4356902 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

miyajuku塾長のブログサイト

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

冬期講習生徒を募集中です。

小学生、中1生、中2生の各学年の生徒を募集中です。

詳細は 当教室のホームページ  をご覧になって下さい。

カテゴリ

お気に入りブログ

ラグビー熱い! New! がんこ08さん

就活の情報の重要性 New! nakakazu3310さん

ジクソーパズルは埋… New! masa/kさん

厳しい戦い New! sainomatiさん

久しぶりの雨 New! lekuchanさん

肌寒い夜にほっこり… beauaideさん

中学生の前期期末テ… ダントツ!岩沢学院!さん

存在しない答を書い… Bu命さん

エメラルドスワロフ… Lois Luccaさん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

全70件 (70件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

神奈川県公立高校入試について(情報編)

2019.02.20
XML
先日の県高校入試の平均点がいろいろなところで情報開示されています。最も大きな所では「学習塾ステップ」の公開情報 http://www.stepnet.co.jp/pdf/19heikin.pdf です。集計総数が6,286名分ということで、県内で最もはやく、最も大きな母数での今回の県高校入試の難易度がわかる資料です。自塾のためだけでなく広く県内の受験生のためにこうした数字を公開してくれる「ステップ」の姿勢には頭が下がります。

教科ごとの全体の平均点ですが、国語69.1点(-5.5点)、社会60.4点(+0.4点)・・・

続きは ​https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20190220/






最終更新日  2019.02.20 17:50:44
2019.01.30
You don't know which way you will take , so for now you have to do things which are in front you with all your might.

県高校入試の志願受付は今日まで。今日の夜には県高校入試の志願倍率が県教委から発表になる。ただ、今日の志願者は各校とも数名以下となるはずなので、昨日の段階での倍率がほぼ最終的な倍率といていい。ネット社会なのですでにすべての県内の公立高校の志願倍率が判明している。

もっともわかりやすいのが「全県模試 進学工房」さんのサイト → http://sokuho.shingaku-kobo.com/area/

とりあえず、miyajukuの周辺校とmiyajuku受験生が関係する高校を抜き出してみる・・・

続きは ​https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20190127/






最終更新日  2019.01.30 14:45:16
2019.01.15
神奈川県の公立高校の入試では面接がすべての学校で課されている。学校ごとに比率は違うが、点数化されて合否の資料となる。当然、受験生は神経質になっている。その面接試験において重要な役割歩果たすのが「面接シート」とよばれるもの。県教委から出されている共通の書式によるものだ。

中学校では早い段階からこの「面接シート」を生徒に書かせ、書き直しをさせ、仕上げさせている。それはそれで良いのだが、ちょっと違うんじゃないかな、という面もある。中学校での指導は「面接シート」をカンペキに仕上げる、といった指導になっていることだ。

実は、面接シートそれ自体は評価の対象にはならない。ある意味では、誤字、脱字、意味不明な言葉があったとしても・・・

続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20190115/






最終更新日  2019.01.15 17:14:12
2018.11.22
20日の火曜日に神奈川県教委から「神奈川県公立高校入試 進路希望調査結果 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u5t/edu_stat/jr_high_course_hope/h30_page.html 」というのが出ました。10月20日現在の、県内の中3生の進路希望調査をまとめたものです。中でも、来春入試での公立高校入試における高校別暫定倍率に受験生の注目が集まります。

つぎの一覧は、倍率の高かった高校15校です。

1 市立橘 491名 198名 2.48倍
2 上溝 574名 238名 2.41倍
3 湘南 842名 358名 2.35倍
4 横浜緑が丘 648名 278名 2.33倍
5 市立金沢 721名 318名 2.27倍
6 横浜翠嵐 792名 358名 2.21倍
7 市立横浜商業 77名 35名 2.20倍
8 多摩 602名 278名 2.17倍
9 神奈川総合 523名 248名 2.11倍
10 弥栄 美術 82名 39名 2.10倍
11 座間 581名 278名 2.09倍
12 市立みなと総合 483名 232名 2.08倍
13 市立幸 160名 78名 2.05倍
14 鎌倉 634名 318名 1.99倍
15 住吉 709名 358名 1.98倍

さらにmiyajukuの受験生に関わりのある高校だけを倍率の高い順にピックアップしてみました。

海老名 772名 398名 1.94倍
大和 500名 278名 1.80倍
市が尾 672名 398名 1.69倍
二俣川 看護 131名 78名 1.68倍
川和 521名 31名 1.64倍
横浜平沼 521名 318名 1.64倍
厚木 577名 358名 1.61倍
希望ヶ丘 574名 358名 1.60倍
元石川 561名 358名 1.57倍
大和西 427名 278名 1.54倍
弥栄 280名 13名 1.53倍
松陽 411名 278名 1.48倍
相模原 406名 278名 1.46倍
湘南台 396名 278名 1.42倍
大和南 373名 308名 1.21倍
藤沢清流 385名 318名 1.21倍
座間総合 321名 268名 1.20倍
麻溝台 412名 358名 1.15倍

こうした数字をみると「わぁお(^_^;)」となりがちです・・・

続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20181122/






最終更新日  2018.11.22 16:24:35
2018.11.16
今日は「全県模試」という県内最大規模の模試会社による来春県立高校入試の最新動向のセミナーでした。今日から少し、神奈川県の県立高校入試について書いていこうと思います。まずは、miyajuku周辺校の来春入試での志願者動向の予想です。

