘

すべて、偏差値帯で似たようなレンジの大学をグループにしたもの。そんな区分けはもう古い、というのが次の記事だ。

続きは ​https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20190125/






最終更新日  2019.01.25 15:53:55
2019.01.09
現高1が大学受験をする時から英語の外部検定試験が活用されることになっています。

すでに首都圏の私大は今春の入試でも活用をはじめています。そんな外部検定試験で最も身近な「英語検定試験」が、この春から新しく3タイプの検定をはじめることになっています。

そのタイプについてまとめてみました。

https://miyajuku.com/miyajuku_blog/2190109/







最終更新日  2019.01.09 15:39:12
2018.12.19
ニュースなどで「東大、京大など旧帝大では英語の外部検定試験を利用せず」と大々的に報道されています。あたかも、英語の外部検定試験は大学入試では利用されないかのような錯覚を起こさせる報道のされ方です。

確かに、東大や京大などの日本の国立大のトップ校が外部検定試験を利用しないというのは、文科省が思い描いている2020年の大学入試改革にとっては大きな問題なのでしょう。でも、わたしにとっては、そうした大学に進学する生徒を教えているのではないので関係ありません。このブログを読んでいる多くの方も同じことでしょう。

旧帝国大学の国立大がなにを言おうと、首都圏の私立大学の入学試験では、英語の外部検定試験はすでにかなりの勢いで導入されています。来春入試(現高3が受験する平成31年度入試)でのおもな導入校を挙げると以下のようになります・・・・・


以下の記事は →  https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20181219/






最終更新日  2018.12.19 17:28:26
2018.11.26
私立大学の英語の入試問題で英作文の出題がある学校が増えている。これも「読み、書き、聞き、話す」の4技能への流れのひとつだ。しかも、その英作文が「自由英作文」というのが大きな流れになっている。自由英作文といっても、テーマが与えられて英作文するものがほとんどだ。

たとえば、早稲田の政経学部の自由英作文のテーマは

「Read the statement below and write a paragraph giving at least two reasons why you agree or disagree with it. Write your answer in English in the space provided on your written answer sheet.(It is suggested that you spend no more than 15 minutes on this section.) 

2018 日本では、政府や大企業で主要な役職に就く女性の最小比率を設ける法を作るべきか “A law should be passed in Japan establishing a minimum percentage of women in key positions in the government and major corporations.”

2017 同性婚は日本で合法化されるべきかどうか “Gay marriage should be made legal in Japan.”

続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20181126/






最終更新日  2018.11.26 18:07:01
2018.11.05
11月3日の朝日新聞の記事です。

「増える算数1教科入試」

「算数1教科」だけの入試をする私立中学校が首都圏で増えている。栄東中学(さいたま市)、巣鴨中学(東京都豊島区)や世田谷学園中学(同世田谷区)も、来年から始める。算数だけで合否を判断するのは、どういう狙いなのか。ずばり「AIに対応できるか」でキーワードだ。巣鴨中学校の堀内不二夫校長(70)は「精神的年齢に関係なく力を出せるのが算数。AI時代に即した、論理的展開ができる力のある生徒を採るため実施する」と話す。論理力や読解力を上げるためには国語の力も重要だが、「中学入試の国語では、判断が難しい」という。ホームページで公表している「サンプル問題」は、数のカードを操作する男の子2人の会話文を読み解きながら解答を求める内容で、文章で説明しなければならない出題もある。「新しい大学入試もあり、最低1問は、国語の読解力も問えるような問題を入れるつもりだ」という。



記事の中にもありますが、これからの子どもたちに求められる能力は「オールラウンダー」ではなく「ひとつのこと特化したした能力」だということです。保護者の世代は皆が「オールラウンダー」を目指した時代。それが学習の目標でもあり、社会が求めていた人物像でもあったわけです。だから、自分の子どもにも同じことを求める傾向があります。

しかし時代は変わっています。

ひとつのことに特化した能力、といっても、ものごとを根拠づけて考え、それらをつなげて、自分で判断できるチカラです。「思考力、判断力、表現力」という論理的にものごとを考える新しい学力観。まさしく、算数や数学の根底にあるチカラです。2020年大学入試改革以降は、文系学部でも早稲田などでは数学を必修にする予定です。

求められるものがかわれば、親が子どにほどこすものも変わらねばなりません。時代を読むことも親に求められるチカラなのかもしれません。何かひとつピカッとひかるものを子どもに持たせること。これからはそれが世の中を生きていく上で最も大切なものになるのでしょう。






最終更新日  2018.11.05 17:42:43
2018.10.03
全国高校「難関私立大学合格力」ランキング・ベスト50【2019年入試版】
https://diamond.jp/articles/amp/178088?skin=amp
ダイヤモンド・セレクト編集部

記事にもありますが、首都圏の私立大学の定員厳格化による難化は猛威をふるっています。そんな中、早慶上理やGMARCHなどの難関私立大への合格力を一覧にしたものです。

とりあえず、1位から25位までの表を画像で載せていますが、それも含めて神奈川県内の高校を上げると以下のようになります。

3位 横浜共立学園(私立)
4位 湘南(県立)
7位 洗足学園(私立)
9位 公文国際学園(私立)
10位 栄光学園(私立)
11位 フェリス女学院(私立)
13位 サレジオ学院(私立)
18位 桐蔭中等教育(私立)
19位 淺野(私立)
20位 聖光学院(私立)
24位 逗子開成(私立)
25位 横浜翠嵐(県立)
26位 川和(県立)
35位 横浜緑が丘(市立)
48位 神奈川大学附属(私立)

続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20181003/






最終更新日  2018.10.03 17:24:29
このブログでよく読まれている記事

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.