来週の火曜日には、現中3生の志望校調査の結果が県教委から発表されるはずです。これは、現中3生の第一志望の学校名を県教委が集計したものになります。ただ、この志望校動向調査はあまり現実に即したものとはいえません。秋の早い段階での調査で、受けたいなぁ、といったあこがれレベルで名前を書いている生徒も多いからです。

全県模試のデータは、9月末と10月末に実施された全県模試の志願者数から推測されたものです。第一志望から第3志望まで書くので、第1志望の志願者動向、全体の志願者動向がわかるのもより実態を推測しやすいかとも思います。この全県模試のデータと来週県教委から発表になるデータを照らし合わせて、どんな入試になるかを予測するのが良いでしょう。

さて、miyajukuの中3生に関わるところについてです。

大和高校 第1志望 1%増 全体 1%増

H28年度が1.56倍、H29年度が1.47倍と、毎年のように高倍率を出す学校です。今のところ、ほぼ昨年度並みの1.5倍前後の高倍率が予想されます。学校説明会もかなりの人数を集めているようです。全県模試の第1志望の平均内申は112.4、平均偏差値は60.5。



続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20181116/






最終更新日  2018.11.16 15:53:55
2018.10.27
来春の公立高校入試での各高校の募集定員が県教委から発表されています。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r6607519.html

今の公立高校は1クラスが40名なので、40名の減、40名の増といった発表になる。県全体で5クラス分216名が定員減となっている。神奈川県も15歳人口減が進んでいます。

定員減の高校 すべて1クラス40名の減

横浜桜陽/横浜清陵/永谷/百合丘/大師/横須賀・・・

続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20181027/






最終更新日  2018.10.27 11:33:19
2018.10.15
13日の土曜日に「横浜市栄区公会堂」にて神奈川県教委主催による「学力進学重点校とは何だ!」という中学生・保護者対象の説明会が開かれたようです。わたしは土曜日の授業が忙しいので参加できませんでしたが、信頼出来る県内の学習塾の先生方のレポートからだいたいの様子はわかりました。

鎌倉のスバル進学セミナー/中本先生のレポート
http://offspleiades.net/gksjk2019/

小田原の慧真館/岸本先生のレポート
https://keishinkan.jp/post-9269

おさらいをしておくと、進学重点校は以下の4校です。

横浜翠嵐、柏陽、湘南、厚木

そして、進学重点校エントリー校というのがこの夏に突然に発表になりました。

続きは https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20181015/






最終更新日  2018.10.15 14:44:38
2018.08.31
神奈川県の県立(市立)高校の入学試験は「内申+入試得点+面接」で合否が決まります。志望校を決めるに当たって何を基準に「合格の可能性」を判断するかはこのことを忘れてはいけません。ともすると、学校の成績だけで「合格可能性」を判断しがちだからです。

miyajukuの周辺校では「面接点」で大きな差をつけている中堅、上位校はほとんどありません。ということは「内申+入試得点」で合否は決まるということです。以下は、「内申+入試」を「300点+500点」の800点満点とした場合の「1次ボーダー」の数字です。倍率は今春入試のもの。比は「内申 : 入試」の割合。

川和高校 690点 1.46倍 4 : 4
大和高校 630点 1.44倍 3 : 5
横浜平沼高校 615点 1.24倍 4 : 4
市が尾高校 595点 1.18倍 4 : 4
松陽高校 570点 1.17倍 4 : 4
海老名高校 570点 1,14倍 3 : 5
座間高校 565点 1.29倍 3 : 5
元石川高校 520点 1.30倍 4 : 4
湘南台高校 515点 1.02倍 4 : 4
(以下 続きます)

続きは ​https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20180831/






最終更新日  2018.08.31 14:41:54
2018.07.20
昨日の県教委の岡野指導部長さんのお話を聞く会について、県内各地の学習塾の先生方が発信をしています。

鎌倉の「すばる進学セミナー」の中本先生 http://offspleiades.net/tokusyoku_info2019/


藤沢の「勉強犬」先生 http://blog.home-kobetsu.com/posts/4577040


小田原の「慧真館」の岸本先生 https://keishinkan.jp/post-8328


できればすべてのブログを読んでいただければ、昨日の会で何がわかり、何がわからなかったのかが良くわかると思います。


続きは ​https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20180720​/







最終更新日  2018.07.20 11:29:39
2018.07.13
昨日、県教委から高校入試についての重大な発表がありました。

新たな学力向上進学重点校エントリー校の指定についてhttp://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r5753403.html

要点をまとめます。

1 あらたに以下の13校の高校を「進学重点校エントリー校」とする。

川和高等学校、光陵高等学校、希望ケ丘高等学校、横須賀高等学校、茅ヶ崎北陵高等学校、小田原高等学校、相模原高等学校、多摩高等学校、横浜平沼高等学校、横浜緑ケ丘高等学校、鎌倉高等学校、平塚江南高等学校、大和高等学校

2 つづきは → https://miyajuku.com/miyajuku_blog/20180713/







最終更新日  2018.07.14 09:07:51
このブログでよく読まれている記事

全70件 (70件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.